2014-05-31

Hobonichi Planner 左下劇場 あたいの冒険




とんがった高い山の上で風を受けながら立っている姿が描きたかった。




   

2014-05-30

砂糖のことば





北イタリアのコーヒーを楽しんだとき、私にしては珍しく砂糖を入れて飲んだ。
イベントに行くのを半分諦めていたのに、
ミラクル的に仕事を早く上がることができて、会場に駆け付けたので、
なんだかちょっとくたびれていて、
甘いものがほしかったから。


砂糖の袋にはコーヒーの袋と同じデザインが印刷されているのを
トニーが教えてくれた。

その裏には一つずつ違うことばが書かれている。

私のは
「人が過ごす時間には
にぎやかな時と
静かな時がある。
コーヒーを飲む時は、静かな時である」
という内容らしい。

私の英語力が確かなら、なんだけど。








   

2014-05-29

北イタリアのコーヒーと英会話を楽しんだ日





ふらり、イベントをのぞく。

つもりだったのに、その日は終日ウェルカムパーティー状態で、ワンドリンク制。
それは承知で行ったけど、中はお知り合いの人達でいっぱいで、
本当にふらりと訪れた私はストレンジャーだと思い知る。

違和感いっぱいの中、いつもの私なら早々に退散するのに、
今回もなぜかユエのことばが残っていて、
まずは自分のペースをつかむため、会場にあった椅子に座り、疲れをいやす。
そうしながら、会場を見回す。

イベントに来てくれた人にお礼を言う人。
案内する人。
ドリンクを楽しむ人。
イベントを楽しむ人。
おしゃべりする人。
名刺交換をする人。
私のようにストレンジャーの人。


いろんな人がいるのね。


よそ者だから見えるものもあるかしら。



ようやく落ち着いて、私は声をかけられていた北イタリアのコーヒーを飲んでみることにした。
英語まじりの日本語で説明をうける。
熱心にイタリアン・コーヒーのお話をされるのでてっきりイタリア人だと思っていたら、
なんとスペイン人だった。

いれてもらったコーヒーを飲みながら、カミーノ・デ・サンティアゴの話をする。

エスプレッソがおすすめだったけど、
私には強すぎるので、エスプレッソに牛乳をいれてもらうことにした。

深いかおりがするのに、
カリッと香ばしく軽快。
不思議。
重たくない。
そして奥行きの広さ。



飲みながらコーヒーのお話も。

イタリアとスペインとフランスのコーヒー事情について。

コーヒーとオイルの相性とコーヒーに合う一部のチョコレートについて。

夢と現実。

ベルギーやオランダでの修行。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの話。



そしてちょいちょい通訳。
あまり必要なさそうだったけど。




私のへなちょこ英語力。
もうちょっとでトラベル・英会話のチャクラが開くところだった。
今回はそこまでサバイバル状態じゃなかったので、開かずにすんだ。
久々だったので英語が鈍りまくっているのを痛感。



楽しかった。



英語、少し勉強したほうがいいのかしら。
本格的に腰を据えてする気にはならないけど、
ネットラジオでロサンジェルスの番組なんて聞いている。
意味は取れないけど。






■本日のお豆






このメーカー、ご存じ?







   

2014-05-28

「れりごー!」が人気だけど「ありのままの自分」を認めたりさらけだしていない、と思っている人が多いのかな




まだ見ていませんが「アナと雪の女王」が人気です。

作品だけではなくて、主題歌の"Let it go!" 「ありのままで」がすっごい感じです。
Twitterからの印象なんですが。


ネットの記事で「どうしてあんなに『ありのままで』がはやっているのか」というのも読みました。
そこでやっと動画サイトで、松たかこさんの「ありのままで」と英語の歌詞と日本語訳のついた"Let it go!"を聞きました。



「もう、自分を抑圧して我慢するのはやめて、ありのままの自分を認めて、このまんまで生きていくんだ!」
という内容。


これってさー。

多くの人の内なる声を代弁しているから、こんなに人気があったんじゃないか。

と思っちゃった。






私も
「ホントのあたしはこんなんじゃない」
「言いたいことはもっと別のこと」
「したいことはもっと違う」
「自由になりたい」
とずっと思っていた。


反抗もしたし、冒険もしたし、
人を傷つけもしたし、自分も傷つけもした。



そうやっていく中で、
人に頼れるようになったり、
自分をかわいがれるようになったり、
これまでの経験がようやく熟して自分が持つ力が実感でき始めて、
少しずつ
「ありのまま」の私
になっていった。


完璧じゃないけど、以前よりかは呼吸が楽だ。





大きな声でのびやかに歌える「ありのままで」を歌うことで、
自分の中のものが吐露できるといいな。


そういう意味でも素敵な歌だね。














   

2014-05-27

緑のカーテン計画2014




今年ものんびりと緑のカーテン計画が始まりました。

西向きの部屋にいる私には夏の死活問題・西日!



