世界の涯てでお茶を飲む。/ 太陽の光のように幸せになること。 海のように扱いにくいヤツとなること。

2014-09-30

iPhone6をさわった途端、「あ、私、これじゃあINGRESSができないや」と思った件 #ingress




職場の人が切羽詰まって、
それまでXperiaユーザーだったのに、
iPhone6を使うことになりました。

iPhone自体が初めてで戸惑っていらっしゃり、
とにかく、メール、電話、LINEができるようにならないとまずい!ということで、
教えてほしいとおっしゃいました。

そのとき、初めてiPhone6をさわらせてもらったのですが、

薄っ!


私はiPhone5を使っているので、余計にそう感じたのだと思います。

薄くてでかいです。

私は片手では使えそうにありません。
iPhone5も、その前の携帯電話も両手で使っていました。

それにすぐにつるんっと滑って落としそうです。
なかなか安定感が持てませんでした。



たまに片手にiPhoneを持ったまま、
「よっこらしょ」と自転車にまたがり、
iPhoneを肩かけかばんにしまうことがあるのですが、
絶対落としそうです。


「私、iPhone6でINGRESSできないなぁ」
とすごく自然に思っていたことに、笑ってしまいました。
何気にINGRESSにハマっていますね。




ところで、私のiPhone5は今年の11月で丸2年になります。

電池の持ちがビミョーに悪くなってきています。
INGRESSもフルチャージしても2時間持たなくなりました。

本体自体は好きです。
別に6じゃなくてもいいんだけど。


前述の職場の人は
「iPhoneの電池の寿命は2年と聞きます。
キリエさんも6にして、私と一緒にしましょ♪」
と何でも質問できる環境にしたいようです(笑)



ホントにiPhoneの電池は2年くらいの寿命なのかしら?









2014-09-29

「解放感でいっぱい!」 …のはずだったのに

event_note9月 29, 2014 forumNo comments




結局、2年に渡る、
「仕事でないのに仕事並かそれ以上の負担がかかり、
仕事じゃないから給料が発生しないもの」
から、
やっと解放されました。

ほんとなら、ここで「わーいわーい!」と小躍りして、
「かーいほーかーーーーん!!!」
と叫んでいるところですが、
関わったところが失礼なことをしたり、
やることをやらずに2カ月も遅れてものを提出する人がいたりして、
すっきりしないまま、終わりになりました。


まぁ、一応、肩の荷は下りたので、
来月から動きます。



やっと旅行に行くんだぁ!

まずは九州を狙いたいと思います。












2014-09-28

タコみたいな自転車/ カンファレンスバイク

event_note9月 28, 2014 forumNo comments









これ、自転車です。

7人乗り!











広島市の姉妹都市・ドイツのハノーヴァーの自転車です。

メインで乗る人が、車さながらのドライヴィングテクニックで、自転車を操ります。
車幅が広いので、曲がるときの角度や、ハンドルさばきはカッコよかったです。


乗り心地は、遊園地のコーヒーカップにちょっと似ていました。
あまりぐるぐるやると、気分が悪くなりそう。
でもそれさえ加減すれば、座る場所によって、横や後ろの走るので、愉快な気分です。


後ろの銀色の箱にはエンジンが積んであるのかと思えば、
空っぽで、荷物入れになっていました。
すべて人力です。



まぁるく囲んで座る様子が会議をしている(カンファレンス)ように見えるので、
カンファレンスバイクというそうです。

どういう仕組みで、7人も乗れるこんな不思議なタコみたいな自転車が動くのでしょう。

不思議です。





■本日の最後の1枚







これが英介(本名・Nikon1J1)がピントが割と合ってきちんと写真を撮った最後の1枚となりました。

次にベルにピントを合わせようとしても、
どうにもならなくて、
一旦オフにしてから使おうとすると、
もうエラー表示が出るだけでした。

早く退院しないかなぁ。









2014-09-27

手帳用の写真をE-Photoで普通紙にプリントしてみた







手帳の季節になりましたね。

来年のスケジュール帳をどうしようか、とか、
ほぼ日手帳は発売されて1カ月近く経つ、とか、
いろいろあるでしょうね。


このブログは、Google Bloggerに引っ越してきて1年ちょっと。

その前のアメブロのときにはありませんでしたが、
アメブロから持ってきたほぼ日手帳に関するブログ記事がどんどん閲覧されているのに、
びっくりしました。

アメブロでも同じ記事はあったのに、
新しい記事はヒットしますが、
3年以上も前の記事がこんなにPVを伸ばしたことはありません。




Instagramをやっていて、
投稿されているみなさんの手帳を見るのが、とても好きです。

その中で写真を貼った手帳を見ることがよくあります。

いつもどうやって印刷しているんだろう?
と思っていました。


コンビニでプリントアウトしたり、
写真シールに自宅でプリントしたり。

私もかつてInstagramの真四角な写真を普通紙に印刷していましたが、
それではIGにアップした写真しか印刷できません。

自分の手帳なので、
しまねっこちゃんとの2ショットや
バリィさんとの2ショットや
ぐりとぐらのお耳のついた帽子をかぶった様子などを
印刷して手帳に貼りたいです。



手帳本も読んだことがありますが、
具体的な方法が示してあるものはありませんでした。




このたび、画質より、雰囲気がわかればいい!という仕事で使う写真を普通紙で印刷することがありました。

そのとき、やっとわかったのです。




私はEPSONのプリンタを使っていますが、
写真のデータを入れたフォルダを開くと、
上のツールバーに「E-Photo 写真印刷」と表示されるので、
写真を選択したあと、
そこをクリックしてE-Photoを起動させます。

あとは設定で、用紙や大きさ、画質などを設定します。



私はA4の普通紙にフチなしで16枚印刷してみました。



比較対象として、PILOTのkakunoを添えています。

ほぼ日手帳オリジナルやWEEKS、モレスキン・ポケットサイズにはちょっと大きいかもしれませんが、
ほぼ日手帳カズンやモレスキン・ラージにはいい大きさだと思います。

もっと小さく印刷する設定もありましたが、
私はしっかり見たいので、これくらいの大きさはほしいです。




今回はテスト印刷でしたが、
設定もややこしくないし、
フチがないので、切るのもラクラク。

これで素敵なお店に行ったり、
旅行に行ったりしたことを書く手帳に写真を添えることができます。




来月に行く旅行が楽しみ!





