目印はお洒落な「E」の金属プレート。江波のEBAR




《前回までのあらすじ》

博多で受けたミッションを遂行すべく、
江波の陽気のラーメンを目指したキリエ隊長とハヤト隊員。
しかし陽気は湯気のごとく目の前から儚くも消え去っていった。





ハートがシオシオのあたくし・キリエ隊長とハヤト隊員は、
陽気に行く途中で発見していた江波のEBARに行くことにした。

EBARの噂は、以前から聞いていて、
雰囲気がいいのと、
黒いパグがいて、
それは素敵だということだった。


建物の2階にあるEBARは、
カッコいい金属プレートの「E」が入口に飾られていた。

そして、階段を上がっている私たちに早くも、
ワンコちゃんが吠える声が聞こえていた。


店内はムーディー。
間接照明だけなので、黒いワンコちゃんは見えづらい。



日中、あれこれ動いたし、
待ち合わせに遅れまいと自転車を爆走させてきたので、
随分喉が渇いていた。

しかし、このままアルコールを飲んでしまったら、
少量でも相当酔ってしまいそうだったので、
飲まないことにしていたのだが、
シオシオのハートに潤いを与えるにはやっぱりビールよね!













私たちはジェノベーゼソースのピザをつまみながら、
あれこれおしゃべりをした。

黒いワンコちゃんはときどき、私たちのテーブルにやってきたが、
かまってほしいのか、
背中をかいてほしいのか、
チーズの匂いにひかれて来たのか、
よくわからなかった。






あまり店内を探検しなかったが、
古本も置いてあって読めそうな雰囲気だった。


昼間ひとりでやってきて、コーヒーと共に本を読んだり、手帳を広げるのもよさそう。
 
あるいは食後に軽くアルコールかコーヒーを飲みながら、
人と浅く深い話をするのもよさそう。


ひとりでも複数でも、居心地がよさそうだった。





次は明るいときに来るのがいいかな。
手帳を広げて万年筆であれこれ書き込みたい。
そのときは決してPCやスマホじゃないわ、きっと。








コメント