去年はユウガオの種をまきましたが、日よけにはいたりませんでした。

今年は深いプランターに、
ゴーヤー、
アサガオ、
フウセンカズラ
の3種を乱れ蒔き。


結実を狙うのではなく、とにかく葉っぱで私を西日から守って!!
って感じです。

どうなることやら。


最近、ますます威力のなくなった私のみどりの指の力はどうなのでしょうか。








   

2014-05-26

なにが出るかな どきどき自動販売機




色あせた見本には「なにが出るかな」100円と書かれている。

ショートの缶だと50円。



なんだろう、この感じ。

妙にわくわくしちゃった!







■本日のどきどき







麦茶でしたー!



   

2014-05-25

文太の呪い ~広島弁はこわくない~




広島弁をしゃべります。

えぇ、ネイティヴ・スピーカーですから。



県外の人からすると、

広島弁
 ↓
菅原文太
 ↓
こわい
 ↓
広島人こわい

となるようです。




文太さんの映画が公開されてどれくらいになるんでしょう。

そろそろ、「こわい」イメージ、なんとかしてほしいなぁ。




怒ればこわいし、
濁音が多いので音としてきれいじゃない、と言われますが、
なんだかうんざり。




いつになれば「文太の呪い」が解けるのか。


だからといって、広島弁をしゃべるのをやめませんよ。
私の魂のことばじゃからね!










   

2014-05-24

東京の楽しみ方教えてください




東京やその近辺に友達や知り合いがちょいちょいいて、
実際にお会いしたことない人も多いので、
何人かの人から
「東京に来ないの?」
と聞かれることがあります。

そのとき、生返事しちゃうんですよね。

東京の地理がよくわかっていなくて困る、というのもあるけれど、
どうやって東京を楽しんだらいいのか、わからないんです。


「人に会うためだけに東京に行く、っていうのもいいかなぁ」
とも考えたこともあるのですが、
なんだかちょっと。うーん。

何度か東京に行ったことがあるのですが、
都会すぎて気遅れしたり、
でも広島にあるものもたくさんあるし、
人気があると行列だし、
どこで息継ぎしたらいいのかわかんないし。

あと、美術館博物館ばっかり行ってしまって、
「街を見なかったなぁ」
とも思ったり。

なかなか難しいんです、ざっくりとしたものでも計画を立てるのが。



どうやって楽しんだらいいのかしら?

ねぇ、わかる?





でも会ってみたい人もたくさんいるし、
ああ、どうしようかなぁ。




まぁ、「キリエのお仕事死闘編」が終わる秋にならないと旅立てそうにないんだけどね。






   

2014-05-23

大衆ウケしなくったって類友で出会えるよ




髪がまとまりにくくなったし、
すっきりしたかったので、
ちょっと無理を言ってマリオに髪を切ってもらいました。

前回はイメージを伝えることができませんでしたが、
今回も明確で強いものは伝えられませんでした。

「すっきりでフェミニン」
でお願いしたら、マリオの好きなオールドローズのような丸いふんわりしているのに、
何房か長いところがぴょんぴょんと跳ねるキュートな感じになりました。
随分、短くなったけど。





そのとき、私の髪型に対して2人も男の子がダメ出ししたことを話しました。
私の髪型は左右非対称で、なかなか個性的。
「これでは男にモテない!」
というのが彼らの言い分です。

マリオはそれを聞いて大笑いしていましたが、
「そういうのも切れますよ。
でも、キリエさんは『一般大衆ウケ』する髪や男はあまり好きじゃないでしょう?
だから、こういう髪型を薦めるし、
キリエさんなら好きかも!というモノやお店を薦めています」
ときっぱり言いました。

わかっていらっしゃる。


日本の風土にちょっとなじめないけど、
海外で通用するのかと言えばそこまで強くない私ですが、
世間がどうの、流行がこうの、というより、
「自分が好きか嫌いか」
で取捨選択しています。


「一般ウケより、類は友を呼ぶ、と言うし、
実際とても個性的な女性がとても個性的な男性と出会って、この間結婚しました。
だから、キリエさんは自分が好きなものを追いかけて、
そこで出会う人と仲良くなるのがいいんだと自分は思います」



すっごく嬉しかった!



