見所いっぱい!サーガ!!! on Ice 第二弾 / 佐賀県×ユーリ!!! on Ice コラボ企画 / 唐津 #yurionice #kytb1710



※今回もわかる人だけついてきてください。



アニメ「ユーリ!!! on Ice」の主人公・勝生勇利の故郷は「長谷津」という想像上の街なのですが、モデルとなったのが佐賀県の唐津で、アニメ放映中から「聖地巡礼」としてファンが訪れていました。

2017年3月~5月に佐賀県とユーリのコラボ企画第一弾が開催され、第二弾が2017年9月~11月まで開催されています。


そのことは知っていたのですが、私は一人旅で訪れるとき、なんとなく行く気がしませんでした。
だって、唐津に行っても勇利たちはいないんだもの。

ええ、どうやら常に2.5次元の世界で生きているようなので(そのせいか世間からの評価は「ヘンな人」「不思議ちゃん」)、現実と2次元が入り混じっているような発言が出てくるのですが。
「ユーリ」の世界の作り方が素晴らしくて、作中で登場人物はスマホを使いまくってSNSをしてるし、メッセージアプリはがんがん使うし。
実際にある都市の描写も素晴らしく、うっかり「この人たち、リアルの世界にいるんじゃなかろうか」と錯覚させるほどなんです。

ここでぶちこんでおくと、フィギュアスケートの演技シーンは、もう素晴らしくて。
ジャンプしたあとの着氷の音や、リンクの上を滑るときのエッジが立てる音とか、ああ、もう!
「そうそう!」とうなるばかりです。


それで、元に戻りますと、九州に行こうかな、と思ったとき、唐津も考えたのですが、上記のような理由で止めました。
しかし、そのあとお友達と会うことになり、それで唐津へ「聖地巡礼」することにしました。






JR唐津駅構内の「観光案内所」で、聖地巡礼マップとスタンプラリーの台紙をもらいます。

マップには「あのシーンのモデルになったのはココ!」という丁寧な情報ありでした。






スタンプラリーの場所の中には車がないと苦しいところもありました。
そして、朝早くから回るほうがいいです。

スタンプは各施設に入館しなくても無料で入れる場所、あるいはスタンプを押すだけなら無料で入れるようになっていましたが、そんなのもったいない!ところばかり。



京町商店街




手始めに、ユーリがヴィクトルを探してさまよった商店街。





ユーリが「クソヤバイ!」と惚れ込んで買った虎Tもわざわざ飾ってありました。

ほかにも、原作者の久保ミツロウさんが立ち寄ったお店や、近くには美奈子先生のスナックもありました。




旧唐津銀行




外観も素敵ですが、内装がレトロで立派!




どうよ、このかわいい天井とライト。

金庫の中にも入れるし、金庫の扉の分厚さにもくらくらしました。




曳山展示場



11月の初めに「唐津くんち」があるため、街はそれで盛り上がっていました。
生でおくんちを見たことはないし、そういう文化がないのですが、こういう曳山を見せられると、その迫力にまいります。
すっごくでっかくて彩色きれいでたまりません!

近くの唐津神社には絵馬がたくさん奉納されていて、劇場版ユーリに対する期待やキャラへの祈り(?)が描かれていました。
多くがキャラのイラスト入りで、中には着色されたものもありました。
色を塗るもの、持ってきてるの?!


旧高取邸



杵島炭鉱などの炭鉱主である高取伊好の邸宅。
内部は撮影禁止でしたが、おうちの中に能舞台がある、という贅沢なつくり。
和洋が組み合わさり、どれもゴージャス。
板戸にも素晴らしい絵が描かれているし、欄間もデザイン性が素晴らしく、欄間から抜ける光も考えられている箇所もありました。
溜息ばかり出ます。
いやー、ここもいいよー!!!





鏡山温泉



主人公の勇利の実家「ゆ~とぴあ勝生」のモデルになった温泉。
2分遅れでカツ丼が食べられませんでした。
残念なり!
時間はあっという間に経つので、気をつけて!




グッズコーナー(非売品あり)も充実。
撮影コーナーでは、緊張していたのか、ぶれぶれ写真しか撮れていませんでした。
あうあう。



唐津城




作品でも印象的な長谷津城のモデルになった唐津城(冒頭の写真)。
おどろおどろしいのは、17時過ぎていたせいと、台風21号接近で荒れた天気だったため。

城内にもユーリグッズあり。

ここは、ヴィクトルと勇利が長谷津の街を見ながら、会話するシーン。
作中では、城内は「ニンジャ・キャッソー」と言われていたので、盛大に期待してしまいましたが、唐津城は唐津の歴史がまとめられた展示がされていました。
天守閣からも眺めもサイコー!
波が荒くて「台風、ヤバイな!」な海が見えました。





勇利とユーリがジョギングをしたお城の階段。
なかなかの長さと高低差がありました。





オリジナル景品




駅の観光案内所に戻り、マッカチンスタンプを押してもらうと、スタンプの数に応じてもらえる限定ステッカーの大小や長谷津市民認定書をもらいました。

写真は3人で集めたので、ステッカーが全種類写っています。

9つすべてのスタンプを集めると、これに限定ポストカードがもらえるそうです。
呼子まで行かなくちゃいけないので、車がほしいところ。
あるいは1泊してゆっくり回ろう!




聖地巡礼をして



たまたま訪れた場所が映画やドラマの舞台になったところだってことはありますが、最初から「聖地巡礼」をめぐることを目的に観光したのは初めてかもしれません。
私の場合、「聖地巡礼」と言えばガチですからね。

作品の中に入り込んだような、不思議な感覚だったし、スタンプラリーを通して、見所満載のところを訪れました。


でもね。
なんとなく早足だったし、なんか、こう、大事なものを見落としている気がしてたまらないのです。

この橋は美奈子先生のスナックを探しているときに見かけたもの。
なかなか素敵な橋でした。
こういうのをね、ゆっくり見て回りたいの。

温泉なのにカツ丼ばっかり頼まれちゃったらどうなのかなぁ。
写真は撮るけど、お店でお買い物しないってどうなのかなぁ。

幾つか考えさせらえることもありました。



観光とかお商売のことはよくわからないのですが、「人が訪れる魅力」を作り出すのって、大変だと思います。
あまり不便だとガチに好きな人しか来ないし、それだと人が少なすぎる。
交通の便、わかりやすい案内板、地図。
いろんなことを整備しないといけない。

ユーリがよいきっかけになるといいなぁ。
そして、地元の人に「ユーリファンはマナーが悪くて嫌い」と思われたくないです。
特になにかあったわけじゃないですが、外部の人からしたら「旅先」ですがそこに暮らす人には「日常」だから、それを必要以上に乱したくないなぁ、と思いました。






また行きたいなぁ。
聖地巡礼じゃなくて、ただの観光客として歩き回りたいです。
今度は唐津に泊まりたいなぁ。
お天気がいいといいなぁ。



■参考

「ユーリ!!! on ICE」とのコラボ企画「サーガ!!! on ICE」第2弾

マルイノアニメのお知らせ|マルイノアニメ

佐賀県✕ユーリ!!! on ICE サーガ!!! on ICE

このブログ内の「ユーリ!!! on Ice」の記事

キリエのガチスペイン巡礼ブログ Kyrie on Camino de Santiago 2006






コメント