改行の快感




「読みやすいブログの書き方」は、
「ブログでPVを伸ばす」といったテーマの中では、割とよく語られるものだと思う。


本ではなく、
スマホで読まれることも視野に入れ、
短時間でも読みやすくするための、
ブログ独特の書き方がある。
という趣旨のものだ。




その中で「改行」も取り上げられることがある。
あまりにずらずらと長く一文が長かったり、
いくつもの文章が改行なしで綴られていると読む気がしなくなる、とか。


私はそんなことを考えずに書いて、改行している。


改行のタイミングは、
「自分が気持ちいいかどうか」
による。

行間が狭く、改行も少なく、ぎゅうぎゅうに詰まった文章を見ただけで、
「うへぇ」
となって、本を閉じてしまうことがある。

これで挫折して「百年の孤独」も読めなかった。
ほかにも要因があるけれど。


自分が好きな行間や一行の長さってあると思う。
本でも、
ブログでも。



ただ、私の改行はある人たちにはイラっとするようで、
メールを出したときに、
「あまり頻繁に改行するな」
と言われたこともある。

また、ライターをやっているNotebookersというサイトで文章を投稿したとき、
ライターの駆け出しの頃はまず、管理人のチェックが入るのだが、
私の文章の改行がいくつかなくなっていて、
私にしては右に長い文章が並んでいたこともあった。

すぐに、「サイトへの投稿になれたもの」として管理人のチェックは入らなくなったのだけど。



詩人と言われようと、
ある人たちをイラっとさせようと、
私は自分のブログでは、自分の気持ちよさで改行をしていくと思う。

私がずらずらと右に文章を長くしたければ、改行の回数も減るし、
もっと短くしたければ、改行はますます回数を増すだろう。


読者ではなく、「自分の心地よさ」を優先させるのは、
自分が、自分のブログの一番の読者だと思っている節があるからだ。



確かに「読まれるブログ」への工夫として、
「多くの人がとっつきやすい改行のタイミング」というものがあると思う。

それを自分のブログに取り入れるかどうかは、ブログの管理人次第だ。


そういうのもブログの個性だと思う。


私の別のブログにも書いたけれど、
「読まれるブログの作り方のノウハウ」が拡散しすぎて、
多くのブログが同じような印象になってきたなぁ、と思う。


あるときからブログがとてもつまらなくなった - 世界の涯てでお茶を飲む


自分のブログだもん、
自分の好きなようにしたいし、
好きなようにやっていくよ!


あなたのことばで、
あなたの感性で、
書かれたブログを読ませてね。






■この記事を書くきっかけについて

この記事を書くことになったのは、
ラ・ニョイさんの「趣深い.com」の記事から。


読みづらくて腹が立つブログのデザイン(コンテンツ幅、余白、フォント、段落)を考えてみる。



この中の、改行についての項のツッコミ

お前は詩人か!

というのに、噴き出した。

だって、書かれている通りだもの。



なので、こうツイートした。



そうしたら、こんなお返事が来た。




いやぁ…
反論もないし…

言いえて妙だったので、
「いや、まさにその通りでございます」
なんじゃけど…

一部の人には、ウケが悪いのも知っているけど、止める気は今のところないし…

そして、私は「このまま、詩人でい続けよう。どうせ詩人なら、旅して歩く吟遊詩人がいいなぁ。ふらふらするんだ。うっとり…!」と心に決めたわけだけど。

そこからTwitterでのやり取りがあり、
「私のあまり面白くもない改行の思い出」について書くこととなった。




ちなみにラ・ニョイさんのブログの魅力は「コケの観察日記」にあると思う。

コケを育てようとしているけれど、どんどん茶色く、そして一部は白くなっていくコケ。
写真を見ていて、ドキドキする。

「水分が多すぎるんじゃないか?」
「もっと日光に当てたほうがいいんんじゃないか?」
「なんで白くなるんじゃろう?」
と心配とおせっかいとで、

コケ 白い 原因

という単語でネット検索をかけたら、
舌が真っ白になる「舌苔」が画像つきで多数ヒットして
「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」
となってしまったので、もうおせっかいは焼くまい、と思った。




最近のコケ日記の、私のお気に入りはこちら。


コケ観察の大記録92日目~ノマドなコケの引っ越し



1枚目のコケの写真がなぜか好き。
これ、いいんだ!



「なんだ、コケの観察日記かよ。つまんねー!」と気を抜いて読んでいると、
それだけじゃない深い世界に鋭くツッコんでいる記事もあるので、気を付けたほうがいい。

と、最近悟った。









コメント