Mediumが気になる




ブログが面白くないんですよ。
自分のも含め。

なかなか面白いものにぶち当たらない。
自分の記事も含め。

なんなの、本文の中に何回も広告が入って、読んでいる流れをぶった切るようなヤツ!
ブログ内の広告貼りつけの制限が緩和されたからのようですが、いろんなことに対して「一本の川が流れるように滑らかに」が好みの私には読む気が削がれて仕方ない。
集中力も途切れちゃうしさー!


あと何回か言ってるけど、しょーもないくらい短い記事の最後の「まとめ」って、わけがわかんない!
最初からまとめておきなさーい!
「記事を書くテンプレ」なんだろうけど、長い記事や中身が濃厚な記事で有効なのであって、そんなにぺらんぺらんで短い記事にまとめはいらん。
記事によってテンプレも変えろよ。


あと、やっぱりいるのね、「日記ブログは書くな」って書いてる人。
いいけど、読んだらむっとする。
「書くな」とも言わないし、実際PV取って収入を意識するブログにしたいときには「日記ブログ」を書いていてはよろしくないからね。

でも、私は日記ブログが大好きなんだよ。
Twitterより文章量がまとまっているし、なに考えて、どう感じたかわかりやすいし。



まあ、いいや。

今回は、Mediumについて。
SNSとブログの中間どころのようなもの、らしいけど、実は私もよくわかっていない。
私が知っているのは「読ませる」に特化していて、シンプルでいいなぁ、という印象だけ。

ブログ風に言ってみるとサイドがなくて1カラムのレイアウト。
とにかく中央に読むものがばーん!と表示されている。
こういう潔い感じ、好きだなあ。

一時、ブログを新しくするのにブログサービスも選び直そうかと考えて、あれこれ調べて出てきたのがMediumというサービス。

でも結局使いませんでした。

理由はいくつかあるけれど、まず大きいのが日本語の対応が今一つ。
あの文字フォント、なんとかしてくれー!
せっかくキレッキレのデザインにしたとしても、あれはちょっと萎える。

それから、まだ日本の利用者が少ないこと。
英語で書ければまた違うのでしょうが、これじゃ読まれない。

私のような「ブログ」感覚で使うには向いてなさそう。
本当にエッセイや自分の意見をきっちりまとめて書く、には向いていそうだけど、私のようになんだかちゃらんぽらんの内容を書くにはそぐわないかも。
たまにそうじゃないことも書いているつもりだけど、「ハードル低く、ゆるゆる気楽に書きたい」という思いが強いので、今の私には向いていない。



それでも一度、使ってみたいなぁ、使い心地を試してみたいなぁ、とも思うのも確か。





■参考

恋とお花。


まつゆう*さんのMedium。
彼女のブログも割と読んだ。
最近は投稿数が少ないし、書いてもモニター記事やパーティーのことが多くて、私にはちょっとつまんなかった。
久々にそういう営業的なものがない記事。
彼女の「好き」なものやこれまでの「経験」を語る記事が好き。






コメント