■本日のピンボケ







まだ、さくらちゃん(本名・Nikon COOLPIX S600)に慣れてないらしく、
蛍光灯のもとで写真を撮ったら
見事なピンボケになってしまいました。

うーん。

練習が必要だわ。









2014-09-26

Moleskine劇場 ダンボーのモバイルバッテリー #moleskine #moleskinejp #ingress






私は大体、この数年、ノートブックや手帳の後ろのページは
「キリエの野望リスト」
を作成しています。

大小さまざまな「やりたいこと」の野望を書いています。

ノートブックを使い終わっても、書き写すことはありません。

そのときそのときによって、野望は変化していくもの。
昨日ほしくても、今日は別のものがほしくなっているかもしれません。



そんな野望リストのページに書かれたダンボーのモバイルバッテリー。
INGRESSをするのにモバイルバッテリーがほしいのです。
どうせなら、かわいいのがいいなぁ。





アイテム2000越え #ingress




まだまだ遠い先のことだと思っていましたが、
遂にINGRESSのアイテム保持上限の2000まできてしまいました。

気づかずに、広島名物路面電車に乗り、
できる限りのポータルハックをしていましたが、
アイテムが表示されません。

そこで初めて、アイテムが2000ということに気がつきました。


平和公園に行かないとレゾ挿しは滅多にできないし、
レベルが低い時の攻撃はあまり意味がない、
と聞いていたので、
ひたすらポータルハックに努めてきました。




街なかを歩いていると、ポータルキーが落ちていて、
必死になって拾うと、
愛知のものがいっぱいありました。


帰宅してからは、それらをすべてリサイクルしました。



レベル5はまぁまぁイケるようになっているらしいので、
攻撃もしてみようと思います。











2014-09-25

髪を切りにいったらRICOHのGRを薦められた

event_note9月 25, 2014 forumNo comments





ずっと私の上にのしかかっていた、
「仕事じゃないのに仕事より負担が大きくて、
仕事じゃないからもちろんお給料にはなりません」
ということからもうすぐ解放される、という日。

私はマリオのところに髪を切りに行きました。


いつものようにマリオにどんな感じか聞かれましたが、
結局、マリオがやってみたい、と思った、
「ここは一発、いつもはバランスを取るために長く残している髪を切ってみよう」
ということになり、
ここ数年でも一番短くなりました。

最近、マリオは私の髪を短く切りたくて仕方ないようです。

私も解放感にひたるためにOKを出しました。




マリオとは毎回、いろんなおしゃべりをするのですが、
私が英介さんを入院させたことを話しました。

するとマリオが自分もカメラを持っていて、
その中にRICOHのGRがあることを話し、
「キリエさんはGRが合うと思うんですよね」
と言いました。



私は糸井重里さんがカメラを持つときに
写真家の菅原一剛さんが薦めていたことで、
このカメラのことを知りました。

あまり詳しくは知らないのですが、

・望遠が効かないので、遠くのものは小さく写る

・大きく写そうと思ったら、被写体まで近づかなくてはならない

・手ブレや色などの補正がほとんどない

・オプションでファインダーをつけることができる

・GRブルーと呼ばれるほど、青は独特の色が出る

という特色を持っています。



「だって望遠がきかないんだもの…」

「キリエさんなら、望遠なんか使わずに撮りたいものにがーっと近づいて行きそう」

そうですね、その通りです。
よくご存じで。



マリオはひとしきり、私にGRを薦め、この日のカットは終了しました。






別のカメラ友からは、
単焦点レンズ
という、GRのように望遠がきかないけれど、
明るい写真が撮れるレンズをずっと薦められています。




カメラもレンズも高いのに、試すことができないし、
撮る人の好みやくせでいろいろ随分違ってきます。


カメラやレンズを買いたいけれど、どれを買っていいか迷っている人向けの
「お試しレンタル」とかあったらいいのにね。




実はファインダーにも憧れているんだぁ。









2014-09-24

妖怪に会いに行ってビールを飲み、足湯をし、たこ焼きを食べた

event_note9月 24, 2014 forumNo comments



ある気持ちよく晴れた秋の日。

妖怪に会いに行くとおいしそうな生ビールとマグロ串カツがあったので、
昼間から楽しみました。

マグロはお肉みたいで、なかなかの食べ応えあり。










串カツはあっという間になくなったので、
豚しゃぶも食べてみました。

ちょっともやし率が高かったのですが、
あのお値段だと妥当でしょう。

もっと肉にくしいと思って、ごまだれにしましたが、
こんなにもやし率が高いのならば、おすすめのポン酢にすればよかったかな。
おうちでも手軽にできそうです。









すると島根の美又温泉のブースでは足湯がありました。

ちょっとぬるぬるしたお湯は気持ちよくて、
ビールが目いっぱい回ります。
 
島根県浜田市金城町、って広島からそんなに遠くないらしいです。

去年からずっと温泉に入りたい、と思っていたのに、
まだスーパー銭湯にも行けていません。

ここはいいですね。
うふふ。

タオルを借りて足を拭きましたが、なんだかあんよがしっとりしていました。








関西からやってきたというたこ焼き屋がありました。
だしがきいている!看板あり。
お店は改造ワゴンです。
小さいのに人が4人くらい入っていました。
座っていたら、すべてのものに手が届くようなコンパクトで便利なつくり。



