2018手帳会議#4 仕事用はコクヨのキャンパスダイアリー A5(マンスリーとウィークリー)



ノートと言ったらコクヨ。
それくらいお世話になりました。

最近は大学ノートの類をほとんど使わなくなりました。
プライベートで使うノートはトモエリバーを求めているし。



2017年の仕事用スケジュール帳はトラベラーズノートにしましたが、あの大きさが自分になじまないことや大きいマンスリーが必要で、いろいろ探した結果、自分の中の「ノートの基本」であるキャンパスノートのダイアリー版にしました。






私がトラベラーズノートにしたのは、次の年に前の年のマンスリーだけでも一緒に持ち歩き、前の年になにをしたのかを確認するためでした。

なのでマンスリーは「マンスリーだけ」の薄いものがいい。

ウィークリー(レフトタイプ)はもっと細かいことやToDoリスト、メモ、反省、ひらめきなどが書けるものがいい。

それを満たしたのがキャンパスダイアリーでした。



マンスリーには適度にフリーページがあるので、そのまま次の年に持ち越したいことはそっちに書けるし、ウィークリーが半年ごとに分冊されていないのもポイントが高かったです。

気になるのが強度。

学生の頃、日記のようなものをノートに書いていましたが、最後のあたりになるとよく分解が始まりました。
糸掛かりではないので、分解されたら困るんだけどなぁ。
どうかなぁ。





■2018手帳会議

  • 2018手帳会議#1 俯瞰で先まで見てみたいの
  • 2018手帳会議#2 ほぼ日手帳weeks MEGA登場に揺れる
  • 2018手帳会議#3 プライベート用はほぼ日手帳weeks、なんでもノートはHobonichi Techo Planner シュタイフ
  • 2018手帳会議#4 仕事用はコクヨのキャンパスダイアリー A5 (マンスリーとウィークリー)
  • 2018手帳会議#5 趣味用?ユーリ!!! on Ice スケジュール帳 / キャラクター手帳を考える


  • ■参考










    コメント