「どんな音楽を聴くの?」「うーん、タクロク系かな」





初対面やあまりよく知らない人と話をするとき、
好きなものを聞くのはよくあることですが、
「どんな音楽を聴くの?」
という質問には、いつも困ってしまいます。




というのも、最近「流行ってる曲」を聴かないので、
どうやって説明したらいいのか、悩みます。


私が最近聴いているのは、
「趣味で音楽を作っていてそれをネットで発表している人の作品」です。

これをコンパクトにさらりと、でもカッコよく伝えるにはどうしたらいいですかねぇ?

同様にボカロ曲の説明もとても難しいことがあります。



先日、その「音楽を作っていてそれをネットで発表している人」ラジオを聴いていると、
そういうのって「宅録」というらしいのです。

非音楽&ユル系ラジオ『タマキカズマのアイドンケァ』第3回 (note.muへのリンクです)

ナルホド!
「宅録系」って言っちゃえばいいんじゃない?

よし、これからは「タクロク系」って答えることにします。
あまり知られていないみたいだから、みんなも使ってね!



■キリエの好きなタクロク系ミュージシャン

せっかくなので私がよく聴くタクロク系の方を3人、ご紹介します。


◆kazma tamaki  (Twitter @kazma_tamaki)





かわいい曲、爽やかな曲、セクシーな曲、と多岐に渡っています。
イギリスの香りがする、という噂。
ハードな曲も多いですが、びっくりするほどぴゅあぴゅあで、
私はいつも「kazmaさんは高校生なんじゃないか?!」と思ってしまいます。
一見、ではなく一聴「エロソング」に聞こえてホントのところのぴゅあぴゅあ具合にキュンキュンしてしまいます。

この「Wonder Wonder」は、「キリエの夏2015」のテーマソングに勝手に決定いたしました。

これを聴きながら、白いリュックしょってカメラとノートブックを持って冒険する、って
めっちゃワクワクします。



◆arz-ART THEATER- (Twitter @arzdigdig)





テクノのぴこぴこする音が気持ちいい曲たち。
歌詞がない分、自分の身体や心を音に任せて流れていくと、すんごく気持ちいいです。
ブログを書くときのBGMにも聴きます。
夜に聴くことが多いかなぁ。
一番好きな曲は、夜のドライブで聴きたいです。
夜風に吹かれながら聴くと、すっごく気持ちよさそう!




◆yosuke kuroki (Twitter @yosuke_kuroki)





「大人のカッコいい昭和」の香りが素敵!
スーツじゃなくて「背広」。そして中折れ帽。
怪しい謎があって解けそうだけど、肝心のところがわからずに解けずに迷宮入り。
そんな香りって、最近そうそうありませんからね。
とても男くさいダンディ、そしてコミカルなところが好き。








コメント