お好み焼き屋さんのステッカー / お好み焼ユキちゃん



※全編、できる限り私のネイティヴな発音でやるけぇのう!



仕事帰りに、お好み焼き屋さんに飛び込んだんよ。
その名も「ユキちゃん」。

明らかに初めての客。
多分、いなげじゃったんじゃろうなぁ。


そばの肉玉を持ち帰りで注文して、「写真撮ってもえぇですか?」と鉄板前の椅子を陣取り、カメラを取り出すヘンな人。

「どなたかのご紹介ですか?」
と、オーナーさんは聞く。

「いいえ」
私は答える。
そっから、どうしょーかー、思うたけど、素直に言うことにした。

「Instagramつながりです」
「あ、もしかして、あの」
「あとで『ステッカーください』と言います」
「ああ!」

他にお客さんがおらんかったけぇよかったものの、誰か聞いとったら「なんじゃ、この二人?!」みとうなかったかもしれん。
謎の合言葉みとうじゃない?



私がユキちゃんのお店を知ったのは、イラストレーターのカミガキヒロフミさんのTwitter(@IC4DESIGN_HK)とInstagramからじゃった。

カミガキさんとも面識はなく、イベントで遠くからお顔を拝見するだけなんじゃけど…
今年の春のThe Trunk Marketでお見掛けしたけれど、どうやって話しかけていいのかわからずそのままお姿を見送った、というヘタレ具合じゃった。
しっかりしんさい、わし!

カミガキさんのInstagramでなにかが流れてきて、ユキちゃんもフォローした。
そがあなことをしよったら、カミガキさんがデザインしたステッカーの写真がTLに流れてきた。

「えぇのう!モレスキンに貼りたいのう!」
と思い、そんなことをコメントしたのが始まりじゃったかもしれん。


ユキちゃんのオーナーさんは優しくて、「お好み焼きを食べんでもえぇけぇ、ステッカーだけでも取りにきんさい(実際は標準語で、もっと親切丁寧に優しく)」とお返事をくれちゃったんじゃけど、まさかそがいなことはできんけん、私は機会を狙っとったんよ。


それで、冒頭のやり取りに戻る。







オーナーさんは、お好み焼きを焼きながら、大小のステッカーをくれちゃった。
素敵!
かわいいなぁ!
さっそく、モレスキンラージに貼りつける。
東急ハンズ広島20周年記念ステッカー「もみじか」と並ぶと「広島モレスキン」じゃあ!
テンション、ぶち上がる!


家に帰ってから、ポケットサイズのモレスキンにも貼ってみた。
大満足。
このちびぃのを持って、東京に行くつもりじゃけん!
ユキちゃんとお好み焼きを見せびらかせてくるけんね!

広島を出ると、広島弁は強烈じゃったり新鮮じゃったりするせいか、結構「おおう!」と言われることが多い。
私の広島弁もちぃと古うて、濃いことがあるけぇ、余計にかもしれん。







さて、ユキちゃんのお好み焼きは、ふっくらドームのように積み重ねるんよ。

そばは生麺をゆがいてくれるけん、もちもち。
それを片面、カリカリに焼いてくれるけん、お口の中が楽しゅうなる。

うふふ、うまうまじゃ。

お店はちょっとオープンな感じで、気候のえぇときは外の風も感じられるんじゃろうなぁ、というシャレた作りになっとる。

突撃して勢いで注文してしもうたけど、トッピングとか他のメニューもちゃんと見ればよかった。
次は腰を入れて見る!

自転車じゃなかったら、ビール飲んで焼き上がりを待ちたかったのう。

Instagramじゃと、ときどき、ドキドキドリンクの写真がある。
先日、ウケたのは、ビールジョッキいっぱいのヤクルトじゃった。
夢のようなドリンク!




そんなこんなで、お好み焼き屋さんのステッカーのお話はこれにておしまいじゃ!




■余談

家に帰ってゆっくりしたとき、思ったんじゃけど。
あの合言葉のようなやりとりは…

もしかして、ハンドルネームの「Kyrie」が読めんかったのかもしれん!!爆

あれねぇ、読めん人、多うてねぇ。
すまんのう。
キリエ、と読むんよう。
忘れてもえぇけど。





■参考

◇ユキちゃん

ユキちゃんのFacebook


お休みの日も書いてあるけぇ、チェックじゃ。
場所もここからわかるけん!

ちなみにユキちゃんのオーナーさんはおねいさんじゃのうて、おにいさんじゃ!

ショップカードもキュートで、紙モノ好きにもたまらんものがあるけん、見てみんさいね!



◇イラストレーターのカミガキヒロフミさん

Kyri*ate: 青空THINK59 谷尻誠 カミガキヒロフミ #TheTrunkMarket 2015 aw

「迷路探偵ピエール」のちまちま具合、すごいよ!
これのぬり絵があるんじゃって!
私、多分、よぉ塗らん…







コメント