世界の涯てでお茶を飲む。/ 太陽の光のように幸せになること。 海のように扱いにくいヤツとなること。

2014-04-30

Hobonichi Planner #愛知県小牧市のバウムクーヘン レンジで温めたらぷるんぷるんの巻 #執事の館





執事の館からバウムクーヘンが届いて2日目。

冷蔵庫で保管していたので、第二のお勧めの食べ方「レンジで温める」をやってみました。


これが、なんとも!!

Hobonichi Plannerに書いてある通りなんですが、
ほかほかでぷるんぷるんして
プリンとか卵そのままとか茶碗蒸しとか、なにかそういうものを食べている感覚なのです。

まさかこんなにも食感が変わるだなんて!!


本当に驚きました!


これは楽しいバウムクーヘンです。





■今回の八重桜










 散り敷く






画面に「抜け」と作ろうとするも、
木は大きいし、
花はたわわに咲いているし、
どこをどう切り取って、
構図考えて、
抜けを作ろうかなんて、難しかった。







2014-04-29

「中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい?」  NHK_PR1号

event_note4月 29, 2014 forumNo comments



ようやく本がぼちぼち読めるようになってきて、
ずっと気になっていた本をぽちぽち読んでいます。



NHK_PR1号さん(以下PRさん)のツイートはTwitterをやっていたら、
どこかかしらリツイートが回ってきたり、
面白公式アカウントの絡みでTLに流れてきていました。

私は1度フォローしましたが、なんだかふざけすぎている感じがしたので、リムーブをしました。
しかし、その後、糸井重里さんとTwitterでやり取りするのを見て、
再びフォローし、今に至ります。



ただ「面白い!」と思っていたPRさんを強烈に意識したのは、
やはり、堀潤さんと同じく東日本大震災の時でした。


PRさんのツイートは、パニックになっている私のTLの中で大きな支えになるものの一つでした。
急がせるけれど、落ち着けるようなことばがけ。
特に、「ひとりでいる人、お年寄りにはお互いに声をかけあうだけで安心できるのでぜひ声をかけてください」といった内容のツイートは他にしているものはなかったように思います。
PRさんのTwitterを通しての声かけは、私も安心させてくれました。
そのツイートが可能だったのは、PRさんが阪神淡路大震災を体験しているからだということを
ほぼ日刊イトイ新聞のコンテンツで知りました。






私はPRさんが随分有名になってからフォローしたので、わからないこともたくさんありました。

私の疑問に答えてくれたのがこの本でした。

どうしてPRさんがPRさんになったのか。

2号先輩がどうして誕生したのか。

震災のときのツイートは何を考えてされていたのか。

普段の「ふざけすぎている」とおしかりを受けるツイートもなぜしているのか。



PRさんの誕生秘話(?)はすごく楽しかったです。
Twitter自体が出始めから、どう使っていけるかの模索期にあたっていたのだと思います。
また、PRさんの軸のブレのなさ。
淡々と「こうですから」と突き進みながらも、どこか天然で親しみやすいところもある人柄がよくわかりました。

年代が特定されそうなアニメへの詳しさのにじむツイートはここから発せられていたのか。
というのも納得しました。


そして、震災発生後の4日目の、
平常心を取り戻すために「これまでどおりのユルいツイートをします」宣言をツイートしたときの舞台裏(?!)は、もうどきどきしていました。

私は実際に揺れを体験していないので、なにかよくわからないまま、
「とにかく大変なことが起こってるんだ」
という不穏な空気に包まれたままでした。

本でも取り上げられていましたが、
NHKの放送が他の手段、私の場合はニコニコ動画で視聴できるようになり、
私は見てもどうにもならないことを知りながら、遅くまでNHKの放送を見ていました。

民放のテレビでは公共広告機構の「まほうのことば」のCMばかりが流れていて、異常さが募るばかりでした。

こんな中での
「これまで通りのユルいツイートをします」宣言は、
「あ。私は何もできない」
と自分を責めたり、
不穏な空気はあるものの普段と変わらない生活ができる自分がなんだか申し訳ない感じがして、
どう動いていいのかわからない、
と戸惑っていた私に、
「私も、これまで通りでいいんだ」
と思わせてくれました。


