仏壇 / 尊厳の芸術展


最近、コミュニティについてぼんやり考えることがある。

私の中では葬儀や法事なども、一種のコミュニティについて強く意識させるものであり、仏壇もその何かを担っている気がする。
うまく言えないけど。

不器用な、洗練されていない感じがかわいらしささえ感じさせてくれるが、「自分はこの人たちを先祖に持ちここに集っている」という象徴的な意味もあるのかなぁ、ととりとめもなく眺めている。



■関連記事






コメント