東広島市役所10階食堂でコメカラを食べ、展望ロビーで街を眺めていたら英介退院の電話がかかってきた







いや、もうタイトルのままなのですが。




月曜日に英介(本名・Nikon1J1)を入院させ、
「2~3週間修理にかかるかも」と言われてがっかりしたキリエ。

それから間もなく、予定通りガイドのおねいさん初日を迎えた金曜日のことでした。


西条にある東広島市役所10階で、
日替わりA定食は売り切れていたものの、
日替わりB定食「コメカラ」はまだあったのでそれを食べることにしました。

コメカラとは、
米粉と日本酒の衣の鶏の唐揚げのことで、
酒処・西条のオススメの名物料理として紹介されていました。

衣はカリカリなのに、
しっかり噛むともちもちになり、
中の鶏はジューシー。

元がお米なので、満腹感もすっごく得られます。






同じ10階には展望ロビーがあり、
別棟の屋上に植物プランターで「酒」と書いてあるのを見ながら、
カイと食後のおしゃべりをしていると、
電話がかかってきました。

それは英介を入院させたお店からで、
英介が戻っているから迎えにきてほしい、というものでした。

私は踊り上がらんくらい喜びました。



西条から広島に戻り、英介を迎えに行きました。

結局、レンズの交換、となりました。

本体もぴかぴかに磨いてありました。

おかえり、英介~~~!!!







退院した英介で最初に撮った写真がこちら。

レンズキャップを外し、
レンズをくるくると繰り出し、
ピントを合わせる音、
そしてシャッターを切る感じ、
そして見慣れた色合い。

おかえり、英介!!



私は西条で持ち歩いていたさくらちゃん(本名・Nikon COOLPIX S600)を赤いリュックに仕舞い、
英介のショルダーストラップを肩からかけました。

ああ、この重さ。この大きさ。


あまりにもさくらちゃんが小さく軽いので、
私は西条で何度もカメラがあるか確認をしました。



 「大至急、と書いておきますね」
と店員さんが入院の際におっしゃってくれましたが、
月曜日の入院で金曜日に退院です。

みなさん、たくさんありがとう!

英介、これからもよろしくね!





■本日の展望ロビー






東広島市役所は2013年に完成したばかりのぴかぴかの建物でした。

10階の食堂と展望ロビーは窓がたくさんあって明るく、気持ちのいいところでした。

市役所にお勤めの人だけでなく、
一般の人も食堂や展望ロビーが使えます。

展望ロビーには立ったままでちょうどいい、
カウンターのような細長いテーブルが窓に沿って置いてありました。
 
また、そのテーブルに合わせた背の高い椅子や
端のほうにはゆったりとしたソファもありました。

そこで食堂の料理を持ってきて食べることもできるようです。


窓はちょうど、酒蔵のあたりを向いていて、
酒蔵や煙突などの西条の街が見えるようになっていました。

ここはお薦めの場所です。




■予告

カイの来広に伴い、ガイドを申し出ました。
その一環として西条に来ていたのです。

ほかにもキリエのへなちょこガイドぶりが垣間見られるはずのミニ旅行記ブログを
明日から18:00台にアップしていこうと思います。

ちょっと「仕事じゃない仕事」の残務処理が想像以上にあるため、
どれくらいの頻度で更新になるのかわかりませんが、
よろしくお願いします。




 








コメント