年度初め、怪我をして落ち込んでいた



こんなに息苦しい年度末年度初めは、この仕事に就いて初めてだったかもしれない。

思いもかけないことが起こり、
減っていく人員、
誰もが自分のこととできればサポートをしたいと思うけれど、そうもいかず、
とにかく日付を区切られることばかりが山積み。

身勝手ともいえる振舞の中で起こったこともあるし、
後出しじゃんけんのようなことも起こっているし、
指示出し、
指示待ち、
打ち合わせ、
交渉、
とにかくとにかく、へとへとになった。



ちょっと前のことも今のことでも振り返ってみると、少しうつうつとしているのかもしれない。
とにかくやる気がでない。
元気がない。
前向きではない。
外に出ない。
ずっと布団の中に閉じこもる。
SNSを見ることも、この私にしたら激減。
湧かない食欲。
眠りはするけれど、なかなか寝付こうとしない。
まるで、「アレをしてないから眠れないの!すっきりしないの!」という感じなのだが、
その「アレ」がなになのか、わかりはしない。
いらつく。
すっきりしない。
眠りに入ろうとしない。
寝不足。
悪循環。


そんな中、怪我をした。
足の親指内出血。
まぁ、大したことはなかった、といえばそうだけど、
怪我をした状況からすると、私は最初、自分が把握していたよりももっと落ち込んだ。

2、3日は踏み込みができなくて、歩き方がヘンだった。
閉じていく、そして加速していく無気力な感じ。


そんな感じだった。




明日から2日、休みのせいか、なにか乗り越えたのか、
今日、久しぶりに「いつもの呼吸」をした気がした。

これまでなら、「むむ、黄色信号、灯ったよ」と感じることもなくいたことに、少し恐怖を覚えた。
感覚が鈍っている。

ああ、知らないうちにうつうつしちゃうんだ。

ぼんやりとそう感じた。



そんな中でも、パフェを食べたり、桜を撮ったりもしていたので、「赤信号の非常事態!予断を許さない状態」ではない、とは思っていたけど。



気がついたら、緑が燃えていた。
新緑が眩しかった。
そういう変化も感じ取れていなかったんだ。

ようやくできた呼吸の中、きらきらの緑は自分に沁みた。





コメント