2015-02-28

#広島モレミ2 を終えて





一体なんだったんだろう。

手元に残るおすそ分けでもらったマステや、
自分で作ったひつじ年にちなんだ広島モレミ2のシール、
NOLTYの手帳をながめたり、なでまわしたりして、ぼぉーっとしてた。


広島モレミ2が終わってからの2~3日は、
参加者のレポートや写真が飛び交っていて、
まだ「余韻に浸る」というよりは、
「モレミの延長線上」という感じだったけど、
その騒ぎも終わってふぅっと息をつくと、
なんだか夢まぼろしな時間だったような気がする。



ノートブック愛、手帳愛にあてられたのか。
自分が言いだしっぺで舞い上がっていたのか。


この記事ももっと早く書こうと思っていたのだけれど、
ものすごくぼぉーっとしてしまって、
まったく集中できなかったので、
1週間経った今、書いている。


なんだか、まだ信じられない感じなんだ。

すごい、なんだこの感覚。

まだ熱が下がらずにうなされていてぼーっとしている感じだ。

この強烈な感覚、久しぶりかも。





モレスキン・ラージに大切にもらったマステを貼りながら、
書きつけてはいるものの、
やっぱりまだ信じられない。


もっと時間が経てば、熱もひいて、この状態が客観的に見られるかな。

でも、それも惜しいような気がする。

もうちょっとこの熱にうなされたままでいたい。










   

2015-02-27

スタバのカジュアル・コーヒーセミナー #starbucks



キャラメリーSAKURAチョコレートフラペチーノを飲んでいると、
お客さんにカジュアルなコーヒー・セミナーのお誘い声かけをしていらっしゃる店員さんがいらっしゃいました。

好奇心にかられて、私ものこのことついていくことにしました。


どうぞどうぞ、と参加してみるとみなさんスタバの常連さんで、
私のように気になるフラペチーノだけを狙って年に2~3度スタバに訪れるような方はいらっしゃらず、
思いっきりアウェイ感満載でしたが、真面目にセミナーを受けてきました。



まずは「本日のコーヒー」でも提供されている、
3つの地域のコーヒー豆がブレンドされた「3 REGION BLEND」と
スタバの10周年記念に発売され、また取り扱われている「TRIBUTE BLEND」を試飲しました。

コーヒーもワインのように香りをかぎ、
啜るように飲んで口の中で転がし、
そのあと、味や印象を素敵なことばで表現します。

店員さんの説明を受けて、
「軽く」
「ハーブのような」
ということばを聞いて飲んでみると、その通りなのです。

奥深いとは聞いていましたが、これはなかなか。



3 REGION BLENDは軽く、ハーブのような香り。

TRIBUTE BLENDは重く、苦味が強く、酸味も強かったです。


自宅でも気軽に「おうちカフェ」で楽しめるように、
ここでミルクフォーマーで泡だてたミルクを入れてみたり、
ヘーゼルナッツシロップを入れたりしました。

ストレートだと飲みにくかった癖のあるTRIBUTE BLENDがすごく奥ゆきのある味わいになりました。








そして、ハニーオレンジケーキやフルーツクランブルケーキという
酸味がアクセントで甘い部分も含むケーキととても合うのです。

これは驚きでした。




親しく店員さんとお話ができるので、
ブラックエプロンの店員さんのお話をお聞きしたり、
グリーンエプロンさんとブラックエプロンさんのお給料の違いなどツッコんだ質問をしたりすることもできました。




もっとコーヒーに詳しくなりたい人には有料のコーヒーセミナーが薦められました。
知識や技が格段上になりそうで、これはコーヒー好きの方は参加すると、
ますますコーヒーの世界が魅力的になるだろうなぁ、と思いました。


また、ホットでもアイスでもミルクをふわっふわにできるミルクフォーマーは強くおすすめされました。
カップは耐熱性なので、レンチンしたあと泡だてることができるそうです。
価格もスタバグッズにしては良心的で、プレゼントにも最適だとか。

マイルドになったミルクはより甘く感じられました。

眠れない夜の泡あわホットミルクもいいのだと教えてもらいました。


おうちカフェを楽しむ人にプレゼントするのもいいなぁ。



濃厚な30分はあっと言う間でした。

最近、こんなに感覚を研ぎ澄まして食べたり飲んだりしていなかったので、
それもまた楽しい時間でした。




スタバに入ると私はいつも緊張します。
注文でどきどきしちゃって。

でも店員さんもフレンドリーだし、
カスタマイズがわからなかったら声をかけてください、とおっしゃってくださったので、
いつか「こんなのが飲みたいんだけど」と相談してみようと思いました。









   

2015-02-26

山葡萄と神戸ボルドー 




左の日付がPILOTの色彩雫「山葡萄」。

右の縦書き文字がナガサワ文具のKobe INK物語「神戸ボルドー」。


両方とも赤紫色の万年筆のインク。

先日の広島モレミ2で試し書きしさせてもらったもの。


山葡萄のほうが瑞々しい感じ。

神戸ボルドーのほうが熟成された感じ。



あなたの好みはどちら?


