ジュエリーのデザイン







「手づくりフェア in 広島」の会場を回っていたとき、「ジュエリーのデザインをしてみませんか?」という看板があった。
ジュエリーのデザインなんてしたことがないので、そこに立ち止まり看板をしげしげと見ていたら、ブースの人が説明をしてくれてやってみることにした。








まずはデザインを元にワックスで原型を作る。
これを石膏で固めて型を取り、そこに溶かした銀を流し込む。
固まったら取り出して、研磨する。

というのが行程だった。
今回は最初の「デザインを元にワックスで原型を作る」体験だった。
でも、突然「デザインを考えてください」と言われてもすごく困ってしまった。
そんなアイディア、出てこない。


できたらスマホのストラップとしてつけたかったので、とがっていないものにした。
きのこを描いたり、お月様を描いたりしていたけど、私がらくがきでたまに描く「目を閉じた太陽」にすることにした。


丸く平たいワックスをベースにし、木の台に立てられたワックスの棒を少しずつ溶かしながらベースにのせていく。


こうしてスタッフの方の協力も得て、原型を作ることができた。



後日、研磨まで終わったものが送られてきた。
ずっしり重い。


嬉しくて、スマホにつけた。


「自分のもの」という感じで、ますます愛着がわく。






コメント