世界の涯てでお茶を飲む。/ 太陽の光のように幸せになること。 海のように扱いにくいヤツとなること。

2022-01-01

2022年、始まりました!


2022年が始まった!

誕生日のように「1日違う」だけなのに、大きく違う。

しいたけ占い的には、どの星座も「再生の1年」であり、射手座も本来のぶいぶい時速230kmの勢いが戻ってきそうなので、楽しみ!


 


抱負や野望は特にない。

うーん、これでは語弊があるかな。

「これが2022年の目標じゃああああ!」と最初から掲げるんじゃなくて、「今、これがしたいんじゃああああ!」を重ねていく、って感じかな。

とりあえず、あのお皿が3段になっているようなアフターヌーンティーというものを体験してみたいし、できれば県外に旅行に行きたい。だめなら宮島に行きたい。Nikonのミラーレスの実機も見たいし触りたい。推しに会いに行きたいし、美術館や博物館にも行きたい。シュミンケ・ホラダムの絵の具セットもほしいし、「片づけられる女」になりたいし、手帳やノートもばりばり書きたいし描きたいしシールやマステを貼りたい。というやりたいことは幾つかあるのよね。





今年の手帳の相棒はライムイエローがぴかぴかのほぼ日スニーカー(ウィークリー、レフトタイプ)。

後ろにフリーページが200ページ以上あるので、もりもり書ける。

初日からシールもマステもiNSPiCで印刷した写真もぺたぺた貼ったので、がしがし消費。


それから、これからは貴重品になりそうな巴川で作られたトモエリバーのノート。北欧、暮らしの道具店のもの。生産終了。

これにはPUI PUI モルカーのステッカーを表にも裏にも貼りまくっている。

去年の冬から使っていて、12月31日でいったん終了。

桜の時期か夏か、「特別なノートが使いたいな」というときに復活するか、それともほぼ日スニーカーのフリーページを使い終わったときに復活するのか、まだ決めていない。

気分によるけど、最後まで使うよもちろん!


それからこれは私、初めて使う「ほぼ日5年手帳」。

数年日記をつけたことがないので、どきどき。

いや、3年日記とかやったことある人が「なかなか面白いよ」というのでやってみたくなってさ。

過去の手帳、ってあまり見返さなくて。でも「過去の自分に助けられた」というのも「いつでも、今すぐにでも助けてほしい!」と思っているので、「5年日記つけたらとりあえず過去の同じ日付の日記(あるいは日誌)は読み返すし、助けてもらえるのかもしれない!」と考えちゃった。

いろんな手帳があるけれど、やはりトモエリバーの薄さ、軽さが魅力でほぼ日手帳のにした。





このブログもどうしようかなぁ、とは考えるんだけどさ。

毎日のように書いちゃう、とかさぁ。

でも、決めてもきっとやらないと思うし、書いている目的がとても個人的なものでなにかしらの反応があるわけではないので、そういう意味ではモチベーションがそう上がらないし。

140字以上書ける場所、として位置付けておく、というこれまで通りでとりあえずいくことにする。

もちろん好きなことをもりもり詰め込んでいくさ!

アニメのジョジョ3部も6話「暗青の月」まで見たしさぁ。春には「JOJO magazine」も出るし(季刊誌かしらね。タイトルにSPRING、ってつくんだよ)。


2022年もよろしくお願いします。



Kyrie







0 comments:

コメントを投稿