ただ明るいというだけで




うちの裏の空き地に家が建てられ始めた。

まず基礎を作り、地面を掘っていろいろな管を地下に仕込み始めた。



しばらくそれで放置してあったが、あるとき一気に足場が組まれ、ブルーシートで覆われ、棟上げがされたようで逆光になるとシートの中の屋根のシルエットが見えた。

うちのぎりぎりに足場が組まれいるので、その圧迫感もさることながら、
そっちの側の窓からはお日さまの光がほとんど入ってこなくなった。

それまではたっぷりとして日の光が入り、日暮れまで電気をつけることは必要なかったのに。

その影の威力と圧迫感とで、私と家族は想像以上にダメージを受けた。
ことにもショックをうけている。


ただ明るいというだけで、どれだけ気分が救われてきたのか、思い知らされた気分だった。


新しい家が建っているほうの窓がすべて覆われるのではないし、
足場とブルーシートが撤去されればもう少しは圧迫感も軽減するのかしら、と考えながらもう帰って来ないお日さまの光を思い出し、やっぱり溜息をつく。






コメント