そして、モンブランのボルドーってどんな感じなのかしら?

三色並べて書いてみたい。







   

2015-02-22

[レポート] 第2回広島モレスキンミーティング(写真多め) #広島モレミ2




興奮冷めやらぬうちに書いておきます、広島モレミ2のこと。




開催が近づいた頃、私は頭痛発熱など体調を崩し、
妙な悪寒がして
「まさかの今冬2度目のインフルエンザ?!」
と疑惑を持ってしまい、
前日に病院に駆け込んでいました。

もう、ひやひやした!!











当日、目印の手帳タワーを作っていました。
随分おとなしめ。



参加者は私を含めて6名。
うち広島県外から3名。
そしてNotebookersのライター4名。

なかなかのメンバー構成です。









みんな初対面でちょっと遠慮気味に自分のノートブックや手帳を取り出していました。


が、「鬼が島への招待状」のきびだんご、一時期話題になった「面白い恋人」の登場で、
場が和やかに。



それからノートブックがぐるぐる回り、
マステのおすそわけがあり、
色彩雫のちゅーちゅー吸いがあり、
万年筆の試し書きがあり。
(初めて金のニブで文字を書きました。やおい!やおい書き味じゃった!!)



元々、私は自分をオープンにしにくいたちで、
ここでもわりかし閉じていました。
今になって、もっとノートブックを見てもらってもよかったなぁ。
MOON PLANNERの書いていないページをよく見せてもらえばよかったなぁ。
他の人のノートブックや手帳をもっと見たらよかったなぁ。
と思いました。

でもノートブックや手帳にまつわること。
そこから透けて見える「その人らしさ」。
そのおしゃべりが楽しくて仕方なかったんだもの。









ひとりがちょっと自分の筆記用具を披露していると、
「自分も!自分も!」となり、






「マッキーも!」
「ミッフィーも!」
と調子に乗り、ありったけの筆記用具を取り出して撮影する参加者。





そんなことをしていたら残り30分くらいになったので、
自分の手帳やノートブックにメッセージを書いてもらいました。
「寄せ書き」って楽しいね!
これもそれぞれの個性があってよしよし。








「じゃあ、最後に手帳タワーを作ろう!」
ということになったのですが、誰も計算をあまりせず
「まだあるぞ、どんどん盛るぞ!」
と重ねた結果、










数人で押さえていなければ危険なタワー完成。

代わりばんこに撮影。





こうして、とりあえず広島モレミ2は終わったのでした。


緊張していた私がどんなことを感じて考えていたかは、
Notebookersにレポートを投稿しました。


第2回広島モレスキンミーティング・レポート | Notebookers.jp



そのあと、なぜか愛媛のアンテナショップの前で記念撮影をし、



photo by カヅヤマモト(@kansuke_y)


お好み村でお好み焼きを食べ、
街なかの小さな文具店に行ってお好み焼きを食べたことを指摘され、
路面電車で宇品にある古い一軒家の雑貨屋に行き、








玄関前でネコのかぶりものをして写真に撮ってもらい、








クッピーラムネをもらい、
(あ、おけつにハートマーク!)









ネコが出てくる紙芝居を2つ見て、
スタバでモレミ2次会状態となり、
夕方、解散しました。



よーく遊んだわ!




「次回はいつですか?」
とも聞かれたのですが、私が新年度になってみないと身動きが取れない状態なので、
今のところわかりません。

ただ、これは「キリエのモレミ」じゃなくて、「みんなのモレミ」なので、
誰が言いだしっぺでもいいと思います。

同じ会場を利用するつもりならば、
私が知っていることをお伝えすることもできます。

また、誰かがまったくの新しい手帳オフ会を企画するのもいいと思います。


緊張していましたが、
ゆるゆると会は進み、
私が取り仕切って大きくなにかして負担が大きかった。ということはありませんでした。




あとは「モレスキン・ミーティング」という名称がどうかなぁ。ということ。

私はモレミに憧れていたので、
あえて「モレミ」を今回は使いましたが、
「ほぼ日ラヴァー」、「トラベラーズ・ノートラヴァー」だと
「モレスキン・ミーティングはちょっと…」
と抵抗感があったんじゃないかなぁ、と。

次回はざっくり「手帳オフ会」という名称にしてもいいかもしれませんね。

それは次を企画する人にお任せしましょう。

「MDノート・ミーティング、という名の手帳オフ会をします!」でもいいかも。





私は私の焚き火を焚いていられたかしら?

