革の小物入れを集中して縫った



手づくりフェアのワークショップで、革の小物入れを作った。


材料はすでに切られていた3枚の革のパーツを縫い合わせるだけ。
穴も事前に開けてあった。

ただそれだけなのに、慣れないので、やたらと集中して縫った。




先生は60歳から革細工を始めた、という男性だった。

縫い始めは先生がしてくださるが、そのあとは自分で言われたとおりに縫う。
しかし、縫い目ががたがた。

それでもとても面白かった。
自分でもやってみたいな。
縫い目をきっちりして、職人さんのように美しく縫いたい。



翌日に使うつもりで作り、さっそく小銭を入れて使った。

そのあとは、革で細工したパーツのついてキーホルダーとストール留めを見せるために入れていった。

柔らかくしなやかな革の小物入れは使い心地がよかった。
満足。








コメント