エッセイを書くところ



エッセイみたいな日記をブログに書きたい。
と思っている。



先日、「小説家になろう」というサイトでエッセイを読んだ。
私は長い間このサイトのことを誤解していて、「ガチに小説家になりたい実力がむんむんにある人たちが集うサイト」だと信じ切っていた。
が、中を見てみるとそうでもないらしい。
もうちょっと気軽で、私はほっとした。

エッセイに分類されていても書かれていることは様々で、

  • 「いかに『小説家になろう』でPVを稼ぐか」
  • 「いかに『感想』を書いてもらうか」
  • 「読者を意識した書き方(空行の使い方など) VS 小説の基本の書き方(書き始めは一文字さげる。三点リーダーは『……』というふうに二つ続ける、など)」
  • 「SNSでの拡散の仕方」
  • 「企画もの(テーマや期限を決めて一斉に書く)」

など、「まるでブログみたーい!」なものもあって、面白かった。



「なろう」(「小説家になろう」はよく「なろう」と略されているので、これからはこう表記する)にはジャンルがいろいろあって、詩や童話まである。
サイト名に「小説家」とあるので、私がそれにとらわれすぎていた。


さて、本題。

読んだエッセイの中で、「もっと女性が書くエッセイが増えればいいのに」というものがあった。
まだ「なろう」では女性が書くエッセイが少なく、もっと読みたいから、というのが理由だった。

ふと、「私も『なろう』にエッセイを上げてみようかしら」と思ってみた。

けど、すぐにやめてしまった。



「なろう」はある意味とてもよくできていて、簡単に画像を貼ることもリンクを貼ることもできません。
本当に「ただ読む」ことに集中するように作られています。

でも、私がしたいのは「写真つきエッセイ(もどき)」なんですね。
気軽にばしばし写真が貼りたいんです。
あと、リンクも。

そうなるとやっぱり私はブログに書くのが向いているな、と思いました。




ブログを書く頻度が落ちました。
10年以上やっていて、「ちょっと飽きたな」と感じているのも確かです。
これまでのように、体験したこと、感じたことをありったけブログに書かなくちゃ!と頑張る気になれなくなりました。

あと、読みたいブログが本当に少なくなりました。

かと言って、ブログから離れることはできずにいます。



がしがし書かないのならば、ちょっと煮込んだスープのようなものが書けたらいいのになぁ、と思います。
プロが書くものって、そういう「手間暇かけた」のがよくわかるでしょう?

私は即席タイプで、書いたらすぐに上げるのですが、それはそれで好きなんだよなぁ。

わがままだな。



エッセイのようなブログ、書ける日が来るのかしら。

ゆるゆる流れていってしまって、書けないかもしれません。








コメント