さっきの串カツと豚しゃぶは立ち食いしましたが、
たこ焼きは場所を見つけて座って食べました。

写しませんでしたが、缶ビールも飲みました。




妖怪は2つ見ました。

1つはダンディなの。

もう1つはゆるゆるしたの。

眺めたり手を振ったりしました。







のんびりした秋の1日でした。

充実した秋です。















2014-09-23

英介さんの入院は2~3週間かかるらしい ~Nikon1J1入院の巻~

event_note9月 23, 2014 forumNo comments





《前回までのあらすじ》

英介さん(本名・Nikon1J1)のレンズのぐるぐるの様子がおかしくなったらしく、
ディスプレイに「お店に持っていくように」の表示が出てしまった。

広島ご案内やら西条・酒まつりやら旅行やら、
英介さんご活躍の予定がてんこ盛りなのに、一体どうなる?!


詳しくはこちら。

英介さんが大変だ! ~Nikon1J1を入院させるの巻~




さて、仕事の合間を縫って、
私にできるだけの早さで英介さんを買ったお店に持ち込みました。

やっぱり本体ごと入院させることになりました。

「あの…、どれぐらいお時間がかかるでしょうか…?」

「そうですね、2~3週間ですかね」

「え。そんなに…」

「Nikonさんのメーカーから来ているものでは修理には2~3週間かかる、となっています」

と店員さんと会話を交わし、しょげしょげになりながら、
旅行などの予定があることを告げると、
「そんなにすぐにはならないと思いますが、
大至急!と書いておきますね」
と対応してくれました。





そして、さくらちゃん(本名・Nikon COOLPIX S600)で何枚か写真を撮ってみましたが、
「コレジャナイ」
という気持ちでいっぱい。

周りがくっきり写ってしまいます。

普段、絞り優先モードで撮っているので、
ピントが合っていないところはぼやぁとボケるのですが、
見事にクッキリ!です。



ふぅ。



それでも、私はさくらちゃんを持ち始めた頃の気持ちを思い出しました。
すっごく嬉しかったです。

さくらちゃんにはさくらちゃんにしか撮れない写真があるだろうし、
悪いヤツではありません。

こんなことでもない限り、さくらちゃんで写真を撮ることはなかったかも知れません。

なにしろ「こまい」!!

しばらくはさくらちゃんを持ち歩いて、写真を撮ろうと思います。




英介さん、待っているからね!







2014-09-22

英介さんが大変だ! ~Nikon1J1を入院させるの巻~

event_note9月 22, 2014 forumNo comments







私の相棒、カメラの英介さん(Nikon1J1、白)のレンズの様子がおかしいと最初に思ったのは、
実は8月半ばでした。


起動させても、黒くて何も見えなかったのですが、
やり直したら撮れたので、そのままにしておきました。



しばらくはカメラを使うことがなく8月が終了しましたが、
9月下旬に妖怪に会いに行き、
そこでエラー表示が出ました。

メッセージはお店に持っていくように指示があったので、
すぐに持っていきます。

これからゲストのために、
広島のガイドおねいさんになったり、
来月は西条の酒まつり、旅行とカメラを扱うことが多いのに、
残念です。

がっかり。



代わりに、英介さん登場でミイラのごとく眠っていただいていたさくらさん(Nikon CoolPIX S600)を揺り起こしました。

さくらさんはすっかり充電がなくなっていたので、
ただいま絶賛充電中です。

途中、調べたらちゃんと動きました。

さすがコンデジ。
ちっこい!
軽い!

しかし…

レンズリングをぐりぐりするのに慣れた私には物足りないです。

露出とかなんとかかんとか、設定したいです。

あんなに取るのを忘れて戸惑ったレンズキャップも最近では、
撮影前にはすぐに取るように身体が覚えていました。


むにゃあ。




早く英介さんが退院できますように。











2014-09-20

平成26年度岩国航空基地祭

event_note9月 20, 2014 forumNo comments








岩国米軍基地開放のイベントは聞いたことがありましたが、
岩国航空基地の開放のイベントは長年広島にいたけれど、聞いたことがありませんでした。


聖獣天神リュウガさんを見に、
岩国航空基地祭に行くことになりました。

アクセスなど紹介されていたURLで見てみると、

・岩国航空基地は海上自衛隊の所属である
・岩国航空基地は米軍基地内にある
・よって入場には身分証が必要である

とありました。
初めてのことばかり!

前日が仕事と仕事絡みの大きなイベントの打ち上げだったのですが、
へろへろしながら身分証の準備とJRの時刻チェックをしました。



JR岩国駅から有料のシャトルバスがありました。
それに乗り込むとまず、基地に入るゲートで、
アメリカ兵と自衛隊員がバスに乗ってきて身分証明書のチェックがありました。


次にどうやら海上自衛隊のエリアに入るゲートでも同様のチェックがありました。
窓からは米軍の車が泊めてあって、
日本語で「軍用犬が乗っている」ことが車に大きく書かれていました。



そして、いよいよ航空基地に着き、
バスを降りたところで、
身分証の提示と手荷物チェックが自衛隊員によってされました。



ここまでで、「楽しいお祭り」というイベントなのに、
ずっと緊張感が走っていました。





イベントは家族向けのアトラクションが多かったです。
キッズのプレイ・スペースは充実。
ベビーカー置き場や授乳・おむつ替えの場所も完備。

実際、子ども連れの家族がたくさん来ていました。



一方で、バズーカか天体望遠鏡(それも反射望遠鏡タイプ)かっ!
とツッコミを入れたくなるようなすごいレンズをつけたカメラを持った人が大勢いました。

航空機の展示や展示飛行があるためです。



私は基地内の売店を見たり、食堂でカレーを食べて落ち着いてから、航空機を見ました。








南極観測船しらせに搭載されているヘリコプターです。
これで人や荷物を運びます。


ん?







