「え」がつく、料理をするときつけるもの

 

しりとりをしていた。
ある人が「え」でつまった。

オトナの人がヒントっぽく言った。

「料理をするときにつけるよ」
とジェスチャーも交えて。

「エプロン!」と答えてしまってから「あ」と気がついた。


最後に「ん」がついて負けてしまった。
答えた人はそのままにしていたけど、私はすっごくショックを受けた。


スパイスとしては面白いんだと思う。
自分も「そうきたか」と思った。
その発想はなかった。

しかし、自分が答える人だったら、すんごいショックだったと思う。
実際、自分の中の小さなキリエは
「こいつは信用せんっ!
オトナは信用せんっ!」
と泣き叫んでいた。

いや、私もいいオトナなのでおくびにも出しませんでしたけど。


だって「信用できるオトナ」だと思っていた人が、突然、遊びだからといって騙すとは思っていなかったんだもん。

そんなヒントならいらないやいっ!!!!


面白い、とは思ったけど、私はこういうのはやらないっ!と強く心に誓った。




ちっちゃなことだけど、久しぶりに小さなキリエがびゃあびゃあ泣いてしまった。
納得いかないでいると、オトナは「あれくらい笑ってやり過ごしなさいよ」と呆れたように言う。

あたいは真剣なんだ。
騙された!
裏切られた!
という思いのほうが強い。


あとさ。
笑って過ごしたら、こっちがどれだけショックだったのか、怒ったのか伝わらないじゃん。


「笑ってたから」
「なにも言わなかったから」
いろいろやっていいわけじゃないんだもん!




ピュアすぎる、と言われたこともあるけれど、あたいはこのスタイルでいく。
うるせーんだよ!



おしまい



コメント