あたたかい飲み物をふるまえていたかしら?

そんなどきどきも胸に抱えて、しばらくは過ごそうと思います。



参加してくださった方、
情報を拡散してくださった方、
モレカウ、
たくさんの人たちにありがとう。


また会おうね、ベッドで。





■本日の注釈

ベッドで。

Notebookersの管理人・モレカウの口癖。最後につけることが多い。




■参加者の広島モレミ2レポート

復帰しました&広島モレミレポート。 | Notebookers.jp

ほかでもない、わたしについて #広島モレミ2 に行って来た。

広島モレミ2に参加して、ついでに広島観光を堪能しました | Notebookers.jp

初日、遠征 | Notebookers.jp






   

2015-02-20

#広島モレミ2 に持っていこうとしているもの




いよいよ明日になりました、第2回広島モレスキンミーティング、という名の手帳オフ会。
当日参加もOKですので、遊びにきてね!
Twitterでリプもらえると嬉しいです)



私が持っていこうと思うものをお知らせします。


■ノートブック、手帳
 ・歴代のモレスキン
 ・Hobonichi Planner 2014
 ・palpaperさんのA6サイズ・トモエリバー無地手製本ノート
 ・palpaperさんの試し書き用サンプル紙3種(万年筆にもぴったり。試してみてね!)

■万年筆
 ・Lamy Safari EF(山葡萄)
 ・PILOT cocoon F(紺碧)
 ・PILOT kakuno F(天色)
 いずれも試し書きOK(本来ならよろしくないのでしょうが、鉄ニブだしいいよね?)
 カッコ内は万年筆に入っているPILOTインキ「色彩雫」の名前。

■インクボトル
 ・山葡萄
 ・紺碧
 ・天色
 いずれもPILOTインキ色彩雫シリーズ。
 ペン先洗浄、空のコンバータなどインク補充可能状態の万年筆をお持ちの方は
 好みのインクをちゅーっと吸っていってね!

■マスキングテープ
 ・MOOMIN!展(2014)限定柄マステ
 柄は14種類。柄チェックはこちらから →
 おすそ分けしようと思います。
 ほしい方はまきまきできるものを持ってきてね!(クリアファイルでも大丈夫かなぁ?)

■ステッカー
 ・Notebookers公式ロゴステッカー
 ・広島モレミ2のシール(へぼへぼしてるけど…)


ざっくりこんな感じです。



会話のきっかけになるといいなぁ。





数日前から、謎の頭痛に昨夜恐怖の発熱がおこり、
いろいろ病気が渦巻いている環境にいるために
「まさか2度目のインフルか?!」
と緊張しながら病院で受診したら陰性でした。
わーい!

一時は
「主催者キリエ不在でモレミやる?どうする?」
とTwitterで言わなくちゃならないかとどきどきしちゃった!

いろいろ仕込んで明日は登場予定。

楽しみにしています。
よろしくね。



 
 



   

2015-02-18

mt SAKURA マスキングテープ




浮かれた春を過ごすために、
ピンクのものがほしくなりました。

スタバではSAKURAドリンクの提供が始まり、
どこか自分の中でもほんのりピンクです。


去年は買うのを止めたのですが、
今年はほしくなったのでサクラマステを買いました。

今は梅マステをばしばし使っていますが、
3月下旬からはサクラマステを使って浮かれた春を演出しようと思います。



   

2015-02-17

Moleskine 日付劇場 赤豆っぽく #moleskine #moleskinejp




なんとなしに描いたら、
花札のいのしし柄を思い出した。

よく言われているけど、
改めて眺めると、花札のデザインや色遣いは本当にカッコいい。


いのしし柄の中の植物は豆だと思っていたら萩だった。
びっくり!









   

梅つぼみ狩り2015




2月15日。広島の日本庭園・縮景園に梅狩りに行く。

望遠レンズも持った。
レンズフードも持った。
ちょっとお寝坊もしたけど、いつもより早起きした。
入口でスタンプも押した。
梅見茶会開催で和装の人もたくさんいた。








が、つぼみだらけ。

遠目では枝まみれ。

梅林での甘酒茶席は枝を見ながら甘酒をすすっている人多し。




がっくり。


今月は土曜日出勤が多く、
休みも取りにくかったので、
「梅の見頃は2月中旬」を信じて、ここにスケジュールを設定したのに、開花が遅れてるって。











また、なんとかして来る。

梅狩りをするんだ。
大好きな梅ちゃんのお花を撮るんだ。


だから、気高く咲いて待っててね。








   

2015-02-16

アメリシールがなんとか印刷できた2月9日 #moleskine




Instagramを見ていたら、日付をとても素敵に飾っていらっしゃる方がいらして、
真似は手が込み過ぎてできないけど、
私も盛っている。

適当に描いているけど、なんだか楽しい。


アメリシールは「第2回広島モレスキンミーティング」で配布予定。







   

キャラメリーさくらチョコレートフラペチーノ #starbucks




梅つぼみ狩りのあとはさくらへ。

販売初日だった2月15日に、
毎年恒例のスターバックスのSAKURAシリーズを飲みに行きました。


淡いピンクのふわふわした雰囲気がさくららしくてかわいらしい。

飲み口はほわほわしているのに、
ごっくんと飲みきった後、ふっと鼻に抜ける香りはまさしく桜餅!
桜餅健在です!