おちゃめなペンギンがいました。

ペンギンはときどきくちばしを上下にぐっと広げて、人間と会話していました。
小さな子どもにはこわがられていました。









 ここでは南極の氷をさわる体験もできました。
不透明でざらざらしていました。




本当に乾いた素敵な秋晴れの空でした。
飛行機が行き来するので、視界を遮るものはありません。
大勢の家族連れ。
屋台のおいしそうな匂い。
にぎやかな声。


でも、ここに展示してあるのは人を殺せる能力のある航空機もありました。

私は宮崎駿監督の「風立ちぬ」をなんとなく思い出しながら、写真を何枚も何枚も撮っていました。



このとき感じていたものは、まだもやもや渾沌として、ことばになりません。
慎重にしないと誤解を与えてしまうことになりそうなので、
無理矢理ことばにすることもしていません。




災害のときのレスキューの様子や、
海上でのレスキューのときに使う小さくされているボートも見たし、
各セクションの様子の写真や吹き出しも見ました。



そうして、無事にリュウガさんのショーも見終わり、
少しして帰ろうとしました。


するとJR岩国駅までのシャトルバスは1時間待ち!

私たちは基地のすぐ外まで行く「業者門行き」のシャトルバスに乗り、
そこからタクシーに乗って岩国駅まで行きました。




滅多に見ないものなので、
なんだか大事な体験をしたような感じでした。




■基地内でのゆるゆる












子ども向けにゆるキャラも何人かいました。

広い会場のせいか移動は「台車」でした。

ちょっぴりドナドナ気分で見ていました。







緑のコは岩国市観光大使の「はあすちゃん」だそうです。
岩国はレンコンが有名だからハス→はあすちゃん、でしょうね。









2014-09-19

聖獣天神リュウガを見に岩国航空基地祭に行きました #聖獣天神リュウガ

event_note9月 19, 2014 forumNo comments








家族が「是非に見たい!」と言うので、
なんと岩国航空基地祭に行きました。

こちらもいろいろ思うことがあったので、
基地祭については改めてブログに書こうと思います。


リュウガさんたちのショーは「第四格納庫」で行われました。
奥行きも幅も広く、
他にもファッション・ショーがあったせいか花道も作られ、
ライトもたくさんあってゴージャスなステージでの公演でした。








私の大好きな牛さんも花道で大暴れ!
行け!行け!牛さん!!

本名「牛闘鬼」の牛愛にもあふれた様子がうかがえるキリエの過去記事はこちら。

ハッシュタグは#リュウガのホットケーキ【勝手にバレンタイン企画(もちろん非公認)】#聖獣天神リュウガ









写真もたくさん撮ったのですが、
リュウガさんは身軽なせいか、
私のカメラの腕が悪いせいか、
帰宅してPCでチェックしたところ、
「牛愛」があふれすぎる結果に膝から崩れ落ちました。

(訳。リュウガさんの写真はぶれぶれ写真が多く、牛さんの写真がやたらとできよく撮れていて、くらくらしている)










新しいキャラ「悪邪鬼」も初めて見ました(写真左)。
狡猾そうなヤツです。
ヒューヒュー!!










もちろんリュウガさんの妹のリンちゃんも活躍していました。

リンちゃんの折れ耳についているピアスがキラキラ揺れていて、かわいいなぁ。
本当に細部まで作ってあるなぁ、と改めて感じました。



久しぶりにリュウガさんに会えてよかったです。

連れていった人も満足で、ショーのあと、
リュウガさんと一緒に写真撮影をし、
Tシャツなどのグッズを買っていました。


次はなんと福島の白河に聖獣転身!!
9月28日も晴れるといいな。


また会いにいくね!!


★リュウガさんについて    聖獣天神リュウガ 公式サイト
  



■本日の缶詰







第四格納庫前に置かれたイベント・スケジュールのちらし。
文鎮代わりは自衛隊の「五目飯」の缶詰でした。








2014-09-18

すべり込み!今年も行ってきた「広島オクトーバーフェスト2014」

event_note9月 18, 2014 forumNo comments





今年も、広島オクトーバフェストに行きました。

なんだか予定が詰まっていて、最終日にすべり込む形になりました。


入口でチラシを山ほどもらい、
テントが張ってあるテーブルに陣取ってヒカリコと
どのビールを飲み、
何を食べるか考えました。

この日も空気は乾燥していて日陰は涼しかったですが、
日差しは強くてちょっと身体を動かすと汗ばむほどでした。











私は最初に広島のオクトーバーフェスト初上陸のプランク醸造所のピルザールを飲みました。
種類はピルスナー。
軽くてフルーティー。
さっぱりとした味わいです。
これはくいくい飲めてしまいます。







お供はロングソーセージ3種盛りと
温野菜の冷製チーズフォンデュ。

やっぱり、ビールとソーセージは合うね!
うまうま。

冷製チーズフォンデュは「チーズ風味のマヨネーズ・ディップ」って感じ。
これはこれでおいしかったですが、
チーズフォンデュは怒ると思います。
名前は正確につけましょう。









