高さと俯瞰 / 東京スカイツリー




東京に行くと高いところによく上っている。

この日は雨が降って、雲が低く垂れこめた空だった。
一緒にいたtamと歩いていると、
「雲が切れた。
今なら展望デッキに行けるかも」
と言われた。


これだけ雨が降っていながら、下の展望台からの景色が望めるなんてラッキーだよ!
なんて言われたものだから、浮かれてしまった。
TOBICHI2に続き、この日2回目のラッキー!)

まさか行くとは思っていなかったスカイツリーに行くことにした。





350mの展望デッキ。
去年上った東京タワーは333m。
六本木ヒルズは238m。
それをはるかに上回る高さに1分でたどり着いてしまった。


去年から「高さ」について考えてる。
だからどうだ、とか、結論が、とかなにもない。
ただ、考えている。
なんでこんなに高いところに魅かれるのか。
高さと征服欲と驕りとは。
なんて、ヘンに気難しいことをただただ考えてしまう。


俯瞰でものを見る。
というのに、気をつけている。
すぐに一か所だけ、狭いところだけ見てしまう癖があるので、鳥のようになって全体を見渡す気分で物事を見よう、とする。
じゃないとすぐに煮詰まったり、酸欠になったりする。

高いところに上ると、俯瞰で見やすいなぁ、と思う。
このわかりやすさ、って重要な気がする。
ちょっぴり織田信長の気分。






スカイツリーにもすけすけ床があった。
でも骨ほねがしっかり見えるので、東京タワーほど怖くなかった。
高所恐怖症が少しあって、足元が透けて見えるのは、おじゃぞぞ~としちゃう!




広島に帰って、スカイツリーには東京ソラマチがあり、そして郵政博物館があるのを思い出した。
むにゃ~!!
次は400m超えの展望回廊にも上がり、ますます征服欲を満たし、郵政博物館に行って切手にまみれるのもいいかも!





■ちょっと寄り道・ミヤタビール



スカイツリーに上る前、うまうまクラフトビールが飲める「ミヤタビール」に行った。
同行者のtamがそれはよくここのビールを飲んでいて、「くちょー!いつかあたいも飲んでやる~!」と思ったので、案内してもらってよかった。
1人だとたどりつけていないかもしれない。

店内はシンプルでミニマム。
とにかくビールを集中して飲み、その場の雰囲気や会話を楽しむところのようである。
カッコいい。
こんななじみの店があるといいな。

私はなかなか一か所に懐かないので、憧れる。

この日、私が飲んだのはシナモンアンバーエール。
シナモン大好き!
軽い感じではなく、しっとりとちょっと重めのビール。




■関連

Kyri*ate: 高さへの憧れ

東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

MiyataBeer 宮多麦酒 醸造所 | タンクを眺めながら出来たてのビールを味わえるお店


コメント