梅狩り2017



2月末、例によって縮景園に梅狩りへ。

まだ木々にはこもが巻かれているが、梅林は白とピンクで華やか。







ちょうど頃合いがよくて、花も傷んでおらず、早咲きのものも時期に咲くものももこもこ咲いていた。
遅咲きの何本かはまだつぼみ。
それもまぁるくて可愛らしくて、頬ずりしたくなる。





私はと言えば、単焦点レンズ一本で撮影。
近寄れないのでちょっぴり困るものの、本物の花を存分に見て堪能。


バズーカレンズをつけたカメラを持つ人、多し。
メジロが蜜を吸うために梅の木にやってくるのをすかさず撮る。
望遠のない私には、到底メジロは撮れない。

しかしタイミングを見て撮影したいのはわかるけれど、見事に咲く梅の木のど真ん前で、長時間立っていて、その木は思うように愛でられなかった。
残念。

自分が写真を撮るときにも気をつけよう。




梅林そばの広場では茶店オープン。
日本酒があってひどく飲みたかったが、梅を愛でて飲めないようになっていたのと、自転車でやってきていたので泣く泣くあきらめる。

県立美術館の喫茶店で抹茶アフォガートを楽しんで、今年の梅狩り終了!






コメント