右には日記左にはアイディア / 私のノートブックの使い方




日記でもなく、
日誌でもなく、
なんでも書く雑記帳のような、
日記のような、
そんなノートブックや手帳を1冊持っています。



その日にあったできごとや、
感じたこと、考えたこと、メモなどを、
これまでは最初のページから編年体で、
「あった順に」書いていました。


去年、モレスキン ラージを使い始めた頃から左右のページを分けて使うようになり、
モレスキン ポケットを経て、
MDノート(新書判)を使い始め、使い方が確立してきたので、
記録として、ここに書いておこうと思います。



◇右ページ

これまで私がずっとノートブックにメインで書いていた、
「日記のようなもの」
を書いています。

基本は青いインクで書いています。


◇左ページ

右ページの補佐としてのページにすることにしました。

あとから書き加えたくなったこと。
チケットの半券。
プリントアウトした小さな写真。

こういったことを書いたり、貼ったりしています。


また、あれこれわいてでるアイディアを書きつけたり、
ネットなどで気になったことをメモしたりします。

例)マスキングテープと相性のよい油性ペン


基本は山葡萄インクで書いています。




左右のページの色をはっきり分けたことで、
より「中身の性質の違うページ」がぱっと見でわかるようになったような気がします。





ちなみに左のページはプライベートの予定を組んだり、
3行日誌を書いたりしている手帳が狭くて窮屈でどうやって使っていったらいいか、
考えているものです。





コメント