絵はがき買った



メールでやり取りをすることが多くなり、
かつて自称「筆まめ」だった私も、すっかり手紙を書かなくなった。

それでもカミーノの師匠とは週に1回のペースではがきのやり取りをしていた。



モノをたくさん所有することがつらくなって、手放すようになってどれくらい経つだろう。

「捨てる」ではなく、「使い切る」ということでも手放すことにしているが、
絵はがきも大量に持っていた。

また亡くなった祖父母や父のモノを整理したとき、
そういう類のものは「キリちゃんが好きだから」と私のところに集まってきた。

私は切手も絵はがきも買うのを止めた。

ただ、スペイン巡礼とスイスに行った時だけは、その縛りを解いて、
思う存分、はがきを買った。



ようやく、手持ちのはがきが少なくなり、
季節や相手を選ぶようなはがきばかりになってきたので、
最近、また絵はがきを買うようになった。

素敵な展覧会に行ったり、
好みの雑貨屋に行ったり、
旅に出かけたりしたときに、1~2枚、
「好みのものがあったときだけ」買うようにしている。


先日、バムとケロに会いにいったとき、素敵な雑貨屋さんに入った。

そこで、地図の絵はがきを見つけた。

妙に地図を見ると興奮するので、ノリノリしながらそこにあった全種類を買った。

「ヨーロッパに行ってないなぁ」
としみじみ思いながら、それらをながめた。

今の自分なら、どんな旅にするだろう?
もう、スペイン巡礼のしょっぱなのように緊張感からレストランに入れない、なんてことはないだろうな。
図太く?図々しく?それとも、逞しく?なっているもん。




カミーノの師匠は、再びスペイン巡礼に旅立った。
きっと道の途中から、何枚か絵はがきをくれるだろう。

そんな彼のことも思いながら、私はきっと主のいない部屋にはがきを出すだろう。










コメント