初めてSAKURAシリーズを飲んだとき、
その桜餅ぽさにびっくりしました。

年々、桜餅らしさは薄まっていますが、でもこれがなくちゃね!




年に数回しかスタバに行かないのですが、
初めてカップに名前を書いてもらいました。

商品渡し間違いを減らすためでもあるのでしょうが、
Instagramなどでカップに名前を書いてもらっているのがうらやましかったです。

でも、「カップに名前を書いてね!」と言うわけにもいかず、
ようやくこの日がやってきました。

嬉しいね、お名前書いてもらうと。



その前に寄ったハンズでも万年筆の名入れサービスを見かけて、
「持ち物に名前を入れるのって特別なんだなぁ」
とぼんやり感じていたところでした。


私は自分の名前が「だあああああい好き!」というほどでもないのですが、
それでも愛おしそうに呼ばれたことがあり、
そのことで自分でも自分の名前がだんだん好きになっているんだぁ。

ということをブログに書こうとしましたが、
過去の恋愛の惚気としか書けない感じがして、書かずにいました。

なんでもかんでも自分で愛を注がなくても、
誰かから愛を注がれて満ちていくこともあるし、
好きな人から名前を呼ばれるのは気持ちいいよね、とか、
いろいろ思うことがあるのですが、
ここでざっくり手短に言ってみました。




今回のSAKURAグッズは2回に分けて販売されるそうで、
私の好みは咲き始めの第一弾より、
満開の第二弾のほうです。

かわいいなぁ。

ほしいなぁ。



ん?
ホワイトデーがあるじゃない?








■本日のツッコミ







「あんたぁ、バレンタインにチョコを誰にもあげとらんじゃろうが」








   

2015-02-15

ゾウさんがいっぱい!/ Notebookersの公式ロゴステッカーをたくさん貼った




長年の夢のNotebookersの公式ロゴステッカーが印刷できたので、
嬉しくて嬉しくて震えながら、
手持ちのプライベートのモレスキンやスケジュール帳も
仕事用のスケジュール帳にもどんどん貼っていった。

にんまりしている。

その次に使うMDノートに貼るステッカーも決めたし、
その次に使うトモエリバー手製本ノートに貼るステッカーも決めた。

気が早い。



   

歩くのが楽しくなってsauconyのシューズを買った




髪を切りに行ってるはずなのに、
GRのカメラを薦められたり、
「たまごをまるごと食べることとは」と哲学したり、
美容師マリオとの会話は多岐に及んでいます。


去年、最後に髪を切ってもらったときは、
「キリエさんには『走る』っていいんじゃないか、と思っているんです」
と唐突に言われました。


ランニングとジョギングの違いもわからないし、
ちょびっとは関心はあるものの、
膝に故障しやすいところがあるので、「我流」で始めるには抵抗があるけど、
なにかのグループに所属するほど本気度がない。

という中途半端な状態でしたが、
あまりにマリオが熱心に勧めるので、
なにか動いてみよう、
としましたが、なにから始めたらいいのかわからず途方に暮れました。


Twitterで走ってらしてマラソンにも参加していらっしゃる方に不躾を承知でお聞きすると、
「歩くところから始めるのはどうでしょう」
とアドバイスを受けました。


ほぼ日でも走る前の準備として歩いていらしたし、
歩けない距離は走れない、とありました。


ほぼ日刊イトイ新聞 - 「ほぼ日」中年陸上部 マイナスからのランニング。






私はまずは歩くことにしました。

歩くことを意識したことはスペイン巡礼の準備であります。

休日、街なかに出るときにはそれまで公共交通機関や自転車を使っていたのに、徒歩にしました。

Ingressを始めたいたのも大きかったです。

だんだん、歩くのが楽しくなってきました。

(歩数計もほしい。おすすめも教えてほしい)