世の中で言われている男性ウケする格好や言動より、
自分が面白いものが「面白い!」って言えるほうが好きだもん。

あたしはあたしで突き進んでいいんだわ。

ユエのことばも思い出して、安心しました。







■本日のピアス

レースのピアス。
ベルギーのお土産。

私もガーリーなものを身につけることがあるのよ!
とThe Trunk Marketにつけていった。




   

2014-05-22

Hobonichi Planner The Trunk Market 2014 spring & summer




飲んで食べてばかりしてますね、キリエさん。




   

ネックレスを身につける




仕事の死闘編は秋頃まで続きそうですが、
格闘編はまぬがれそうなので、
最近、ネックレスをすることが増えました。


すごーく前に買ったものですが、
シンプルで軽くて気に入っています。

多分、もっと暑くなって汗ばんでくるとしなくなるのでしょうが、
もうちょっとだけつけさせてください。


スカートをはかないあたしの精いっぱいの「女の子」です。





   

2014-05-21

Hobonichi Planner スタンプショウ・ヒロシマ2014




スタンプショウの「お手紙コーナー」でハガキを書いたあと、
ちゃっかり、Hobonichi Plannerも書いてみました。

無料配布の切手を貼ると、雰囲気がいいですね。

割と早い時間にいったので会場の熱気はまだ人が少なかったはずなのに、むんむんしていました。




外国の切手のせいか、
スペインやスイスにいたときにハガキをたっぷり買ってよく出していたせいか、
なんだか夏の海外生活を思い出しました。

こういうのは、きっと記念品としていただいた、モレスキン・ラージが似合うんじゃないかな、
と思いました。

大判なので、日記もイラストもチケットの半券もスタンプも全部ぜんぶ、
どーんと受け留めてくれそうです。

あー、夏モレ、今年も作りたいなぁ。

けれど、Hobonichi Plannerを使っていて、
旅モレも準備して、
これに夏モレと称してラージをおろしたら大変なことになりそう!!

この悩みって、ノートブック好きな人にはわかってもらえるかしら?



ああ、どうしようかなぁ。










   

PILOTのkakunoは持ち運びによい




万年筆のcocoonが戻ってきましたが、
入っているインクが違うので、kakunoもがんがん使っています。


スタンプショウ・ヒロシマ2014に行ったときは、
DELFONICSのオレンジのバッグに切手やハガキ、ノリ、住所録、Hobonichi Planner、スケジュール帳と共に
kakunoも仕込んでいきました。


軽いし、なくて不便というのも聞きますが、フックがないのですっきり収納できました。



あの軽さがなんとなく手応えがなくて不安定な感じでしたが、
実際に持ち運んでみると、なかなかよかったです。

もっと気軽に持ち歩いてもいいかも!!










   

2014-05-20

Hobonichi Planner ホラー映画はキライ




キリエにホラー映画を見させたらどうなるか。
といういぢわるなことをおっしゃる人がいらっしゃったので、
抗議のお手紙を書いたのがこちら。

私は本でも映画でも、その世界にとっぷり浸かって入りこんでしまうので、
ホラーもパニックも厳しすぎるドキュメンタリーも
苦しくなって、すんごく落ち込んでしまって苦手です。

でもストーリーは気になるので、
涙と鼻水でぐしゅぐしゅの顔をしてコアラのごとくしがみつきながら、こわいシーンが過ぎ去るのをとにかく堪えて待ち、
またストーリーを追うのだと思います。
そして見終わったあとはぐったりして、毛布にくるまって寝る。
きっとこれだな。

ひどいときには数日間、落ち込んだままだし。

というわけで、よろしく頼むよ!