次は世界最古の醸造所のヴァイエンシュテファンのヴィトゥス(ヴァイツェンボック)。
これも軽くてフルーティーですが、
ピルザールより重みがありました。
すっきりと飲みやすかったです。




結構、これでお腹がいっぱいになりました。


ほどよく酔っぱらいながら、周りの人を見ていました。

敬老の日なのか、
耳に派手派手ピアスをし、
腕にも首にも金属のじゃらじゃらしたビジュアル系バンドのハタチくらいのおにいちゃんが、
おばあちゃんらしき人を連れてきていました。

おにいちゃんはおばあちゃんに常に気を遣い、こまごまと動いて、
ビールや食べ物を買ってきたり、ソフトクリームを買ってあげたりしていました。

おばあちゃんはどかっと座って、エスコートされていました。

割と小柄な女性なのに、なんだか貫禄がありました。
すごいなぁ。





気になったことがひとつあります。

この広島オクトーバーフェストはセルフサービスで、グラスのデポジット制を取っています。

去年は気にならなかったのですが、各ブースの売り子さんたちが
「デリバリーをします」
と言って回っていました。

せっかく「自分が責任を持ってビールや料理を楽しむ」ようになっているし、
お店もまるで大人の遊園地のように派手派手しているのに、
それを見て回らないなんて、
ちょっとつまんなかったです。

家族連れや酔って歩くのが大変、などといったことがあると思いますが、
なんだか残念でした。





来年も開催されたら、また行くつもりです。

まだ飲んでいない醸造所のビールがあるんだもん!







■去年の様子 → 広島オクトーバーフェスト2013





2014-09-14

L5にレベルアップした頃、困ったことがおき始めた #ingress




平和公園でINGRESSのレベル上げをする楽しみを見つけた私は、
隙を見つけて平和公園に行ったので、
サクッとレベル4から5へあがることができました。

さすがに、こういう場所があると初心者にとってはらくらくでレベルが上がりますね。




しかし、困ったこともおこり始めました。


まずは、写真を撮らなくなったこと。

せっかく歩いてお出かけしているのに、
スキャナーばかり見て、
半歩きスマホ状態になり、
周りの景色が全然目に入らなくなっていました。


近頃はポータルキーやなんとかバスターなどの落し物に気づくことも増え、
スキャナーから目が離せません。


でも、これってどうなんだろう?

なんだか基本的なことが抜けてしまっている感じがする。

旅行やちょっと遠出をしたときに、ポータルハックしたいなぁ、とも思いますが、
この「周りを見ない」のがいやで、
旅行のときにはingressはやらないようにしようかなぁ、と思ったり。





次に、「きちんと休む」ことをしなくなったこと。

アクティブな人だと思われていますが、
休みの日には一歩の外に出ませんでした。
というのもざらにあります。

もともと体力やスタミナがないので、
とにかく寝て寝て寝まくって、それを補っています。

これまでは自転車や公共交通機関を使って行っていたところに徒歩で行くので、
運動量が増え、
ゆくゆくはダイエットにもつながるという下心ありありなのですが、
その分、移動に時間がかかり、おうちにいる時間が減ります。

そうすると寝る時間が短くなります。


先の予定を見まわすと、
「ここで休んで体力回復しておいたほうがいいな」
というときでも、うろうろしてしまうので、
「きちんと休んでいないな」
という感じがいつまでも残ります。

そうすると夜、早くから眠たくて眠たくて、
持ち帰りの仕事もブログや手紙をを書いたりすることも、
note.muに「Radio K」をあげるため録音することも、
全然できなくなります。


日常生活崩壊が始まります。




あとは、仕事帰りに
「あ、ちょっとあのポータル寄ってみちゃおう!」
とうろうろしていたら、あっと言う間に30分や1時間が経ってしまい、
家族に心配をかけることが増えました。

最近は日没が早くなっているので、
余計に心配をかけてしまいます。




せっかくレベル5まできたんだもん。

しっかり歩くようになって、筋肉増量もたくらんでいるんだもん。

いつかはINGRESSオフ会やイベントに参加したいんだもん。


バランスを取って楽しみたいです。











2014-09-13

にじみの心配なし!Moji Linerで万年筆の文字にもマーキング






万年筆の書き味を堪能した2014年ですが、
ひとつ、残念なことがありました。

それは蛍光マーカーが使えないこと。

インクはPILOTの色彩雫シリーズを使っていて、
発色がよくて気に入っているのですが、
耐水性ではないので、
ちょっとマーカーで線を引きたいとき、
実際に引いてみると文字がにじんで、ペン先も汚れてしまいます。


Instagramで、いろんな人のノートブックや手帳を見ていますが、
万年筆の方は色鉛筆などでマークしているようでした。


しかし、ある時、そのIngtagramで「Moji Liner」の存在を知ります。

修正テープのようなもので「デコ・ラッシュ」というものがあり、
それでノートブックや手帳をデコデコ飾り立てているのをたくさん見ましたが、
Moji Linerもその仲間のようです。


修正テープは不透明の白いものですが、
Moji Linerは色つきセロファンみたいな感じ。


Loftに行った時、マーキングテープMoji Linerを見つけました。
クレヨンタッチのものしか見つけられなかったので、
早速買って、
INGRESSで消費したiPhoneの充電のためにリアル課金で入ったマクドナルドで
マックシェイクをちゅるちゅるしながら試してみました。


それが上の写真。

ね、にじんでないし、かわいいでしょう?

