INGRESS はじめました #ingress





TwitterのTLでやんややんやと流れてくる
スマホアプリの陣取りゲーム「INGRESS」とはなんぞや、と思っていました。

調べてみても、なんだかよくわからりません。
まだ十分な日本語対応がされていないし、
専門用語だらけだし。


しばらく放置していましたが、
やはり関心が捨てられなかったのか、
TLに流れてくるINGRESS関係のブログやサイトをちょっと見ていました。

そうしたら、やたらと歩いている、あるいは自転車に乗っているようです。

運動不足、基礎代謝が低すぎる、体脂肪もなかなか、低血圧、低体温、冷え症…

カーヴィーダンスをちょこっとやるだけではどうにもならないなぁ、と思っていた矢先でした。




どうやら「習うより慣れろ」のようです。

アプリをDLしてみました。


うーん、わけがわからん。



詳しいことは別のサイトなどを読んでいただくとして、
ゲームの世界は、
「ヨーロッパで謎のエネルギー体が発見された。
そのエネルギーを使うと人間をコントロールすることができる」というところから始まっています。

そして、2つのグループに分かれます。

緑チーム。
このエネルギーを使って、よりよい社会を作ろうとする人達。

青チーム。
エネルギーを使ってコントロールされるのはいやな人達。



ゲームをプレイすると、このどちらかのチームに所属することになります。
一度決定したら変更はできないので、
事前に情報を収集して、決めてからアプリをDLするといいかも。
私は一度中断して、すっごく悩みました。



ゲームのプレイヤーはエージェントと呼ばれます。
私もエージェントです。
へなちょこですが。


ここからが、Googleが出しているゲームだなぁ!とうっとりする展開。

エネルギーはあちこちから漏れだしています。
漏れている個所をポータルと言います。

そのポータルを見つけて、近づき、スマホの画面をタップして、「ハックする」というのが、
一番最初にやるといいことのようです。

曖昧表現が多いのは、私もよくわかっていないからです。


Google MAPを使い、
今、私がいる町にポータルが点在していることがわかります。

いつもの町の地図に、もう一枚、透明なシートに印刷された地図をかぶせたような感覚。

ポータルは建造物やオブジェの場所となっていることが多いです。
だから、あの公園が!あの記念碑が!あの建物が!あの役所が!!

実際に歩いて、地図上のそこに近づかないとハックできません。

スマホを片手に、地図を見ながらポータルを見つけてはハックしていきます。




先日、美術館に行くのにうっかりINGRESSを起動させて歩いて行ってしまいました。

やはり街なかにはポータルがあるわあるわ。
それも「あ、もうちょっとこっちに行ったらもう1つあるー!」と余計な回り道をしてしまいます。

美術館に着いたときにはへろへろでした。

なんと帰りも愉快に歩いて帰ってきたため、
この日は8kmも歩いていました。
この夜は気持ちよく爆睡しました。

そして、おうちに帰っても、
「どこにポータルがあるかなぁ」
とすごく気になってしまいます。

お休みの日は出不精で、
土日、お庭にも出ませんでした。
ということが珍しくない私が、
「出かけてポータルをハックしたい!
できることならレベルがあげたい!」
とうずうずしてしまうのです。


INGRESSを始めたら痩せた、というのもちらほら読みましたが、
これは続けたら本当に痩せそうです。




やることは単純らしいのですが、
まだまだ英語表記ばかりだったり、
専門用語が飲みこめなかったり、
レベル上げの方法がよくわからなかったりしますが、
なんだかわくわくしてしまいます。

いつもは通り過ぎる「いつもの世界」をもう一度見る楽しさ。

なんの記念碑かもわからないものが、名称がはっきりわかったり、
こんなところにこんなオブジェがあるなんてと気づいたり。




今、困っているのは理解が難しいことと
スマホのバッテリー消費がすごいこと。

基本、このゲームは無課金なのですが、
・モバイルバッテリーを買う
・新しいシューズを買う
・自転車にスマホを固定するちびバッグを買う
・自転車を買う
など、自ら課金してしまう人もいるそうです。

私もモバイルバッテリーがほしくなってきました。





さて、これからどうなることやら。

地道にレベルを上げていきましょう。









コメント