どうしても舞台裏が見てみたい #ブロフェス2016




ブロガーのイベントがあるとTwitterのTLに流れてくると、
「けっ、どうせ東京でしょ」
とやさぐれていましたが、好奇心が抑えきれず大きいブロガーのイベント「ブロガーズフェスティバル2016」に初めて参加してみることにしました。

ブロガーズフェスティバル

それもスタッフとして。



これまでの様子は参加した人のブログを読んでいました。

中にスタッフとして参加している人もいらっしゃいました。
こんな大きなイベント、どうなっているんだろう?

スタッフとして申し込むことにし、当日会場係の担当となります。


自分になにができるのか。
これまで参加していないのでわからないことばかりですが、「特技・広島弁」なのでふと疲れたとき、「ああ、ネイティヴの広島弁が聞きたいのう」と思ったらキリエが対応できます。

よく「相手も方言じゃないとしゃべれない」と言う人もいらっしゃいますが、私は広島弁しかしゃべれんけぇ、誰にでも広島弁です。

でも、カープのことはよぉわからんのんじゃ。



これまでのブロフェスの記事を読んでいて印象的だったのが、「ひとりで戸惑ったらスタッフに声をかけて」とずっと書かれていたことでした。

大きなイベント、人がいっぱいのイベントに行ったら、やっぱり有名な人、社交的な人は人気ですね。
どう振舞っていいのかわからず、壁の花ならぬ壁のぺんぺん草になることも、私は多いです。

しかし、きっとぺんぺん草になっている場合じゃないのです。
私は読み物としてのブログが好きなので、書いている人に興味があります。
その「中の人(?)」がいっぱい!
遠くからお顔を拝見するだけでもいいですが、少しお話してみたい。
でもいきなりはちょっと…

という場合、「練習」も兼ねてスタッフとおしゃべりするのもありのようです。


もしスタッフじゃなく、一般参加者として行っていたら(当初の予定はこれでした)、スタッフの人の力を借りたらいいんだ、と少し安心していました。




ネットは便利です。
Skypeもハングアウトもなんでもできます。
でも、本物を目の前にして対面して会う、話す。
全然違います。

その「対面する」ときのお手伝いが少しでもできたらいいな、と思っています。




私は、実は東京が苦手です。
「東京ダンジョン」と名づけているくらい、東京の移動が苦手です。
広島はJRと路面電車とバスとアストラムライン(新交通システム)しかないんじゃもん。
アストラムラインの一部がちぃと地下にあるだけで、あとは全部地上を走っとるんじゃもん!
迷ったら山があるほうが北で、河口や海のほうが南なんじゃもん!(広島市中心部にて)

自分がどこにいるのかわからなくなりやすい東京は本当に苦手なので、ブロフェスの会場の「大崎ブライトコアホール」までどうやっていくか、その前に自分の宿からJR大崎駅までどうやっていくのか、最寄り駅からつながっているのかがわからずぐるぐるしています。

東京在住の友達に聞いています。
現地で困ったら駅員さんに聞きます。

JR大崎駅からの行き方は素敵なブログ記事が!

#ブロフェス2016 大崎駅から会場への行き方 | 明日やります


こういうの、あったら助かる!
きっと迷子にならずに行けます!



では、当日会場でお会いできることを楽しみにしています。
お天気もひどいことになりませんように。
飲み物、準備してきてくださいね。
名刺もあったらよさそうです。
私も持っていくよ。

よろしくお願いします。


広島のキリエ(Kyrie)










コメント