伝わるように書け



オープンなところで、ある程度読者を想定して書くのなら、「伝わるように書け」。
内輪だけならいいけど、自分の仲間の周辺、そのもうちょっと先まで視野に入れているのなら、そのあたりの人が読んでもわかるように書け。



独特の言い回しと設定で書かれてもよくわからない。
内輪だけで楽しむのならそれでいいけど、それなら「周りの人も読んでよー」って言わない。

「好きで書いているから」
いいですよ、それで。
でも、「読んでよー」と声をかけてくるなら、「ある程度内輪じゃなくてもわかるように書いてー!」



「もの申す!」っていろいろ炎上しそうだから、それもちょっとは視野に入れて。
炎上対策をしているのに、オープンなところで仲間とぎゃーぎゃー意見を言い合っているのはどうよ。
それならもうちょっとDMや個人的な手段(メールやLINEなど)のクローズドなところで、ぶっちゃけたらいいと思うの。
危険じゃん。



あとね、読んでいる途中に不適切なくらい広告貼ったり、「合わせて読みたい」「参考」を入れてくるのも、「本文に集中できない」から苦手。

「ここぞ!」ってところで適切に入れるのはいいんだけど、「これって自分の関連記事読ませたいだけだよね?」とか、多いとうっとうしくなって、最後まで読む気が失せるんだもん。



私がごちゃついていると集中できないタチなので、こんなんだろうけど、なんだか目についちゃって、もやもやしたから書いちゃった。

ちょっぴりは自戒の念もあるよ。

気持ちよく書いていきたいし、読んでいきたい。





コメント