ひろしま・ドイツ・クリスマスマーケットでグリューヴァインを飲む




1度、ヨーロッパのクリスマス・マーケットに行ってみたいと思う。

私の中のクリスマスは、恋人たちのもの、というより、もっと宗教的で家族的なイメージだ。


家族でマーケットに行き、今年の飾りを買い(毎年1つずつ飾りを買いそろえていくのも素敵)、
熱々の飲み物を飲み、行きかう人たちの幸せそうな顔をながめ、聖歌の合唱を聞く。

というのが、私の妄想。


広島で小さなクリスマス・マーケットが開催されるというので、行ってみた。
私の妄想とは違ったけど、熱々のグリューヴァインを飲んだ。

いわゆるホットワイン。
グリューとは「赤々と燃えて熱を帯びる」 、ヴァインは「ワイン」というドイツ語で、
赤ワインにスパイスや砂糖を入れ、加熱してあるので、飲んだら甘酒のように身体の内側からぽかぽかになる。


グラスがデジポット制で、よい。
灯り始めたライトにヴァインを透かし、香りをかぐ。

綺麗。


私の好きな讃美歌は「さやかに星はきらめき」。



 

コメント