富士山を新幹線からがんばって撮った




以前、関東に行ったときに、「新幹線から富士山を見たか?」とすごく聞かれたことがあった。
席や天候の具合で見られなかったことを告げると、その人はひどくがっかりした様子だった。

前回、2012年に行ったときは天気が悪くて見られなかった。

そして今回。
これらのことを覚えていて、富士山を撮る気満々だった。



まず、行きの新幹線の席取り。

私は富士山側を取ったつもりが、新幹線に乗ってみると逆の窓側!!
このために新幹線を1本早いのにしたのに!
(最初乗ろうとしていたものは窓側が全部、予約で埋まっていた)

がっかりして、切符を見に来た車掌さんに席を変えたい旨を伝えるも、社内では席については変更できないそうだ。
がっかり。

もし空いていたら、ちょっと座るのもいい、と言われたけど、大阪で席の持ち主が乗車してきたし、その隣の席の主もやってきた。
がっかり。

富士山が撮りたかったら、E席を取るんだよ。AじゃなくてEだよ。



がっかりしながらも、「私には乗降口がある!」と諦めなかった。
しかし、どのタイミングで富士山が現れるかわからない。

ネットで検索。
さっくりヒット!
どののぞみが止まる駅から何分後、「○○駅通過」表示から何分後に富士山出現、と事細かに書いてあった。

私はカメラと貴重品を持ち、デッキへ向かう。










あーーー!!
富士山!!


席で露出を変え、初めて使う連写の練習もした。


でも、見えなくなった。

富士山…

トンネルいっぱい…

富士山…、この向こうにいるんだよねぇ…?







デッキにいる私に車掌さんが気づき、
「もうすぐですよ」
と通過時刻の書いた紙と腕時計を見ながら、
「3つ目のトンネルを抜けたらですね」
と教えてくれた。

それからまた、
「このトンネルを抜けたらですよ。
2,3日前に雪が降ったし、天気もいいから綺麗ですよ」
と声をかけてくれた。


そして、トンネルを抜けると富士山!!

でかい!

夢中でシャッターを切る。


富士山が右手に見えているという車内放送もかかる。








バシャバシャ撮る。

ピントが合っているのかどうかもわからない。

とにかく撮る。

どれか綺麗に撮れているんじゃないか、と願って撮る。


橋の柱、電線、いろんなものと富士山は写っていた。







そして、どんどん富士山は後方に見えるようになっていき、やがて見えなくなった。




ばいばーい!富士山ばいばーい!




ということを、私のカメラをいじっていたtamに六本木ヒルズで話し、私の富士山写真を見てもらった。
「一生懸命撮った感じがするね」
と言われた。

そうじゃろう、一生懸命がんばったよ。




帰りの新幹線は両方の窓側の席が予約でいっぱいだった。
また疲れからか乗るとすぐに爆睡してしまい、気が付いたらすでに名古屋に近かった。


こうして、私の富士山撮影は終わった。

富士山、でっかくて綺麗だったなぁ。

「ブラタモリ」を見てたので「あ、あそこが宝永火口じゃ!」とひとり盛り上がっていたよ。

また、撮らせてね。




■富士山撮影で参考させてもらったブログ

【撮影ガイド】新幹線の車内から富士山を撮る! ベストショットの撮り方:【日々の雑記帖】:So-netブログ




コメント