キリエ隊長、都会の蜃気楼のような広島のラーメン店「陽気」を求めて





そのミッションを受けたのは、博多旅2日目のゲストハウスだった。

ゲストハウスのお兄さんが広島の人で、
博多にいるのに2人で広島弁で機関銃トーク炸裂。

その中で私が「今夜のお薦め博多ご飯」を聞くと
「わからんのんですよねぇ」
と博多ラーメンの話になり、
広島のラーメンの話になり、
広島の「陽気」のラーメンの話になった。


陽気のラーメンの話は何度も聞いていたが、
何度か食べに行ってみようとして、
行く前から挫折している。

広島駅などのお土産物屋さんに行くと、
この「陽気」のラーメンも売られているくらいだし、
県外から来ているラーメン好きの人も
「一度行ってみたいんだよね」
とよく言っている。



お兄さんは大手町の支店のは食べたことがある、と話していた。

そして、この話が終わるころ、
「わかりました。
広島に帰ったら、江波の陽気本店でラーメンを食べますね」
と私は答えていた。





それから間もなく、チャンス到来!

私はハヤト隊員と共に陽気を目指すことになった。

 
この日、ハヤト隊員と初対面なのに、
約束してしまってから気づいた重大なこと。

それは、
・夕方からしかやっていない。
・最寄りの路面電車の電停から約1km歩く
ということ。


私が仕事上がりということもあり、
時間を早めることもできず、
とっぷり日が暮れたころ、江波行きの電車に乗った。



車内で、これでも緊張しながら二人でしゃべっていた。

ええ、何度か言っていますが、人見知りなんです、私。

とりあえず、安全にお連れせねば。
へなちょこガイドはもうたくさんよ!
くまモンにまたツッコまれるしさ~!

私は博多にも持って行ったモレスキンにあれこれ情報を書き込んでいた。




終点で降り、徒歩での移動が始まった。

暗くてよくわからない。

以前、近くといえば近くに住んでいたこともあり、
暗かったらいけない、とヘッドライトまで持ってきたが、
街灯が結構明るかった。

そして、地図があまり読めないのに懸命にがんばっていたのだが、
ハヤト隊員、涼しい顔をして
「大体わかる」
と言う。

なんだとぉ!



まぁ、ハヤト隊員の言うとおりに歩いていたら、正しいところで右折できたんだけどさぁ。




そのつきあたりに、
陽気に行ったあとに行こうとたくらんでいたEBARを無事に発見。
電気もついている。
ここは不定休だったし、ブログの更新も止まっていて、定休日の確認ができなかったからだ。

「よかったぁ~! 
これで食いっぱぐれることないね。
ピザがおいしいらしいよ!」

私は下調べで知ったピザ情報をハヤト隊員に披露した。




そして、左折。

その先に陽気があるはず!



「電気点いていませんね。
なにか貼り紙がしてある。
とりあえず近づいてみましょう」

ハヤト隊員の冷静な声。


が、キリエ隊長は「へなちょこガイド再び!」の悲劇!!



貼り紙には約1週間の臨時休業について書いてあった。



がひょ~ん…





これまで陽気に行こうとしてなかなか行こうとしなかったのは、
やっぱりその場所と時間のせいだった。

街なかではないので、どんな雰囲気のところか見当がつかない。

夏に自転車で行く、という計画を立てたこともあったが、遠かった。
涼しく、というか寒くなってからの自転車は暗くて遠くて、怖かった。



すっごいいいチャンスだったのにぃ~!

ミッション、軽々こんぷりーと、だと思ったのにぃ~!

定休日もちゃんと調べたのにぃ~!

どんな写真を撮ろうか、すっごく考えていたのにぃ~!

せっかくここまで来たのにぃ~!

まさかの
Mission failed...




■本日の屋台

ハートがシオシオのキリエ隊長です。

見えているのに近づくとない蜃気楼のような陽気のラーメンの代わりに、
博多の屋台の写真をお楽しみください。







コメント