ふと気がつくと雨の日に滑りやすくなっていました。
靴底を見ると溝がなくてつるつるです。

私はスニーカーは大体1足をはきつぶすタイプです。

はきやすいし、走り回るし、自転車通勤なので仕事にはスニーカーをはくことが多いです。



買い替え時がやってきたようです。

これまではいていたNew Balanceと店員さんが薦めてくれたsauconyとで迷いました。

New Balanceは春の新作が並んでいて、デザインもかわいかったのです。

NIKEも好きなのですが、そのお店にあったのは蛍光色ばしばしで、
職場にはいていくにはちょっとマズい気がしたので止めました。

sauconyは知らないメーカーでした。
店頭にはsauconyを特集した雑誌の1ページが展示してありました。

試しにはいてみるととても軽くて、
なんというか「ふわっと包まれる感覚」が印象的でした。

その包まれる感じが忘れられなくて、sauconyにしました。




はいて長時間歩いてみると、
まだはき始めてそんなに経っていないのに、
すっかり足になじんでいる感覚にもびっくりしました。




しばらくこの
「初めてなのになじんでいて包まれる感覚」を楽しみながら、
歩いてみようと思います。



一旦は諦めたNew Balanceだけど、
靴としては同じものをはき続けるより、
こっちも買って交互にはいたほうがいいかしら?









   

2015-02-14

Happy Valentine! 2015




私はラムレーズンチョコが好き。

Rummyは売り切れてた。



Have a good day!









   

2015-02-13

[投稿]広島モレミの告知と広島モレミ2のステッカーも作ったよ #広島モレミ2 #Notebookers








ノートブック好きが集まるサイト・NOTEBOOKERSのライターは不定期で募集されます。
今後、あるのかどうかわかりませんが、
2015年の募集も終わり、ライターが総勢199人になりました。

NOTEBOOKERSのシンボルは「星を目印にしているゾウさん」。
背中に199のついた公式ロゴのデータの配布が始まり、
あずりあずりしながら(広島弁。苦戦しながら)、印刷をしたことを
広島モレミ2の告知とともにNOTEBOOKERSに投稿しました。

管理人のモレカウからも了承を得たので、広島モレミ2でもお配りします。
ほしい方は言ってください。

キリエの苦戦ぶりを読んでね!

第2回広島モレスキンミーティング(手帳オフ会)をします(ステッカー印刷成功しました) #広島モレミ2 | Notebookers.jp




さて、私はもう一つステッカーを作りました。
いや、もうシールなんだけど。
単に私が写した写真に「広島モレミ2」と文字が入っているだけなんだけど。

初めて写真に文字を入れたので、
なにをどうしたらいいのかわからず、
Goolgeセンセェに聞くところから始めました。

写真も極めてないので、加工したことがありません。

文字入れるだけでもこんなにあずるのね!

へなちょこシールですが、こちらもお配りします。
ちょっとしかないけど。



「モレミをやろう!」

と決めてから幾つか同時に考え始めましたが、
その中に
「お土産どうしよう?!」
というものもありました。

私が知っている手帳オフ会では、すんごい手の込んだお土産が用意されていました。


あんなにはできないなぁ。
まずは人が来るかどうかもわかんないし、
全部が「初めて!」じゃから、当日はパニックになっとるかもしれん。

というのが正直なところでした。


「じゃあ、なしでいこう」
と一旦は決めたのですが、なんかさぁ。

せっかく集まるんだしさぁ。

なにかこう、あとでノートブックや手帳を見返して
「そうそう、広島モレミに行ったなぁ」
とわかるものがあるといいなぁ。
自分もほしいし。
ちょっとした記憶に残るものがいいなぁ。


と、考えてシール作成に思い至ったわけです。



シールのへなちょこぶりは当日お楽しみください。






広島モレミ2は2月21日(土)10:00~12:00まで開催します。
申し込みは2月20日18:00を目処にしています。

遊びに来てね!


【お知らせ】第2回広島モレスキンミーティング(手帳オフ会)をやります #広島モレミ2 - Kyri*ate









   

2015-02-12

着物を着るのでうきうきしている。帯はどちらにしようかな。




仕事でとても短い時間だけど、着物を着ることになった。

去年は祖母が自分の着物を母のために染め直し、
そのまま譲り受けた梅の着物を着た。
しかし、私はゆきが長いし(首の後ろから手首までの長さ。要するに腕が長い)、
祖母や母よりちょっぴり背も高いので、
最後のあたりは着崩れてしまった。


今年はどんなものを着ようかと考えていたら、
着付けをしてくださる方が、
「とてもくだけた場所だし、
そんなに着物を着る機会もないから
着たい着物を着たらいいんじゃない?」
と言ってくださった。

私はすぐにまだ1度しか袖を通していない着物のことを思い出した。



嬉しい!
また、これを着る機会ができたなんて!