■本日のキリエねこ

毛布にくるまってなでなでされながら寝るのは好きです。







   

The Trunk Market 2014 春夏版 袋町公園 蚤の市




去年の秋、なにも知らずにふらりと訪れたThe Trunk Market。
すごく洒落ていたし、気持ちよかったし、
あとになって肉団子を食べなかったことを悔やんだし、
また行きたいな、と思っていました。

そうしたら5月の連休も終わり、緑が萌えさかって気持ちのいい季節に、
2回目となるThe Trunk Marketが袋町公園で開催されました。

関心が高いせいか、去年のブログ記事のアクセスがちょびちょび増えていました。
すごいなぁ。



今回は偶然お友達と会えたので、一緒に楽しみました。










まずはRAKU BEERでビールを飲み、
Facebookで粗相をしてしまった方へご挨拶をし
(ひとりでは怖気づいていて逃げていたかも。助けてくださってありがとう!)、







やっとSUnDAYSのフードを食べ
(カルロスさんの料理が絶品!と聞くのに、これまで2回も逃していました。
今回はヤギのチーズとリンゴの煮たのが入った大人のホットサンドと
写真にはありませんが念願の肉団子煮込みを食べました。
肉団子はスパイスが効いていて、おいしい!
すっごく好きです。
他にもいろいろありました) 、
買ってもらったスパイシーチキンも食べ、






微炭酸で甘口の白ワインを飲み
(グラスはプラスティック。お洒落なものがあるんですね!)、









青のりの香りが高いかき揚げがのっかったお蕎麦を食べ、











ハンサムわんこと交流し、












赤いお靴を買って帰りました。
(スウェードなんだけど、やわらかく作ってあって、気持ちいいです。
夏でもいけそう!)








お天気がサイコーに良くて、気持ちよかった~!




なにかご縁があって新しくおしゃべりできる人がいるといいなぁ。

きっと、こんなに大盛況だったので、次もあると信じたいです。
そうなったら、また行こう!








■本日のトランク






前回に引き続き、今回も大きなトランクが置いてありました。
このトランクになにを詰めて移動をしたんでしょう?



 




   

2014-05-19

スタンプショウ・ヒロシマ2014




師匠が東京のスタンプショウでくまモンの消印を押したハガキを送ってくれたのをうらやましがっていたら、
広島で開催されるスタンプショウのことを教えてくれたので、
早速行ってみました。


スタンプショウが広島でもある、というのは聞いてはいたものの、
今回、行くのは初めて。

こぢんまりした会場には、テーマに沿った切手や消印がたくさん展示され、
また、切手の販売や質問コーナー、古切手の無料配布などがありました。


私は父の切手コレクションがたくさんあるので、切手を買うことを控えているのですが、
会場にいる人達が嬉しそうな様子は私を楽しくしてくれました。

手紙を書くコーナーがあり、私も持参の葉書と切手、そして無料配布の珍しい切手とで3枚、ハガキをしたためました。

特別風景印はなかったのですが、広島中央郵便局からもみじの形の小型風景印があったので、押してもらいました。




なくしたと思っていたcocoonが見つかったとき、3枚のハガキと1通の封書をしたためていたのですが、
あれ以降、なんだかふらりとハガキを出すのが楽しくなりました。

以前は相当な筆まめさんだったんですよ。

最近は週一ペースでの師匠との文通が滞っていたので、
今年の野望リストの中に
「いただいたお手紙の返事はすぐに書く」
というのがありました。

今はなんとか間をあけず、ハガキを送っています。




ちなみにハガキも買い控えているのですが、そろそろ自分の写真から何枚かハガキに仕立てたくなりました。

あとは旅先からのふらりハガキもいいな、と思っています。



 こうやってふらりとハガキが出せる相手がいるなんてなんて幸せなんだろう。








■本日のカワウソ


まだ赤ちゃんなので、カワウソ水槽とは別のところにいました。
眠たそうでした。

















   

2014-05-18

ねこ歩き 岩合光昭写真展




毎回、岩合さんのねこ歩き写真展があるたびに、
TwitterやInstagramではにゃんこ好きの人がめろめろになっているのを
私は見ていました。

そして今回初めて岩合さんの「ねこ歩き」の写真を見ました。

にゃんこのかわいさもさることながら、
「どんな体勢でこの写真を撮ったんだろう?」
「これはどんなレンズで?」
「こんなに大きく伸ばしてもいいだなんて、どれくらいの高画質具合なんだろう?」
と、別のこともすっごく気になってしまいました。



ねこってお友達になったことがないので、
まだまだ不思議な存在です。
よく知らないのですが、私は人から「いぬよりねこっぽい」と言われることが多いです。
そうかにゃ?


