アボカド発根



昨年末、これからどんどん寒さが厳しくなる頃に、アボカドの水栽培を始めた。

以前、同じことをやったことがあって、発根するのに何か月か待たないといけないことを知っていたのでずっと放置していた。

私は半分は諦めていた。
私の部屋の暖房器具は「こたつ」のみ。
空気を温めるものはなにもない。
南国のアボカドを窓際の寒いところに置いていたので、もしかしたら寒さにやられるかもしれない。


だが、2月末、白いものが生えているのを発見。
見間違えだといけないので、もう少し様子見。
白いものが伸びてきた。

よし、アボカド発根確認!


もっと根が伸びて、暖かくなったら土の入った鉢に植えよう。



ちなみに私が憧れてやまないローズマリーとはどうやっても相性が悪いらしく、ことごとく枯らしてしまった。
がっくり。



もう一つの野望は、食べたマンゴーから種を取り出し植えること。





コメント