災害時、ローカルな情報がほしい



西日本豪雨では被災しなかった。
しかし、自分も被災するかもしれなかったし、被災地域は自分がいるすぐ近くのことで、家族、親戚、友人のことが心配だった。


テレビやラジオで情報を得ましょう。

そう、繰り返された。
しかし、テレビでの情報は「全国放送向け」だった。

私はイラついた。
私がほしい情報はそれじゃない。
全国に向けて、どんなにひどい状況になっているのかを、たまに煽るような口調で報道したものじゃない。
ローカルニュースだ!


後日、「被害がひどいところには報道各社が来たが、そこそこの場所についてはなにも報道されず、情報がわからず困った」という、ラジオへのメールを聞いた。

ああ、それだ!と思った。



諸事情があるのだろう。
そう簡単にはできないのだろう。
というのは、まず置いておいて。

NHKで時折、地方局からの放送や中継などが放映された。
これこれこれ!
これをずっとやって!!!
と、見ながら思っていた。

NHKはメインとサブのチャンネルがあるので、メインは全国向けでもいいけれど、サブは「お近くの放送局」の放送をずっとしていてほしかった。


取材する側の安全も確保しなくてはならないし、情報の真偽も図らなくてはいけない。
しかし、ほしい情報は「すぐそばの情報」なのだ。











コメント