この着物と合わせてしつらえたのは1枚目の写真の帯。
オリエンタルでモダンで粋。

こういう、ちょっとくせの強いものがなんとなく似合うの、あたし。


2枚目の写真の帯は、他の着物に合わせてしつらえたもの。
季節にぴったりの梅の花が散っていて、シックで粋。




どちらの帯にしようか、これから家でも職場でもいろんな人とあーだこーだ言いながら決めていく。



どっちがいいと思う?













ちなみに長襦袢は金茶。

半襟は桜。











   

2015-02-09

年賀状お年玉くじ三等当選!ひつじ切手シート




年賀状は10枚ちょっとしかやり取りをしなかったのですが、
なんと切手シートが当たりました!

差出人は弟夫婦。

ありがとう。
あたいたち、今年もラッキーだよ!


右のひつじが「人面ひつじ」に見えて仕方ないのだけど、
どう見える?



   

ためめちゃん





たまに人から「ためめちゃん」だと言われる。

「ためめちゃんというのは、欽ちゃん(萩本欽一さん)くらいの人を言うのであって、
あたしは違うもん!」
と本人は自覚がないから困る。
なんだか理不尽な感じ。


でもお風呂上りに化粧水をぱたぱた顔に染み込ませているときに、
まじまじと鏡を見ると、
切れ長でもないし、
ネコ目でもないし、
目じりはすっとしているかと言えば、下がり気味なので
「やっぱりためめちゃんかなぁ」
と思う。

でも、納得はいっていない。











   

2015-02-08

Moleskine右下劇場 OYSTER HUNTER




この防具はひどい!
もっとなにかなかったのか、オレ!(笑)


数日後、モレスキンを見返したときに
「牡蠣型の狩猟笛にすればよかったんじゃないか」
と思いつきました。


   

2015-02-07

Moleskine劇場 もう1月がおわり…?!




ひつじのアメリが1月終了のお知らせに驚いていますが、
私にはやっぱり長い長い1月でした。

お雑煮食べて、さんタク見たのっていつのことだよ。







   

2015-02-06

榮久庵憲司デザイン 広島地区新型車両227系を1月に見かけた









2015年1月中旬。
日曜日ですが、私は研修のため広島駅にいました。
タッチの差で電車に1本乗り遅れ、
次の便まで20分近く待たなくてはなりませんでした。

駅に行く途中に立ち止まって写真を撮らなければ、乗れていたのかもしれません。
残念な気持ちでホームのトイレに行き、
出てきたところでカメラを持つ人が多いことに気づきました。









「あ。榮久庵さんだ!」

向かいのホームには、去年、広島県立美術館の「榮久庵憲司の世界展」で見た
新型車両が停まっていました。

カメラの人達はこの車両をばしばし撮っていました。

私も慌ててカメラを構えて撮りました。










「美術館のギャラリートークで説明してくださった学芸員の方のお話だと
春デビューだったはずなのになぁ」

と不思議に思いながら研修を済ませ、帰りの駅のホームで227系のポスターを見つけました。

やっぱり、3月デビューのようです。










中はこんな様子になっているみたい。

アストラムラインのデザイナーさんなので、雰囲気が似ていますね。





1月に本物の車両をホームで見られた、というのは
とってもラッキーだったんじゃないかな!

と、ほくほくしながら帰りました。


春になって、この車両に乗ったら、中を探検したいです。

楽しみ!








   

コワーキング・スペース Shake Hands へ見学に行きました(会場について) #広島モレミ2




私もオフ会を開催するのは初めてなので、
記録という意味と、
もし誰かが広島でオフ会やイベント、勉強会などを開催するときの手がかりなるかもしれない、という意味を込めて、
「第2回広島モレミが開催されるまで」をブログに書くことにしました。



「よし、広島でモレミをやろう!」
と自分の中で決めたのはいいのですが、
会場に心当たりがありませんでした。

私が読んだモレカウのモレミはスタバや居心地のよさそうなカフェなどで開催。
日本手帖の会の集まりは大々的で規模もまるで違う。


第1回目のモレミ(ただしひとり)は、
「モレカウやなんだか洒落た人たちはスタバでやってる!」
と思い、ひとりでスタバに行って
モレスキン・タワー(タワーっていうより丘のほうがしっくりくるかも)を作ったり、
モレスキナリーの「8つの質問」の答えをモレスキンに書いて遊んでいました。



第2回のモレミもスタバやこういう雰囲気のカフェにしようかと考えました。
街なかにあるし、
場所はオープンでわかりやすいほうが
「行ってみようかな」と思いやすいだろうし、
自分が飲食した分だけお支払いしたらいいし。