チケットもにゃんこの形に切り取ってあって、かわいいなぁ。







■本日のペンギン







   

2014-05-16

いちごクリームパンケーキ




なんだか久しぶりに女の子っぽいものを食べたような気がします。

いちごにひかれて注文したパンケーキはパフェのような勢いがありました。

元気のいい格好だったので、
もうちょっと女の子らしい格好をしていたらよかったのかな、
とちょっぴり思いました。


スカート、ほんとにはかなくなったのよねぇ。

なんだか、きちんとエスコートしてくれる人がいないとスカートをはく気になれない感じです。

あまり歩かなくてもいい、とか、
戦わなくて守ってもらえる、とか、
なんだかよくわからないけれど、
安心感が持てなくちゃ。

いや、仕事でスカートをはかなくちゃならないときは、はきますよ。






■今回の水族館



エビちゃんでそろえてみました。






この赤い、白ドットのエビちゃんがかわいくてかわいくて!
こんな恰好をしたいです。
かわいいよね!




 エビちゃん、スケルトンですね。



   

2014-05-15

世界のビールとグルメスタジアム2014




去年のオクトーバフェストのような雰囲気で、
またもやビールのイベントが旧広島市民球場跡地で開催されました。


4月にはここで「地ビールフェスタ2014」も開催されたのですが、
寒かったのと、
仕事がハードで休みの日には動けない状態だったので、
こちらは諦めました。



販売スタイルもオクトーバフェストと同じだったので、
混乱することなく、ささっと買って、
深いコクのあるビールを楽しみました。

ちょっと残念だったのは、プラスティックカップだ、ってことかな。

ヤバい。
これに慣れると普段飲んでいる缶ビールでは物足りなくなってしまいます。









フードもいろいろありましたが、ムール貝が魅力的でした。





休日の昼間からお酒を飲むなんて、なんて素敵なのかしら。


今年もオクトーバフェスト、やるかなぁ。






■2014年のフラワーフェスティバル







ちょうど広島ではフラワーフェスティバルも開催されていたので、
酔い覚ましに見に行きました。

今年の花の塔のデザインは小学生の男の子のものが採用されたそうです。

元気と勢いがあって、かわいいな。









   

2014-05-11

Hobonichi Planner PILOT cocoon ただいまぁ!








なくしたと思っていた、万年筆cocoonが帰ってきたので、
すっごく嬉しくて、
えらい勢いでHobonichi Plannerに書きました。

LAMY Safari
PILOT kakuno
PILOT cocoon

今、私が使っている万年筆が勢ぞろいです。








   

iPhoneの充電器のケーブルの表面に亀裂が入ったのでアドバイスに従って応急処置をした




気がついたら、iPhone充電器のケーブルの表面が裂けていました。

わわわ!


docomoのガラケーを使っていたときにはこんなことがなかったので、びっくりです。








Twitterなどで聞いてみると、よくあることのようですが、このままではまずいらしく、
「マスキングテープ貼ってるよ」
というのを聞いて、
旅人のiPhoneらしくしようとスナフキンマステを巻いてみました。

下のピンクのマステはちびのミィのもので、最初はきれいに巻けていました。
一度、取ったのですが、撮影を忘れていたことに気づき、巻き直したので、こんな雑なことに。
ちゃんとスナフキンとミィが見えるように巻いていたんですよ。










が、「マステは間違い!紙だからよろしくない!」とすぐに訂正が入ったので、
翌日、職場でビニールテープを借りて巻きました。




しばらくはいいかな、と思っていましたが、
すぐにビニールテープがずれ始めたため、
これは早急にショップに走ったほうがいいようです。

もう、充電をしながらiPhoneを見たり、通話したりするのはやめよう。






■本日の悲しみ

職場のおやつに出た聖護院八ツ橋ですが、
食べる時間がなかったので持って帰りました。
すると縦に亀裂が…

ちょっぴり悲しくなりましたが、
生八ツ橋もいいけれど、
肉桂のきいた焼き八ツ橋も好きです。






   

2014-05-10

「なくした」と思っていたPILOTのcocoon出現!








