トモエリバーが好きすぎて / KURASHI&Trips PUBLISHING オリジナルノート 北欧、暮らしの道具店



トモエリバーという紙の万年筆での書き心地が好きすぎて、トモエリバーのノートを探しさまよう。

カキモリで作ったトモエリバーのオーダーノートも、もうすぐ使い終わる。
日付を無視して使う予定のHobonichi Techo Planner 2018もある。


しかし、先日、安定的にトモエリバーのノートが入手できそうにないとわかり、焦る。

そうして探したのが、このKURASHI&Trips PUBLISHING オリジナルノートだった。

大きさはB6。

私が欲しかったのは文庫サイズのA6なのだが、背を腹に代えられず。
そして送料や手間のことを考えて、4冊注文してみた。

色は青、黄色、グレーがあったが、明るい気分でいたいので、青と黄色にした。
紙製のケースがついていて、収めるときシック。

中は白くて無地のトモエリバー。


しばらく使うことはなさそうだけど、これで安心。




でも欲しいのはやっぱりA6なので、ちょっぴり「トモエリバーの紙を買って、手製本、自分でやるか」と思ってしまった。
がたがたでもいいし、立派な表紙もしおりもなくてもいい。ってことも考えてしまった。


あとは、365デイズノート。
トモエリバーではないそうだけど、似たような書き心地の紙らしい。

試してみたいのは神戸計画のインクぬらぬらノート。



■参考

KURASHI&Trips PUBLISHING/オリジナルノート(ブルー)ミニ冊子・使い方つき - 北欧、暮らしの道具店



コメント