福岡の小さな文房具店 PLASE.STORE つくし店長は恥ずかしがり屋さん








なにがきっかけだったんでしょう。

とにかくInstagramでPLASE.STOREのことを知りました。
どうやら小さな文房具店のようで、
シャレた文房具の紹介の写真が並んでいます。

その中にミルクたっぷりのミルクティのような明るい茶色の毛をしたわんこちゃんの写真もたくさんありました。

フォローしてみるとわんこちゃんの名前は「つくし」。
そして店長さんだそうです!!


関心を持って検索してみると博多に近い場所!

あるとき、私の野望リストの中に脾臓の虫に会いに行くことと
この小さな文房具店でつくし店長に会いに行くことが加わりました。



そして、チャンス到来!!



ここは場所と営業日、時間をしっかり調べて行きました。





地下鉄は「別府」というところで下ります。
ここ、「べふ」って読むんだって!

城南区役所付近でちょっとヘンな人になりましたが、
最後はGoogle Mapを使って無事にたどりつきました。




こぢんまりしたお店は、光がたっぷり入って気持ちよかったです。
一番明るいところに、筆記用具の試し書きコーナーがありました。

店内にはInstagramで見たあのノートが、
あの筆記用具が、
あの手帳が、
うわぁぁぁぁぁ。

声を出すわけにもいかないので、
黙っていましたが、
結構な不審者だったと思います。







そして、つくし店長がいらっしゃるところも気がつきましたが、
店長、奥に引っ込んでいます。


人間の店長さんが話しかけてくださり、
前日から私がInstagramでコメントを入れていたので、
この日はつくし店長は出勤しなくてもよかったのに、
わざわざ出勤されたそうです。

つくし店長が入っている素敵なおうちは、
リュックタイプのキャリーで、
人間の店長さんが背負い、
つくし店長は顔を出して出勤してくるのです。

人間の店長さんのInstagramの「#今日のぴょっこり」は、
つくし店長がキャリーからぴょっこりお顔を出している写真で、
それはもうかわいいんだ!




人間の店長さんはつくし店長をえさで呼び出してくれました。

最初は渋っていましたが、
つくし店長は少しずつキャリーから出てきてえさを食べ、
そしてキャリーの入口そばに座りました。







こっち見てます。



一番最初の写真は、つくし店長が私をすっごく見ていた3枚目の写真です。


人間の店長さんが勧めてくれたので、なでてみました。
ふかふかで気持ちいいなぁ。


実は私、小さいときに犬に吠えられながら追いかけられたので、ちょっぴり苦手なのです。
いつも相手のわんこの様子をうかがっています。
このときも恐る恐るなでていました。

つくし店長はおとなしく、
私がいた間は1度も吠えませんでした。


つくし店長は少しして、キャリーの奥に引っ込み、背中を向けて丸くなりました。

時が来たようです。









お買い物は赤いノートと、ムーミンのシールです。

ムーミンのシールは、もちろん私の相棒のノートブックたちに貼るつもり。



私がいる間に近くの中学生の女の子2人がやってきました。
文房具に興奮しながらあれこれしゃべっています。
人間の店長さんと彼女たちの柔らかな博多弁も堪能。



人間の店長さんにご挨拶をして、お店を出ました。



楽しかったー!



■PLASE.STORE のHP →



■本日の胸キュン!









夜、宿に戻って買ったものの写真を撮り、
袋の中にノートとシールを戻そうとするとまだ中にあるものが。

人間の店長さんの手書きのメッセージカード。

これはヤラれた!!

キュンキュンした。

このカードはお店でも、商品の説明やおすすめポイントが書かれていたものです。
裏はショップカードとなっていました。





もうひとつ胸キュン!があったのですが、
もう長く記事を書いたので、また後日。





コメント