薄い革の名刺入れ / dünn(デュン) CARDRIDGE dünn




ブロフェス2016にもスポンサーエリアがありました。

その中に、革製品を扱うショップがありました。
ロンド工房さんです。


dünn(デュン)というプロダクトは薄い革製品で、カードホルダーやパスポートがぴったり入る上品なポーチなどもありました。




0.5mmの薄さのものもあるそうですが、名刺入れは1mm!
びっくりするほど薄くて軽いです。
モニターキャンペーンをされていたので、実際に使わせてもらいました。

会場で自分の名刺を入れてみたのが、冒頭の写真です。



仕事で名刺を持たなくてもいいので、名刺のお作法をよく知りません。
でも、「ブロガー名刺」と呼ばれている名刺は持っていたほうがいい場面が少し増えたような気がします。
なにに入れようか、いつも困っていました。
ひどいときは、絵はがきを買うとはがきが入っているコシのあるビニールの袋に突っ込んでいました。


この薄い名刺入れはそんなに枚数は入りません。
「ブロガーのイベントで名刺を配りまくり!もらいまくり!」
の野望を持っているときには、使い勝手が悪そうです。

しかし10枚くらい、スマートに上品に持ちたいときにはぴったり!


ブロフェスの次の日、この名刺入れから名刺をお渡しする機会があったのですが、「素敵な名刺入れ!」と言っていただきました。
出し入れもスムーズだったし、コンパクトなので荷物の多い私にはありがたいものです。
サイトを見ると、お財布にも入れられる、と書いてありました。
なるほど、それも素敵な使い方!
お財布に直接名刺をいれておくとよれよれになったり、黒ずんだりしてきますが、これなら名刺全体を包んでいるし、薄いのでお財布がふっくらすることもなく、咄嗟のときにお財布があれば名刺が渡せそうでう。

赤を選んだので、ちょっとカジュアルですが、多分スーツを着ていても大丈夫そうです。



問題は私の名刺で、あっさりしすぎているようですが、まぁ、いいや。
名刺に書かれていることをきっかけに話が広がる!という意味を持たせていないそうです。
ブロガー名刺を作るときにはSNSやメールアドレスなどと共に、好きなことなどを入れておくとよさそうですよ。




■ロンド工房

株式会社ロンド工房

dünnのプロモーションムービーがサイト内にあり、「dünnとは『薄い』という意味のドイツ語」というのを知りました。
なるほど。

関係ありませんが、「u」にてんてんのついた「ウムラウトのü」って、スマイリーのにこにこちゃんみたいに見えて、好き。






コメント