広島をまどうてくれ!



2015年8月6日。
広島の平和記念公園で行われた平和記念式典。
代々の広島市長が平和宣言をする。


今年の松井一實市長の宣言の中に、被爆者の悲痛な叫びとして
「広島をまどうてくれ!」
ということばがあった。


私にはわかったが、ひっかかることがあったので、Twitterで広島弁の「まどう」の意味をツイートした。





もうちょっとことばを足すと、
壊してしまったものを元に戻す。元通りに直す。そこから弁償する。
という意味になる。



「『まどうてくれ』ゆーて、最近聞かんのう」
というのが、私の正直な感想だった。

そして、思い出すことがあった。


今から10年以上前だったと思う。
県外から来た人から、
「原爆詩集を買ったのだが、広島弁がわからないから教えてほしい」
と言われた。

その人が開いた詩集を読んで、私はうなった。

私にもわからん…


これは衝撃的なことだった。

広島におるのに、広島のことばがわからんようになりよる!


その人は私にもわからないと知るとあっさりと本を引っ込めたが、私に焦りが生じた。



私が使う広島弁はところどころ古いものがあったり、
たまにじーちゃんの使うちょっと荒いものもある。

それでもわからんかった。



だからどうした、かというと、特に何もせず、
今も「いたしい」じゃの「めげる」じゃの言いよる。


ことばも廃れ、記憶も薄まっていく。

被爆者の平均年齢が80歳を越えた。
広島では被爆者体験を語り継ぐ伝承者の育成が行われ、
「残す準備」をしている。


私は自分ができること。自分がしたいことをしていく。



やったからといってすごいわけでもなく、
やらなかったからといってだめなわけでもない。


ただ、こうやって今、ここにいて笑っていられることはなんて幸せなことなんだろう。
と、せわしい日々の中、噛みしめる時間を忘れないでいたい。



■参考

広島市 - 平和宣言【平成27年(2015年)】










コメント