しかし午前中とはいえ週末に、
席の確保ができるとはどうやっても自信が持てませんでした。

私を入れて5人くらい集まればすごいことだ、と
根拠もなく考えていましたが、
私が知っているスタバは5人分の席をまとめて確保できる気がしません。

開始時間のすっごく前に行くこともできますが、
「カフェで席とり」ってなんとなくカッコよくない。


あとは2時間とはいえ、飲み物1杯で足りるかしら?という疑問。
スタバで飲み物を2杯飲んだら、結構お支払いが大変かもしれないなぁ。


そして、大好きな手帳やノートブックについて話すのですから、
盛り上がりそうですが、
周りにご迷惑をおかけしてはいけないなぁ。




そう考えてくるとカフェというのは適当な場所ではなさそうな気がしてきました。

そのとき、何度かイベントの会場に指定されていた場所を思い出しました。

それが、コワーキング・スペース Shake Hands でした。

そのイベントには体調不良のために欠席しましたが、
イベントレポートでは10人弱くらいの参加者でした。



サイトを見るとなんだか素敵な雰囲気です。

飲み物もフリードリンクだし、
ちょっとしたものも借りられそうです。


 そこで見学を申し込み、実際に行ってみました。



印象的だったのは、テーブルが全部木であるということ。
すごく落ち着いていて
「こ、こんなところで盛り上がって声高になってしまったらどうしましょう!!」
というくらい、しっとりしていました。

無線LANやフリーWiFiもあるし、
足元が寒いときにはひざかけもあるし、
トイレは清潔だし、
煙草は部屋の外の共有スペースで吸えるし(私は喫煙者ではないのですが)、
水飲み放題だし(笑)、
人数によってはテーブルをフレキシブルに組んで対応できるそうだし。


よし、決めた!


自分も実際に1時間強、過ごしてみました。
快適かいてき!

ちょっと椅子が高くて足が疲れましたが、
私の背と足ではどこでも足がたいません。
(たう → 広島弁。届く、の意。
 例:足がたわん → 足が届かない)



私は名前とメアドの登録をしたので、
「一般ドロップイン会員」となり、最初の2時間で500円でした。

登録に抵抗がある方は「非会員」として利用ができ、最初の2時間が600円です。

ひとりずつ、手続きをします。
ドロップイン会員はサイトから登録できるので、
もし広島モレミに参加される方は事前に申し込んでおかれると、
当日、スムーズかもしれません。


詳しくは Shake Hands のサイトをごらんください。





ちなみに10:00からオープンで、
モレミも10:00開始予定です。

最初の10~15分くらいは設営準備(というほどのことはしないけど)でわちゃわちゃしていると思います。

当日飛び込み参加
途中参加
途中退出
ありにしたいと思いますので、
ゆっくりといらしてください。

ご都合がつく方は、
2月20日18:00までにKyrieのTwitter(@sala_ky)をフォローの上、参加の旨をメンションで飛ばしてください。
準備のために先方に人数をお伝えします。



当日は目印にモレスキン・タワー…には届かないですが手帳タワーを作って目印にしようと思っています。
お待ちしています。


Kyrie



■第2回広島モレミのお知らせ


【お知らせ】第2回広島モレスキンミーティング(手帳オフ会)をやります #広島モレミ2 - Kyri*ate












   

2015-02-05

第2回広島モレスキンミーティング(手帳オフ会)の補足 #広島モレミ2




こんにちは、キリエです。

ここでは、「第2回広島モレスキンミーティング(通称『モレミ』)を開催するにあたり、
キリエとはどんな人なのか、
モレミを開催するまでのいきさつなどを書いていこうと思います。

長いです。



■自己紹介

Kyrie

まずは読めないと言われますが、「キリエ」と言います。

広島生まれ広島育ち。

好きなものはリュックとカメラとノートブック(あるいは手帳)。

常に書くものがあると安心します。
緊急入院して緊急手術をし、歩いてもいい許可が出ると、
病院の売店まで小さなノートブックとボールペンを買ったくらい。

ノートブック好きのサイト・Notebookers.JPのライターを2013年からしています。
あまり更新していませんが、2015年は去年よりかは更新しようと思っています。

○Notebookersでの自己紹介
 “わたくし”について | Notebookers.jp

ここでの自己紹介も、今とあまり変わりませんね。

広島弁のネイティヴ・スピーカーじゃけぇ、
実際に会うたときにゃあ、
ぶちこいい広島弁かもしれんけど、
怖くないようにしゃべるけぇ、安心しんさい。

(これだけども十分こわいと思う)

IngressはへなちょこA7。
最近はおさぼりをして、エージェント活動をしていません。

よろしくお願いします。




■ここまでのいきさつ

◆なぜ「モレミ」なのか。「手帳オフ会」でえぇじゃんか。

それまでノートブックのメーカーやブランドにはあまり興味がなかったのですが、
ほぼ日手帳を使うようになり、それと同時にモレスキンというノートブックの名前をよく聞くようになりました。

調べてみると、いろいろ癖のありそうなこのモレスキンに惚れこんでいる人がいらっしゃる!