なかなかいい感じです。

それ以降も新しいモレスキンでちょいちょい使っていますが、
マスキングテープを貼って目立たせるにはちょっと大仰だけど、
目立たせたい個所に最適。


中のテープがなくなったら、詰め替え(?)があるそうです。

水彩タッチのものもあるし、
色も今回オレンジにしてみたけど、他にもあるので、
あれこれ楽しめそうです。



これでまた、モレスキンを書くのが楽しくなるぞ。


仕事用のスケジュール帳にも使えないかしら。
来年度はもしかするともしかするので、たくさんノートを取るだろうから、
強力な助っ人を探しています。










2014-09-12

スーパームーンの昼間の水際

event_note9月 12, 2014 forumNo comments





9月8日は中秋の名月。
翌9月9日は2014年最後のスーパームーンでした。

その日の満潮すぎの川。

広島市内の川は海に近いため、
潮の満ち引きで水位が随分変わります。


さすがにスーパームーンなのか、
月の引力の影響が普段より強いようです。







ソフトモレスキン ラージ、使い始めました。 #moleskine #moleskinejp







2014年9月。
私は日付を無視して使っていたHobonichi Plannerを使い切りました。

いつもなら、手帳やノートブックの終わりは、
気もそぞろで、
「早く新しいものを使いたい」
と気持ちがはやり、ぞんざいな使い方をしてしまうことも少なくないのですが、
このたびは、
ねっちりみっちり文字だらけにして、使い切りました。


そして、夏の最初にうずうずしてたまらなかったソフトモレスキン
遂に使い始めました。



初めての「ラージ」はいいですね。

大きくて、のびのび使えます。
ほぼ日手帳カズンより小回りがききます。

表紙がソフトなので、軽いです。
ハードカバーのものは重いです。
でも、ソフトははじっこがめくりあがってきます。
ここはハードのほうが安心感があります。



私は青いソフトモレスキンの裏表紙に、
ムーミン展でもらったスナフキンのステッカーを貼りました。


そして、せっかくなので「ぐりとぐら展」に赤いリュックに入れて、連れて行きました。





9カ月ぶりのモレスキン。

うっとりして、このことを私がライターのひとりとして所属しているNOTEBOOKERSの記事に書こうかと思いました。


しかし、思いとどまっています。


なぜかというと、
「万年筆のインクの裏抜けが激しい」から。


去年、2013年の1年間をモレスキンと一緒に過ごした私が今年になってなぜHobonichi Plannerを使うことにしたか。

それはもう、この「万年筆が使えない!」という理由にほかなりませんでした。



私はターコイズ・ブルーのインクが使いたくて、
発色もよく、インクの名前もロマンティックなPILOTの「色彩雫」というシリーズの「天色」を使っています。

しかし、私が2013年に使っていたモレスキンでは、
紙の両面に万年筆で書くと
「判読不能」
になってしまいます。



そこで「万年筆の書き心地がいい手帳」を探し、検討して、
Hobonichi Plannerを使うことにしたのです。



ソフトモレスキンに天色のインクをPILOTのcocoonやkakunoで使うと、
「判読やや困難」
くらいに留まるので、万年筆を使うことにしました。


しかし。

「スマートノート」にヒントを得て、
右ページには日記や心に浮かんだよしなしごとを書くことにして。
左ページにはブログやnote.muなどのアイディアやひらめき、他から書き写すもの。を書くことにし、
Hobonichi Plannerでは、左ページは、
ちょっと太い線の書けるLAMYのSafariに色彩雫の「山葡萄」を入れたもので、
ぐいぐいのびのび書くのが、とっても気持ちよかったのです。


ソフトモレスキンでは、特にこのSafariの「山葡萄」の文字は、
裏のページの文字を「判読不能」にしてしまうのです。





モレスキンに憧れを持っていて、
あれこれさまよっているうちに、
ネットで「高級わら半紙」と意地悪なことを書かれていたのを思い出しました。

ほんと、あのお値段で、どうして万年筆がこんなにまで裏抜けしちゃうのか…




なーんていうことをぐちぐちと、
NOTEBOOKERSに書いてしまいそうなのです。


手帳やノートブックを愛する人たちが集まる場所なので、
モレスキンがそういう性質だと知っていても、
「それでも好き!」
という人達がたくさんいそうです。

あまり場にそぐわない感じがして、
結局、自分のブログに書くことにしました。




もしかしたら、なにかのきっかけて書くかもしれません。

NOTEBOOKERSの記事もしばらく書いていないもんなぁ。











2014-09-11

ぐりとぐら展  ひろしま美術館 / まるで絵本の中に入ったみたい








ある秋晴れの日、楽しみにしていたぐりとぐら展に行きました。









赤いリュックを背負って、気分はすっかりぐらのよう!






ややや!









会場入り口には、ぐりとぐらのなりきりグッズがあるではありませんか!

写真では、ぐらのものしか写っていませんが、
ちゃんと青いぐりのものもあります。

しっぽのついたつなぎのズボン。
茶色の大きなお耳のついたとんがり帽子。







フライパンで焼いたカステラと、
みんなに配ったカステラと、
きのことどんぐりもありました。



そばには大きな大きな卵もあります。



しかし、これはどれも小さなお友達のものでした。

私はがっかりして、しっぽのついたつなぎは諦めましたが、
小さな帽子はむぎゅむぎゅとかぶり、
スマホで自撮りをしていました。

ふふふん♪
ぐりとぐらセルフィーです。





ぐりとぐら誕生50周年に向けて、
作者の中川李枝子さんの文章(原稿用紙に万年筆)と、
挿絵の山脇百合子さんの2014年の絵がかかっていました。





この二人での作品、「いやいやえん」や「そらいろのたね」などの作品もありましたが、
メインはやっぱりぐりとぐら!


