お石茶屋の梅の香うどんを求めて大宰府天満宮を奥へ奥へ




たまたまiPhoneで検索したら、ヒットした大宰府のページで、
お昼に梅の香うどんを薦めていたので、
素直に従うことにしました。

場所の説明は「北神苑の一番奥」というものだけ。

西鉄太宰府駅で取ってきた情報によると本殿のまだ奥。
これまで数回、大宰府天満宮に来たことはあるけれど、
本殿の奥には行ったことがありません。
またもや迷いながら、「北神苑」に入りました。


そこは梅林が広がり、
それを囲むように何軒もお茶屋さんが出ています。

梅の季節になると綺麗でいい香りに包まれているんだろうなぁ。
梅を愛でながら、熱々の梅ヶ枝餅を食べるなんて素敵だろうなぁ。

そんなことを思いながら「一番奥」を目指します。



が、一番奥はなかなかやってきません。

梅林も過ぎ、
「ちょっと山の中に入っていきそう」
というところにようやく、目的のお石茶屋はありました。









 店内でも食べられましたが、
気持ちいいし、
もともと屋外で食べるのが好きなので、外の座敷で食べることにしました。








「今日は風が強いから」
とお店の人が持ってきてくれた梅の香うどん。

おうどんにおかかが入った練り梅が添えられています。

寒いと思っていたのに、
いいお天気なのと、
ここまででも結構歩いてきているので、
汗をかいている身体に、梅の酸味とおかかの旨みが沁みます。



お店にあった「お石茶屋のこと」という印刷物によると、
筑前三大美人の一人「江崎イシ」さんが、このお茶屋の主であり、
彼女の名前からお店の名がつけれたそうです。

彼女の美貌と気風のよさで評判となり、
著名人が訪れた、とありました。

文壇の人達の名前もあり、そばにはお石茶屋のことを詠んだ吉井勇の句碑もありました。





それにしても、やっぱりお外で食べるのって最高ね!





コメント