それがNotebookersの管理人であり、通称・モレカウ(モレスキン・カウボーイ)ことタカヤさんでした。

彼がモレスキンにずぶずぶとはまっていく様子を読み、
「モレスキンが好きな人と会ってみよう」と始めた
「モレスキン・ミーティング」がとても楽しそうでした。

○私のモレカウ愛があふれる記事
モレカウとわたくし | Notebookers.jp

すぐに私も参加してみたい!と思いました。


しかし、広島ではモレミが開催された様子もなく、
手帳オフ会が開催されたことがあるのかどうかもわかりませんでした。

まずその前に、この時点では私はモレスキンを所持していませんでした。
おいおい。


それからずっと手帳オフ会に参加してみたいとも思っていましたが、
私が遠出することができなかったり、
仕事の都合などもあり、
結局、参加は今もしたことがありません。

今回、自分で手帳オフ会を開催しようと思いついたとき、
名称をどうしようか考えました。

「モレミ」だとモレスキン限定になりそうなので「手帳オフ会」でいいのではないか。

でも、どうしても「モレミ」への憧れがおさまりません。
手帳好きが集まること自体、
初めて知ったときには私にはなかなかの衝撃でした。

今でもモレカウのモレミにもし参加できたら…、と妄想するだけで震えそうです。

そこで「モレミ」にして「モレスキン限定じゃないからね!」と言うことにしました。

せっかく自分で開催するのだもの、自分が好きなものを盛り込んでいこう。
そう決めました。




◆なぜ「第2回」なのか。モレミは広島で開催されたことがないんじゃろう?

「ないけどある」と言いましょうか。

モレスキンミーティング(ただしひとり) in 広島(もちろん非公認) - Kyri*ate

2012年の夏の終わり。
ふらりと冷やかしで入った文房具店で10%だかオフになっていたモレスキンを見つけ、
うっかり買ってしまった私は、
うれしくて勢い余って、ひとりでモレミを開催しました。

開催、と言っても「モレスキンタイムをスタバでやった」だけなんですけどね。

これを第1回にカウントしたので、このたび第2回なのです。




◆なぜ手帳オフ会に参加したこともないのにモレミを開催するのか。大丈夫かいの。

去年(2014年)の春に会ったサカモとお話をしたとき、
彼はセミナーを開催しているのだと言いました。
もちろん専門の知識と技術・技量があってのセミナーですが、
「すごいなぁ!」と思ったので、そのままサカモに伝えました。

するとサカモはこともなげに言いました。
「場がなければ作ればいいんですよ」

そのときにはすでにモレミのことも考えていました。
サカモにちょっとそれを話し、でも不安だらけのことも言うと、
やっぱり彼は「やってみたらいいんです」と言いました。


そのときのやり取りは別れ際で、ほんの短いことでしたが、
いつまでも私の中に残っていました。

それが2015年になって、
「やっぱり人に実際に会ってお話したいなぁ」という思いが強くなってきました。

ネットで人と繋がれるけれど、やはりリアルに会うほうがいろいろ受け取るものも大きい。
そのぶん、困ったこともおこるけれど、どうしても「会って話す」ことが捨てきれない。

ではどんな人とどうやって会って話そうかな、と考えたときに
サカモとのやり取りとモレミのことが私の内側の奥底から現れました。

こういった経緯から、
手帳オフ会に参加したこともなく、
もっと言えば、オフ会というものにも参加したことがなく、
もちろん開催したこともないのに
「やってみよう!」と行動に移すことにしました。



日時や場所、
実際に来ていただいてからのこと、
参考にする体験が私にはありません。

なので、いろいろ困ったことが起きるかもしれません。

それでも今回やってみよう、と思ったのは、
ひとつは仕事でようやく自信が持てるようになり、その体験から
「もしかしたら複数の人が集まる場所を作れるかもしれない」ということ。
ふたつ目はモレカウだって手帳オフ会に参加したことがないのに開催したのではないか、ということでした。

なんだかよくわからない自信(?)と熱にうなされて
「まずはやってみよう」と決めました。





このような経緯です。

参加される方にはいろいろご協力をお願いすることもあると思います。

言いだしっぺは私ですが、その場はそこにいる人が作るものです。
一緒に楽しい時間が過ごせたらいいなぁ、と思っています。

モレカウの「ノートブックそのものより使っている人に関心がある」ということばは、
私の中で強く響いています。

ノートブックから始まるおしゃべりをしてみませんか?



参加ご希望の方は、この一つ前の記事をよくお読みになり、
Twitterから申し込みをしてください。



長々とした文章を読んでくださって、ありがとう。


Kyrie