1日中寝てた。起きたらエネルギーが溜まっていた。




思い返せば、8月31日が月曜日から始まった。
7、8月は「お仕事死闘編」と呼んでるくらいで、その最終日が月曜日だった。

9月に入り、それまで取れなかった休みを入れることもできたけれど、
いろいろなリズムを考えてそれをしなかった。



9月初めての週末はゲストをご案内した。
ホームのはずなのに、「一緒に旅をした」感じで、
お見送りをしたあと、私も「旅を終えた気分」になった。


11日金曜日を休みにしていた。
そして1日中寝ていた。

先週も今週も眠れなかった。
初めてお会いするゲストやご案内する場所や順番のことを考えると眠たくならなかった。

ご案内したあとは、やたらと興奮状態が続いていたのか、眠たくなくて、
夜中の2時3時に就寝していた。




こんなに寝ていたのは、咳が止まらず受診し、
もらった薬が効いて起きていられなかったときぶりだ。

今回は薬もなにもなく、とにかく身体が睡眠を欲して眠っていた。

睡眠の合間に本を読んだ。

ロバート・ハリスの「人生の100のリスト」だ。

こんなに長時間、本に集中できたのも久しぶりだ。
骨太でヒッピーな彼の文章は、私の中で最近、消えかかっているなにかに火をつけつつある。




夕方、ようやく起き上がり、出かける準備をした。

すっきりしていて、エネルギーに満ちていた。

ブログに書きたいことが幾つか浮かんだので、MDノートに書き込んだ。




出かけた帰りに中華丼を食べた。
今日は全体的にやたらともりもり食べた気がする。

自分の修復や復元が終わった感じがした。






コメント