冒険しててもお茶は飲む



友達が冒険に出かけることを決めた。

詳しいことは知らないが、あれこれあったことだと思う。

かけるうまいことばは見つからないが、
うまいコーヒーとゆったりした場所は贈れると思い立ち、そうすることにした。




もうすぐ、旅立ちの日がやってくる。

私ができるのは、その冒険を日本から眺めているだけ。

きっと彼のことだから、遠いかの地からたまに葉書でも来ることだろう。

それを待つこと、受け取ることも私のポジション。



冒険をしていても、お茶を飲む余裕はほしい。

きつきつのなにかをしているのなら、なおさら。

目の前のことばかりでなく、肩の力を抜いたり、たまに振り返って、自分のきた道を見るのもいいだろう。
お茶を飲みながら。






コメント