自分の王様は自分



ものごとを決めたり、選択するとき、

「自分の王様は自分」

ということばは、私の中心にある。



いつ頃からこのことばが中心に存在し始めたのか、あまりよく覚えていないが、
それを持つきっかけは覚えているような気がする。


元々、自分の中にはなかったことばだ。

思い当たるのはふたつ。



一つは、「NATURAL」(成田美名子、白泉社)。

NATURAL (第1巻) (白泉社文庫)
成田 美名子
白泉社
売り上げランキング: 259,165


主人公山王丸ミゲールのバスケ部のチームメイトJRのことば。

幼馴染のアリーシャからちょっと迫られ、
だからといってそんなにあっさりいただきません、とお断り。

「ふつう」はどうでもいい
おれの主(あるじ)はおれ様だ
自分の掟に従う
J
Rは自信たっぷりにこう言った。




もう一つは、多分、「ほぼ日刊イトイ新聞の本」(糸井重里、講談社)だったと思う。
今、確認が取れないけど。

糸井さんがコピーライターの仕事に疑問を持ち、
また仕事が減っていく中、自分は次に何をしたらいいのか悩み、考え、
今ではいろんな意味で注目を集めるネットサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を始めるまでと、
始めた直後のことが書かれている。

この中で、収入がなくて自信が持てない。
自分が一つの会社で、自分が稼ぐ社長じゃないと自信が持てない。

という感じの内容の文言が出てきた、と記憶している。

これは後日調べて、この部分を書き直す。




私はスペイン巡礼に行くために仕事を辞めた。
他にも理由はあったけど。

その後、ほぼ2年、仕事をしない時期があった。

就職しようにも不景気だし、
結構いい年だし、
そしてなにより、自分が何がしたいかわからなかった。

それを相談したいけれど、
ハローワークでは業種を絞ったところからの相談しか受け付けていなかった。


仕事に縛られない自由人として、つつましくも楽しく生活できるものだと思ってた。
でも現実は違った。

減っていく貯金。
仕事を持っていないことでの自信喪失。
そこから派生する人との接触拒否。
運動不足で太っていく身体。
心配する家族。


居場所がなかった。

私は毎日のように図書館に行っていた。


こんな中の糸井さんのことばは重く響いた。

初めて買ったほぼ日手帳か何かに書き留めたような気がする。




また、別のことで私は居場所がなく、いらついたり疲弊したりしていた。
父の介護のことだ。
母がメインでやっているが、
元々ソリが合わない父のその頑固さや暴言に、
母は、私が父に暴力をふるうのではないか、と心配したほどだった。



そんな中から、私は

「自分の王様は自分」

ということばを持つようになったと思う。

こんな状況だけど、私はいつも自分で決定し、自分で責任を持って生きていこう、と、
そういう意味もあった。



同じ頃、私はスイスと日本での遠距離恋愛をしていた。
彼は私のことをとても愛し、私も愛していたが、
国境のこともそうだけど、とにかく
「そんなんじゃ、私は未来が描けない!」
と不満を持つようになった。

そのことについては二人で話し合ったが、
未来のことを言う私に彼は
「僕たちは“今”を生きているんだよ、キリエ。
未来じゃなくて今を見るんだ」
と言うばかりだった。

彼の言いたいこともわかる。

でも15歳以上も離れていること、
物理的距離も離れていること、
未来が描けない不安、
そして、私は人生2度目の「君のことは愛している。でも君とは結婚をしようとは思わない」を言われている。

こんな、
不安で、
自信がなくて、
ちっとも魅力的じゃない自分なんていやだ!!


そして、私は自分で自分の道を歩くことを決める。

もう、待たない。

自分の王様は自分。
自分のことは自分で決める。



余談だけど、次の恋愛で私は3回目の「君のことは愛してる。でも君とは結婚するつもりはない」を言われることになる。

ほんと、あたしの女性としての自信は粉々に砕け散ったわ。
そして、今も修復不能。
どうしていいかわからない。
答えやアドバイスを知っている人は教えてほしい。

付け加えておくと、3人ともその人の性格やそれまで歩んできた人生を知ると、
そんなことを言ったのは頭では理解できる。
「私だから」ではなく、「結婚というものをしない。したくない」ということも。




「王様」ということばを使ったのには、意味がある。

私の中で「王様」というのは「わがまま」なのだ。

「ぼくは王さま」(寺村輝夫、理論社)の王さまのイメージ。


ぼくは王さま (フォア文庫 (A008))
寺村 輝夫
理論社
売り上げランキング: 201,457


勉強は嫌いで、遊ぶのが好きで、卵が好きで、いつも大臣を困らせている王さま。


そんなふうにわたままが言いたい。

私はなにかあると、我慢してそれを言わない。
あるいは素直になれなくて(どうやって素直になっていいかわからなくて)言えない。


今は多少上手になったので、甘えたりわがままも言うけど。

がんばるの、きらーい!
わがまま、いいたーい!

これ言うの、大好き!


そんなわがままでいるために。

「自分は王様でわがままし放題!言いたい放題!」


そんな意味を持たせた。





「自分の王様は自分」

なかなかいいと思う。


ねぇ、王様でいる?

従者になっていない?

王冠は頭の上に載ってるのよ。












コメント