得意料理は「お味噌汁」ということにしている / 味噌汁の具 Advent Calender参加



味噌汁の具Advent Calender16日目を担当するKyrieです。


*  *  *  *  *


得意料理を聞かれると「お味噌汁」と答える ことにしている。

実際は得意でもなんでもなくて、なにが得意なのかよくわかっていない。
ただ、私の料理歴の中でダントツに回数を作っているのが味噌汁なので、他のものよりうまいのではないか、と考えている。





私が高校生の頃、夏休みなど長期の休みになると、ほぼ毎日のように味噌汁を作っていた。

自営業をしていた両親が、いつもは母のお弁当を持っていくのだが、
車で7分の距離のせいか、このときは自宅に昼食を食べに帰ってきた。

職場はくつろげる場所もなく、父はほっとできる場所と時間がほしかったのかもしれないし、忙しい母はお弁当づくりから解放されたかったのかもしれない。


私は生まれも育ちも広島で、母も広島の東出身のため、出汁はいりこで取る。
いりことは煮干しのことだ。
たまに標準語だと思っていたら、広島弁じゃったりするので書いてみた。

いりこは頭や内臓を取るというしごをしておけば(この場合、下処理をする、の意。広島弁)、味に雑味がないらしいが、そのまんま丸ごと使う。
気がついたら水にかしておく(つけておく)が、そうでなかったら、鍋に水といりこを入れてぐらぐらと沸かす。

その間に、味噌汁の具を切る。
うちの味噌汁は具だくさん。
父はそれを嫌っていたが、母は「身が少ないと食べた気がしない」と決して変えることをしなかった。

私が好きなのはじゃがたま味噌汁だ。
じゃがいもと玉ねぎがメイン。
それにデフォルトの油揚げ、えのき茸、ワカメ、豆腐も切る。


湯が沸騰して、しばらくしてからいりこを取り出し、具を入れて火が通るまで煮る。


じゃがいもに箸が通るようになったら、味噌を入れる。
優しい味の麦味噌だ。
キリリとした味の味噌汁が好きな人には物足りないかもしれない。

これは母の育った味で、この味噌じゃないと満足しなくなり、あるときから取り寄せるようになった。


私もひとり暮らしをしていたときは、スーパーで適当にお味噌を買っていたが、
母が「寂しいじゃろう?」とうちの味噌を持たせてくれたことがあった。

なじみの味噌で作る味噌汁は、やっぱり懐かしく、身体に沁みた。



最後に豆腐を入れ火を止め、食べるときに葱を入れる。



これを夏の午前11時半くらいから作っていた。

弟はそんなごはんの準備をしなくてもいいのに、なんで私だけ!
と悪態をつきながらお味噌汁を作っていたが、
あとにも先にも、こんなにお味噌汁を作ったことはない。


だから、私の得意料理は「お味噌汁」ということにしている。





*  *  *  *  *

■キリエの前のお味噌汁

「味噌汁」素晴らしき日本の文化、大したことは語りません!好きなだけ♪#味噌汁の具Adventcalendar2015: まったり気ままに!

私の旅人魂とサバイバル魂にすっかり巻き込まれてしまったひろたつさん(@hiro1030yukino)に、どさくさに紛れてTwitterでお誘いしたところ、味噌汁についてブログ記事を書いていただきました。
ありがとうございました。
えー、私はこれからもこんな感じでガラパゴスブロガーとしてのっそりと安芸の国で生息していくと思います。よろしくお願いします。


■キリエの次のお味噌汁(予定)

桃色と灰色のしましま

うーとさん(@utodisney)によるお味噌汁です。
うーとさんのプロフィールのサムネイルの「思わぬ急展開!どうなる次週!」「次週『爬虫類はともだち』は作者取材のため休載です」の続きが気になって気になって仕方ありません。
早く取材から帰ってきて~!!

※(予定)となっているのはAdvent Calenderでは、私とうーとさんの間に2日空いているからです。
 もし、17、18日に味噌汁の具について書く方がいらっしゃいましたら、キリエ(@sala_ky)までご一報ください。こちらでご紹介します。





■追記(2015.12.26.)

よっしーさんのまとめ

今晩の「味噌汁の具」の参考になりすぎる!「味噌汁の具 Advent Calendar 2015 」まとめ!






コメント