思わず読みたくなるタイトル




最近、ブログはもっぱらg.o.a.tを読んでいる。
中にはあるけど、ヘンな営業ブログが少ないので楽しい。

それでも続けて読みたいなぁ、というものは少なくて「記事単発」で読んじゃう。


そんな中で気になる人はフォローできるので、チェックしている。

うなっちゃうのは、ブログタイトルのつけ方。
「あ」となって読みたくなる。
一見、そんなに凝ったふうに見えないのに、なんだか魅かれる要素が含まれている気がする。

それがなんなのかわからないけど。


「うまいなぁ」とうなって、読んだ後「面白いなぁ」と思い、「自分も書きたくなる!」という流れになっていく。
楽しい。

私の好きなブログの楽しみ方。



自分の記事のタイトルを見て、「うーん、これは思わず読みたくなるタイトルかしら?」と首をひねる。
そうでもないことが多い。

あんまりごちゃごちゃ考えずに、思いついたことでぽんとつけちゃうんだ。

もう少し考えたらいいのかもしれないけど、考えてしまうとうまくいかないことが多いから、ずっとこのままで来てしまった。

しかし、あのタイトルのつけ方、いいよなぁ。
どうやったらいいんだろうなぁ。



なんかさー、タイトルだけじゃなくて、「センスを磨く」ってことをしたら全体的に上にあがるような気がするんだけどなぁ。

センスの磨き方は知らないから、やっぱり本能のままでいるんだけど。




■参考

Kyrieのg.o.a.t 「涯てお茶」


思わず書きたくなるデザインはg.o.a.t。
しかし数として読まれるのはKyri*ateだから(どういう経緯で読まれるのか知らないんだけどさ)、どっちに書くか迷う。
だからg.o.a.tをメインブログにすることが、今はできない。

反応がないと書き続けるのはつらい、と思う。







コメント