桜を愛でる暇もない



今年は遅くまで桜が残っているので、なんとかして桜狩りをしてやろうとたくらんでいるのだけれど、どうやっても年度初めのごちゃごちゃで浅い呼吸しかできずにいる。


自分に余裕がない、と感じるし、休みの日は疲れ果てて一日中寝ているので満足感がないので、「仕事行きたくない」と感じるのをだましだまし出勤している感じ。

まずい。
これはあまりよろしくない。

かといって、すべての疲れが吹き飛ぶようなご褒美があるわけでもなく、待ち焦がれた恋人とのデートの約束もない。
なんだかすべてが灰色でつまらない気がする。



春って、色が溢れて楽しい気がするのに、なんだかなぁ、と思いつつ、危ういバランスの木の芽立ちの時期をやり過ごす。



全然関係ないけど「エッセイ」というものが書いてみたい。







コメント