複製画も交えながら、ほぼ原画でぐりとぐら全シリーズが並んでいました。

文字がなくても、ストーリーを覚えていました。


こんなにまとまって、ぐりとぐらの原画が見られるだなんて、
とっても幸せな気持ちでした。

ぐりとぐらは、丁寧に暮らしている感じだし、
おうちの中はいつも綺麗で、
素敵なものが置いてあって、
とっても幸せそうなんですもの。

そして、どの作品もなんだかお腹が空きます。
特に、甘いものが食べたくなってきます。



順路がわかりづらい個所もありましたが、
絵本の中に入りこむような演出は、
私は好きでした。




どうして山脇さんが絵を描くようになったのか。
宮崎駿さんと中川さんのお話など、
どこかで行われた講演の一部も見ることができました。






こぢんまりした展覧会でした。

いつもは物足りない感じを持つことが多いのですが、
ぐりとぐら展に関しては、ちょうどいい規模だったように思います。

平日に行ったためか、乳幼児と保護者連れが多かったです。
これ以上規模が大きいと、子どもがもたないかも。

絵本に入った気分になれる演出も、
それくらいの年頃の子どもが楽しめる感じになっていました。



しかし、ぐりとぐらは50周年。
そのとき小さいお友達だった人も、今では大きいお友達になっています。

私もそのひとり。

「子どもに見せたい」
という気持ちもあるかもしれませんが、
「懐かしい」
と子ども抜きで見にくる人も少なくないと思うのです。

だから、しっぽつきのつなぎは諦めるから、
どうぞ、お耳つきの帽子だけは「大きいお友達」サイズもあったらいいのになぁ。
と思うのでありました。






■本日のうみぼうず

ぐりとぐらの作品の中には、2匹のほかにもさまざまな登場人物がいますが、
私は飄々として大らかな感じのうみぼうずが好きです。













2014-09-08

初ポータル申請とどきどきすれ違い #ingress





いつもは行かないのに、ちょっと遠くまでのお使いを請け負いました。
それはINGRESSのために。
下心を隠しつつ、何度か行ったことがある場所なので、
どのルートを通ろうか、で頭がいっぱいになりながら出発しました。


普段は自転車で通勤しているし、
最近、なかなかひとりで歩くことがなかったり、
あっても日が暮れるのが早くなって暗かったこともあり、
ポータル申請をこれまでしたことがありませんでした。

この日もどんよりとした曇り空でしたが、
せっかくの歩きなので、
もしかしたらすでに先輩エージェントが申請しているかもしれないけれど、
気になるものを初めてポータル申請してみました。

天気や逆光のせいで、なかなかいい写真が撮れませんでしたが、
それでも5つくらい申請してみました。
申請自体はうまく受理されたようです。


「ポータル申請できそうなもの」という視点で周りを見回すと、
これまで全然気がつかなかったものに気づきます。

INGRESS、面白いなぁ。




ポータルハックやできるところではリンクもしながら歩いていると、
中立ポータル発見!
まずはハックして、レゾ挿しを…
と思っていると見る見る相手色に輝き始めました。

むぅぅぅぅ!

と、辺りをみると、どうやらイングレサーさんらしき人が…

私はまだ生でエージェントと会ったことがないので、どきどきしました。

「あの~、今、ここ、レゾ挿ししましたよね?」
と話しかけるのもなんなので、そのまま通り過ぎました。

緊張の一瞬。

向こうは私には気づいていない様子でした。



ここで学んだのは、
「中立ポータルはハックの前にレゾ挿し!」
ということです。
(横取り?!)




1時間半くらいの冒険になってしまいました。
蒸し暑くて汗だくになりました。

アカウントを取り直したとはいえ、
削除したものを含めると、INGRESSを始めて小一カ月経ちます。

全然、体重が落ちないの。

なんでじゃ~!!!











2014-09-07

柳下修平さんのブロフェスについてのブログを読んでGoogle+とGoogle+ページを作ってみました

event_note9月 07, 2014 forumNo comments





Google+が実名制廃止をし、
せっかくGoogleのブログサービスBloggerを使っているので、
アカウントを作ろうかと思いましたが、
なんだかよくわからないので、様子を見ていました。




8月末に東京で行われたブロガーズ・フェスティバル2014に参加された方のブログを読んでいたら、
Google+とブログの楽しい関係も含めたお話をされた柳下修平さんを知りました。

柳下さんのブログにそのときの内容が詳しくまとめられていて、
それを読んで、
「よし、私もGoolge+やブログのGoogle+ページを作る!」と思いました。



柳下修平さんのブログ A LA CARTE
ブロガーズフェスティバルに登壇してきました!
セッションダイジェスト&ダメ出し/他セッション感想/
運営のみなさまへの改善提案




Googleのアカウントは知らないうちにGoogle+のアカウントとして自分の活動がだだ漏れしちゃうんじゃないかしら。
という不安があったので(実にわかりにくい)、
敬遠したり、様子を見ていた部分もあります。



それに、
ブログ
Instagram
Facebook
Facebookページ
Twitter
note (note.mu)
に加えて、
Google+
Google+ページ
なにをどうしたらいいんでしょう?




