モノクロや単色より、たくさんの色が渦巻いているほうが好きだ。
それも猥雑な感じではなく、彩り豊かなサラダやフルーツバスケットのようなものが好き。


なのに、私が書くノートときたら、淡々と色が少ない。
色鉛筆も持っていて着色すればいいのだけれど、色塗りをするより、新しい何かを書きたい。
これが、私が自分のことを「絵描きではなく文字書き」だと思うゆえんである。


絵やデザインが得意な人が色のセンスもよく、ノートを書いているのを見るとうらやましく思う。
絵が描けないぶん、マステやシールに頼ろうと思ったけど、レイアウトのセンスがないんだと思う。
紙面がわちゃわちゃして、読みづらいのこの上ない。
わくわくではなくて、げっそりしちゃう。


今、使っているのはカキモリでセミオーダーしたリングノート。
中身の大半はトモエリバーの白。
万年筆の滑りもよく、インクの発色もよい。

今はOMASのターコイズブルーをメインに、SAILORのジェントルインクの金木犀をアクセントに使っている。
ちょっと華やか。
ほぼ日手帳weeksも同様。

これがなくなったらどうしようかな、と考え中。

最近、駅前にできた蔦屋家電では色彩雫の小瓶がばら売りされている、と聞きうきうき。
あまりインクを消費しない私には割高でも願ってもないことだ。
どのインクにしようか考え中。

でも、どこかでターコイズブルーを使うと思う。
私の大好きな、カミーノの空の色だから。




■参考

Notebookers お題 まとめ vol.001 #Notebookers #Notebookersお題 | Notebookers.jp



コメント