タコみたいな自転車/ カンファレンスバイク








これ、自転車です。

7人乗り!










広島市の姉妹都市・ドイツのハノーヴァーの自転車です。

メインで乗る人が、車さながらのドライヴィングテクニックで、自転車を操ります。
車幅が広いので、曲がるときの角度や、ハンドルさばきはカッコよかったです。


乗り心地は、遊園地のコーヒーカップにちょっと似ていました。
あまりぐるぐるやると、気分が悪くなりそう。
でもそれさえ加減すれば、座る場所によって、横や後ろの走るので、愉快な気分です。


後ろの銀色の箱にはエンジンが積んであるのかと思えば、
空っぽで、荷物入れになっていました。
すべて人力です。



まぁるく囲んで座る様子が会議をしている(カンファレンス)ように見えるので、
カンファレンスバイクというそうです。

どういう仕組みで、7人も乗れるこんな不思議なタコみたいな自転車が動くのでしょう。

不思議です。





■本日の最後の1枚






これが英介(本名・Nikon1J1)がピントが割と合ってきちんと写真を撮った最後の1枚となりました。

次にベルにピントを合わせようとしても、
どうにもならなくて、
一旦オフにしてから使おうとすると、
もうエラー表示が出るだけでした。

早く退院しないかなぁ。









コメント