あまり利用者がいなさそうなのと、
ネットの記事やブログを見ても、
ツイートボタンとFacebookの「いいね!」ボタンはあるのに「g+」ボタンはなかったりするので、
あまり関心が向かなかったのです。




作ったはいいけれど、
なにをどうしていいのかわからないのは解消されていないし、
「ウェブリンク」のやり方がどうしてもわからなかったり、
イライラすることも山盛りですが、
ひとまずは作ってみました。




G+とブログの活用の仕方について書いてあるブログも探してみよう。


Google+ページに、ブログの更新情報を載せるため、
Bufferという、これまで聞いてはいたものの、
いじるのは初めて!というものも使ってみました。



こういうの苦手だから、うまくいっているのかどうなのかわからないけれど、
ここからもなにかつながるといいなぁ。


そして、ブロフェス、私も参加してみたいなぁ。
8月は1年中で一番仕事が過酷な時期なので、今年はどうにもなりませんでした。



とりあえず、いろいろよろしくね!



■キリエのアカウント

・Google+ → キリエのG+のアカウント

・Google+ページ → ブログ「Turquoise and Pierce」のG+ページ

・Twitter → 一番活発に活動しているかも

・Facebookページ  → ブログ「Turquoise and Pierce」のFBページ

・Instagram → ブログに載せられなかった写真もこちらに投稿








2014-09-06

レベル3から4へ 平和公園で1時間てくてく #ingress






仕事の合間にちょうど1時間強くらい平和公園に行ける時間があったので、
INGRESSのレベル上げに行ってみました。




平和公園はもともと「碑めぐり」ができるほど碑がたくさんあるので、
その多くがポータルになっているだろうなぁ、と想像していました。



あるチームのポータルが密集しているところを「ファーム」と呼ぶそうです。

平和公園もファームのようで、みっちりポータルだらけ。

街なかにあるので、そこでレベル上げをする人が多そうです。

初心者エージェントにはおすすめみたい。
わたしも勧められて行ってきました。

このときの私のレベルは3になったばかり。
20,000APを溜めてレベルアップしたので、
次のレベルは70,000AP、
そう50,000APも溜めないといけません。

普段はちまちまとレゾネータにリチャージして10APをちまちま稼ぐ、
ぐらいしか活動ができません。

ポータルはあるのですが、
レゾネータはマックスの8本挿してあるし、
リンクも貼られていることが多く、
私がつけ入る隙はありません。


平和公園はどこから回ろうか悩むほどポータルがあるので、
うろりうろり回り、
ハックし、
リンクして
なぜか中立ポータルもあったりなんかして。
レゾネータを8本、フルに挿します。

そして相手ポータルにハックしたら100AP稼ぐことができるので、
何色のポータルでも嬉しくなっちゃうのです。


さっきハックしてキーを入手したポータルにすぐにリンクが貼れるのも魅力的でした。



そんなこんなことをして1時間強、平和公園を歩いていると
なんと50,000APが溜まり、
レベル4になりました!



平和公園は緑と青の攻防戦が激しいところなので、
すぐにレゾネータも破壊されますが、
先輩エージェントが破壊してくれたり、
駆け出しエージェントのためにレゾネータの空きを作っておいてくれたり、
リンクもわけわからずとも自由にできて、
レベル上げにはもってこいです。



初心者は相手のポータルを破壊するより、
ハックしてリンクしてレゾ挿して、
アイテム収集とレベル上げに専念したほうがいいそうです。


また行ってみようかな。





普段はあまり行かない碑を見にも行けます。






■本日の時計

広島市民球場の時計。
デザインがかわいいよね。
壁掛けでも腕時計でもいいかもしれない。








2014-09-05

ヒロツクのこもち昆布のCM音楽の作曲者はねずみ王国のあの曲を作った人








広島人なら知っている人も多いローカルCM「ヒロツクのこもち昆布」の音楽ですが、
ジャン=ジャック・ペリーというフランス人が作曲しています。

私は音楽についてあまり知らないですが、
ピコピコいう電子音楽の第一人者だそうです。

ペリーが作曲して、よく知られているのは
ねずみ王国の夜のピコピコパレードの楽曲として採用されているそうです。


音楽好きの人は今もなお「すごい」と唸るほど、だって。






というのをINGRESSのCOMMの中で知りました。

こういうの、ソースをどう表示したらいいのかわからないので、
「伝聞」として書いてみます。

不都合があったら削除します。








2014-09-04

INGRESSと戦争関係の碑 #ingress










ひとことで言ってしまえば「陣取りゲーム」のINGRESSですが、
そこで重要な不思議なエネルギーが漏れているところをポータルと言います。

そのポータルは人に影響を与えるエネルギーを放出していることから、
オブジェや建物などがなることが多いです。



広島は原爆関係の碑が多くあるので、
そこがポータルになるだろう、というのは容易に想像でしました。

実際、平和公園はポータルだらけです。


それでもうろうろしていると、
なんと戦争関係の碑が多いんだろう!
ということに気がつきました。


広島だけなのか、他の土地でもあるのか、
ちょっと関心があります。

そちらではどうですか?








2014-09-01

サンリオ映画「くるみ割り人形」は絶対見に行く!

event_note9月 01, 2014 forumNo comments



サンリオの映画「くるみ割り人形」にはなみなみならぬ思い入れがあるため、
絶対見に行く!

11月が楽しみ!





■本日のモレスキン

8月は忙しかったはずなのに、
妙なところから創作の神様が降りてきて楽しく遊んだ。
そのとき思いついたアイディアをHobonichi Plannerにがんがん書き込んでいったため、
8月だけでPlannerの3カ月分近いページを使ってしまった。
ちなみに今は12月のページを使っている。

なので、ぼちぼちソフトモレスキンラージの準備もしているところなんだけど、
でっかいっていいね!
「くるみ割り人形」のフライヤーをもらってきて、切り抜きをしたのを貼ったら、
クララを折りたたむ必要がなかったんだもの。

モレスキンラージはたくさん貼ってしまって、重たくなりそう!