まるで繭の中で冬眠しているみたい




去年の12月からブログ更新の頻度が一気に落ちた。

理由はなんとなくわかる。


「燃え尽きちゃった」ってこと。

11月まで、とにかくあれやこれや書きまくっていた。
旅行に行ったのも楽しくて、
イベントなどあちこち行って食べたのも楽しくて、
ブログ名のことで自分としては自分を深く掘り下げて潜っていき。

それをやり終えたら、真っ白になっていた。



ブログを書かなくなって不安になるかな、とちょっと思った。
けど、全然ならなかった。
ちょっとした解放感も味わった。
それが愉快だった。


「ねばらなない」から解放されたがっているので、
平気でいられて満足した。



「書きたくて書きたくてたまらない」
と思うまでこのままでいいと思う。

少しは「ブログ書きたいな」と思うようになってきた。

自分の中でなにかが蠢いているのを感じる。
でもまだ「これだ!」と思うものがないので、
見つかるまでゆるゆる繭の中にいようと思う。



お籠りするのも、いいな。
普段気にしない自分の息遣いにも注意が向くよ。










コメント