去年の秋買った万年筆PILOTのcocoonが、
今年の2月に不意になくなり、
すっごく悲しくなってkakunoを買い、
そのあとも探して、
一番アヤしい木製シェルフの中を全部出して移動させたときにも見つからなかったので、
相当落ち込んでいたのですが。

4月と5月のGWの間に、
お葉書を3枚と封書を1通したため、
それらを送るために、季節に合った切手を探そうと、
切手の入ったポケットファイルをめくっていくと
ちょこんとポッケの中に入っていたのです!!


わーいわーい!!

おかえり~!!




インクフローも大きく問題はなく、
あの手にずんとくる重さと金属の柔らかな冷たさが返ってきました。


すっごく嬉しい!



神様、ありがとう!!







■本日の地図






トーベ・ヤンソンさんが描いたムーミン谷の地図を見るたびに、
とてもうらやましく思う。

私も自分の手帳に、旅の記録として地図が描きたいのだけれど、
「見たままをそのまま描く」模写がまったくできないので、
地図として成立しないからだ。


特に夏の手帳に地図があったら、私のテンションは高く高く舞い上がる。









   

2014-05-09

コミックス版風の谷のナウシカ全7巻がやってきた!




「たまに読みたくなるんだよね」
という本、ありませんか?

私は「風の谷のナウシカ」の原作です。

1度、人から借りたことがあるのですが、全巻そろっていなかったのと、
次は、まんが図書館で借りたのですが、1回につき5冊までしか貸し出せないのと、
返却期限があったので、
ざーっと読むしかできませんでした。




あるとき、Twitterで「ら・ら・ら・らーめん♪」のまおさんが、
「ナウシカの原作を手放そうかな」
という内容のツイートをされたので、
「読みたい」とリプを飛ばしたら、
送ってくださることになりました。

わーいわーい!!




そして数日後、キレイなコミックスが7巻そろってうちにやってきたのです。
嬉しさのあまり、大好きな蟲のかぶりものをしたのを描こうとしたら、
勢いあまって、1巻の表紙のあまり蟲が描かれていないものを見て描いたので、
残念な結果になりましたが、それでいいの。




映画より描かれている内容が深くて複雑なので、
じわりじわりと読むつもりです。

まおさん、ありがとうございます。





■まおさんについて

まおさんを私はNOTEBOOKERS.JPの第一期ライターさんとして、知りました。

今は私も第二期ライターとなっていますが、憧れのサイトのライターさんですよ。

そして、まおさんの投稿はとても楽しいの!
イラストレーターさんなのですが、
シンプルでなめらかでちょっとユーモアがある温かいラインのイラストや
文房具に対する愛があふれている投稿が、とても素敵なのです。

中でも、NOTEBOOKERSの管理人でもあり、カリスマ的存在のモレカウに
ご自分のノートブックを見てもらった「ラーメンノートができるまで」はもう大好きで大好きで!!
今でもちょくちょく読み返すお気に入り。

ほろ酔いのモレカウの絵がとってもかわいくて、
全然親しくないのに、
「関西に来ていたモレカウが帰りの飛行機に乗り遅れて
『タカヤピーンチ!タカヤピーンチ!』
とツイートしているモレカウを描いてください」
とTwitterでリクエスト、という無茶ぶりをしたこともあります。
すみません。

(※タカヤとは、モレカウの名字)




そんなまおさんのツイートに、
「ガラクタ捨てれば自分が見える」(カレン・キングストン)などの本のことが書かれ、
そしておうちの中を大々的に見直して、
「必要なものだけを持ってすっきり!」のお片づけがされ始めました。

その、手放すものの中にナウシカの原作があり、私のところにやってきた、
というわけです。


まおさんのこの一連のツイートを見て、私も焦りました。
引っ越しして4年目に入り、
なんだかお部屋がもにゃもにゃしてきたのを痛感していたからです。

しかし、今年は仕事の大役を仰せつかり、
そのこれまでの資料が段ボール箱1つと半分くらいがやってきているし、
その役目を終えるまで、下手にモノを捨てるのがこわいのです。


