モテるコツも習得できるかも?!/ Mio Bar(ミオ・バール) イタリアン【広島】




土曜日の昼下がり。
幟町のMio Barのカウンターに滑り込む。

もう13時もたっぷり回っているというのに、店内はお客さんでみっちり。







1週間前、夜に来たとき、時間切れで噂のコーヒーが飲めなかったので、再挑戦に来た。
ぶっちゃけると人手が足りないらしいのは見てとれた。
なので時間に余裕をもって。
オーナーもそれは自覚していて、「4月から人手を増やす予定なんです」と、待たせているお客さんに申し訳なさそうに話していた。








私はワインを飲むことにした。
オーナーに私がオーダーしたパスタに合わせたお勧めを聞くと、春めいて暖かいのでスパークリングかフルーティーな赤はどうか、と言われ、私はスパークリングワインにした。

こういうやり取り、ほんとに楽しい。
自分の思いや気分を告げ、お勧めを聞いて、もう一度考えて選択する。
これがしどろもどろだと、気持ちが萎えてしまう。


朝や昼間に飲むアルコールは、好きだ。
背徳感ではなく私の場合は優越感を持つ。
なんなんでしょうね、この感覚。

スパークリングワインの泡が立ち上るのを見ながら飲んでいると、新たなお客さんが来た。
空いている席はカウンターの私と、私と同じように一人で来ている女性の間しかない。

「お花とお花の間のお席はいがでしょうか?」
オーナーはそう、お兄さんに言い、彼もそれを受けた。


カウンターで、ぽつりぽつりと三人の会話が始まった。
こういうのも大好き!
見ず知らずの人と短い時間、楽しむやり取り。
日本だと話しかけづらいことが多いけれど、ここはきっとオーナーの作り出す雰囲気によるものが大きいと思う。








お話によるとオーナーは2か月ずつを2回、計4か月、主に北イタリアを回ってコーヒーの修行(?)をしてきたそうだ。
このエスプレッソ・マシーンもコーヒー豆も北イタリアのものだ、と嬉しそうに話していた。

オーナーの動きは、ちょっとオーバーで芝居がかっている。
まるでミュージカルを見ているようだ。
バールをステージにした舞台みたい。

そして日本らしくない、多分ちょっぴりラテンの香りのする会話を交わす。
さっきの「お花とお花の間」から始まって、
「気分を言っていただけたら、それに合わせて飲み物をお出しします。どんな気分ですか?」
「飲み物はいかがでしたか?少しほっとできましたか?」
と、主に女性が嬉しくなるような心遣いと声かけをしている。

これはモテテクニックだわ!

思わずつぶやいていて、隣のお兄さんにも聞かれてしまった。
「(お花とお花の間はどうか?と)聞かれたら、『喜んで!』としか返事ができないよ」
ナイス返しだ、お兄さん!





オーナーはマジシャンのような手つきでコーヒーを淹れ、絵を描く準備をしていく。
それはそれは、1杯ずつ、とても丁寧に。
丁寧すぎてお客さんがさばけないのかもなぁ、と思うけれど、きっちり淹れてくれるのが嬉しくて、みんな待っている感じ。

エスプレッソが入ったカップに振り入れる魔法の粉はココア。
「北イタリアはおいしいチョコレートでも有名です!」、とオーナー。

私にこのお店を紹介してくれた人も、「こんなおいしいココアがあるのかしら!とびっくりしたの」と話していらした。








そして泡立てたミルクを注ぐ。
このときにはもう、何を描くのか決まっている。







おやおや?
私のは長いお耳があるみたいね。







「コーヒーを淹れるときに必要なものは、テクニックと人前で淹れても緊張しないこと」
という主旨のことを話すオーナー。
私が黒い健次郎(OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ)を構えて、カシャカシャと写真を撮る気満々だったからかもしれない。

やっぱり黒いボディの、ぱっと見ごついカメラになったせいか、
「カメラがとってもうまい人」
と一緒に話していた女性に誤解されてしまったみたい。

残念じゃ!


オーナーは面白いことも言いながら、集中して描いていく。
もうちょっとキレのある返しがしたい。
ああ、久々に「オトナになりたいわ!」と思った。







うさぎさんの周りに飾り。
かわいいなぁ。








そして、冒頭の写真のうさぎカプチーノが完成!

けれども困ったことが…


ど、どこから飲もう…?



私は「えい!」とそのまま口をつけた。







びろ~ん!

ごめんよ、うさぎ!



ここのドルチェも美味しそうなので、次回は甘いものか、立ち飲みスペースでカッコよく立ち飲みをするか、ランチのライスのがおいしいとお兄さんが言っていたのでそれか、どれかで楽しみに来よう!



■Mio Barへの道






■キリエの庭で

これからこのブログKyri*ateでご紹介するもので場所の表示ができるものは、適宜「キリエの庭で」と名づけたGoogle Mapsのマイマップに印をつけていこうと思います。
でも、きちんと表示されるのかどうかが謎。
どんなふうに表示されているのか、はたまた表示されていないのかよかったら教えてね!

Kyri*ateの地図 → at the Garden of Kyrie



■追記(2016.3.6. 19:40)

キリエの庭での地図が表示エラーになっていましたが、非公開でせっていしていました。
今、設定を変えてみたぞ!
今度こそ見えますように!






コメント