梅狩り2018


縮景園に今年も梅狩りに行くことができました!


なぜこんなに鼻息荒く書いているのかというと、2月下旬に行ったときは寒さのせいで早く咲く木だけしか咲いていない「つぼみ狩り」に終わったからです。
そのあと気温がぐんぐん上がりましたが、体調を崩して起き上がれず、機会を逸したと思っていました。




しかし、どうですこの咲きっぷり!
大満足!

平日のちょうどお昼時に到着したので、人もまばら。
いらっしゃるのはすんごいレンズをつけたカメラを持った人メイン。

私には珍しく引いた写真もたくさん撮りました。
嬉しくてほくほく!





すんごいレンズのカメラの人は梅を撮る、というよりウメジローを撮っていらっしゃるようです。
「梅+メジロ」でウメジロー。
この写真の中央あたりにもメジロが写っています。
ああ、望遠レンズは持っていきませんでしたよ。
単焦点なので寄れません!




その代わり、きらっきらの梅ちゃんを撮りました。
これは標準レンズでは出ないもの、だと信じております。
カメラの勉強をしていないので、相変わらずへなちょこですが、背景をぼかしすぎないようにしています。
うふふ、かわいいなぁ。






この日は風が強くて、自転車が倒れるほど。
花びらが梅ふぶきのように散っていました。
できるだけ長く、花が持ってほしい。





ほんのりしっとりしたこの梅は「思いのまま」という名前。
「一つの枝に紅白両方の花を『思いのまま』につける梅」とボランティアガイドの方に教えていただきました。




違う木の「思いのまま」には「一つの花に紅白の花びら」がついていました。
なんだかおめでたい色合いです。





さて、梅狩りのあと、縮景園内でお昼ご飯も食べ、散策し、ネコに会い、鯉と挨拶し、また梅林に戻り梅を堪能した私は、お抹茶をいただきました。
ここでノートも書きました。



とっても満足な時間でした。
また来年も梅狩りに来るからね!




コメント