まおさんのツイートを見るたびに焦りは募りますが、
なんだか動けないので、
「これが終わったら、私もばっさばっさ手放すんだ!」という野望があります。


ついでに言うと、
そのお役目のために休みを返上して、
家で仕事をすることがとても増えたので、
旅行に行けていません。

「これが終わったら、私、旅に出るんだ!」
とずっと言っています。

どこに行こうか考えているところですが、
その一つにお正月にユエが送ってきてくれた富士山の写メが忘れられず、
「富士山をきちんと見たことがないなぁ。
見にいっちゃおうかなぁ」
というのがあります。

まおさんは富士山のお近くなので、
もしかしたらこれでお声をかければお会いできるのかも!
という妄想もふくらんでいます。
が、まだ内緒。

旅人は気まぐれなので、しっかり決心がついたら連絡するつもりです。

そしたら、駄菓子屋で黒はんぺんを食べるんだぁ。
静岡おでん、って私が知ってるおでんとはちょっと違うらしいの。
うふふ♪





さぁ、まおさんの文房具愛が気になってきたでしょ。
素敵な文房具のブログも書かれています。

Mao`s pencil

(点は ' じゃなくて ` みたいです。私にはそう見える!)




写真もいいんです。




静岡ではノートブック好きの方が集まる会が開催されて、
まおさんはそこの主催者のおひとりのようです。
私も機会を狙っているのですが、やはり関西より東はちょっと遠いです。

お近くで興味のある方は、そちらもチェックしてみてくださいね。





まおさん、ナウシカの本も名刺も、ブログ登場の件もたくさんありがとうございました!








   

2014-05-08

Google Blogger にきてちょっと寂しいな




自分が望んで、ブログサービスにGoogle Bloggerを選び、ここでブログを書いている。

アメブロにいたらわからなかったこと、感じなかったこともたくさんあった。

後悔はしていない。

ただ、ちょっと寂しい。


Bloggerを使っている人同士でつながる機能はないし、
内容も真面目だったり、堅かったり、
それが魅力でもあるけれど、
たまにTwitterに流れてくるブログがアメブロだったりすると、
きらきら女子ブログ、
みたいなのがいっぱいで、
なんだか「いいなぁ」と思う。


人とつき合っていくのが、リアルでもネットでもちょっと苦手なので、
「つながり」が増えるとしんどくなって、
「ひとり」の場所や時間を求めるのだけど、
それでも、寂しくもなって、
ねこみたいに誰かにすりすりしたくなったりもする。




私から動けばいいのも知ってる。

でも、「寂しさを埋めるため」に動くのは好きじゃない。

もっとこう、内側から、
「あなたに関心があるから動かずにはいられない」
っていうのがいいな。







■本日の難しい

noteでは、これまでやったことがない、
「フォローまつり」をやってみた。

noteではTLを追うのを諦めたので、
とにかくフォローしてTLを加速してみよう、というものだ。

ちょっとやってみたけど、自分に合わないことがわかった。

やっぱり一人ずつ、
「この人の発するものが見たい!」
というのをしっかり自分で感じながらフォローしないと、
TLを見るのがつらくなる。


いろいろ難しいね。









   

スタンプショウ2014 くまモンの消印




師匠からの葉書にくまモンの消印が押してありました。

さすが、師匠!わかっていらっしゃる。



スタンプショウってどうなんでしょうか。
1度のぞいてみたいな。


今年のキリエの野望のひとつに
「いただいたお便りの返事はすぐに出す」
があります。

結構、がんばっています。




 

   

2014-05-07

マゼンダモレスキンを旅モレとしてデビューさせました




普段は、Hobonichi Plannerをバディとして使っていますが、
カバーをしていなくてもやっぱり重いので、
GWに宮島に行くのを機に、
眠っていたマゼンダモレスキンを「旅モレスキン」、通称・旅モレとして使うことにしました。

去年からずっと旅に出たいと思っているのに、
結局、宿泊を伴う旅行には行けていません。

何度かお休みを取ってはみるものの、
休み中に家でこなしておかなければならない仕事や
休み明けのスケジュールがえらいタイトで、
「今、あたいが倒れたらえらいことになるー!」という職場の状態に
無謀な出発をすることをためらっています。


旅はやっぱり、荷物は小さく軽く。

モレスキンはやっぱりよかったです。


しばらくは、行きたいところの情報を集めるノートブックとして使って行こうと思います。








■本日のゆるゆる







ムーミンママはムーミン屋敷の台所で、ケーキとお茶の準備。
私もお邪魔したい。