ヴォノからは
「西は特になにもないのなら、いつも通りの生活をしてほしい。
西から盛り上げていってほしい」
というメールがちょくちょく来ていました。

ヴォノやコォからの深刻で過酷なメールも来ていたので、
私も委縮していたのですが、
やっとこれまで通りの呼吸ができたような感じがしたのです。


PRさんの震災時のツイートについては、
この本が出版されてからほぼ日刊イトイ新聞で行われた対談でも話されています。






こんなことを思い出しながら、私は本を読み進めました。

PRさんの文章はわかりやすく、そして人間くさく、
自分がツイートしたことでのリプライへの反応がすごくわくわくして、
どんどん読んでいきました。



本は2号先輩が出てきたこと。

そして、フォロワーが増え、「マス」になっていったことで、
「これまでと違う影響力がある」ことを感じるあたりで終わっています。







この本が出版されて少しした頃だったと思います。

たびたびヒヤヒヤしていたPRさんのツイートですが、
内容が問題となったらしく、
PRさんのツイートがしばらく止まりました。

NHKではなく、フォロワーがそんなに多くなかったらこんなにならなかったかもしれません。

説明がないまま、ネットではいろいろな憶測と思われることが流れ、
それからふらりとPRさんは帰ってきました。

けれども、ツイート内容がそれまでのノリのいいものではなく、
なんだか窮屈そうな、
奥歯にものの挟まったような、
なんだかヘンな違和感を覚えました。

「ホントはPRさんはもっと違うことが言いたいんじゃないのかなぁ」
となんとなく思っていました。




なんだか不完全燃焼な感じをずっと拭えないまま、
PRさんは2014年3月末、Twitter担当を離れることになりました。

やはり、あのツイートは1号さんにしかできないものだな、と思いました。





懐かしくなって本を読もうと思ったのかもしれません。

今なら、自粛(?)にいたるまでとそのあと卒業するまで、どうだったのかを聞きたいところです。

いつかそんな機会があればいいな、と思いつつ、
私もTwitterを楽しんでいます。












■今回の八重桜




大ぶりで派手な八重桜ばかりではなく、
儚げで繊細な花もありました。















2014-04-28

Hobonichi Planner 寝袋





こたつをとらげたら、寝袋を出すシステムです。

※ とらげる…片づける、の意。ちょっと古い広島弁。






■今回の八重桜





淡い色合いの「松月」は花嫁さんみたいでした。















2014-04-27

造幣局広島支局の花のまわりみちに八重桜狩りに行ってきた

event_note4月 27, 2014 forumNo comments







五日市の造幣局が毎年1週間開放して、八重桜を公開しています。
これまでずっと行ってみたかったのですが、休みや天気のタイミングが合わず、これまで行ったことがありませんでした。

しかし、今年は公開最終日が休みになり、駆け込みで行ってきました。











今回で第24回だそうです。
「八重桜イン広島」のセンスがなかなか。

JR五日市駅から臨時シャトルバス(有料)が出ており、
バスを降りてからちょっと歩いて、すんなり到着しました。











中には57品種218本の八重桜がありました。

すでに終わっている品種のものもありましたが、もふもふもふもふ桜が咲いていました。

改めて「サクラはバラ科なんだ」と体感できるくらい、ボリューミィな桜がいっぱい!









平成3年4月から「花のまわりみち」という名称になったんでしょうね。

それまで「通り抜け」と呼んでいたような気がします。









珍しい品種もたくさんあって、これはほんのり緑がかった花の「鬱金」。










これは黄緑色の「御衣黄」。
花びらの先が尖がっていて、花びらの真ん中に赤い筋が入っています。






もうお腹いっぱい!
というほど堪能しました。


生憎のどんよりした曇りでしたが、
この下手な腕で写真をいっぱい撮りました。



ふふふ!
懲りずに再び「八重桜日和2014」として、また桜の写真をどっさり載せることにします。


だって桜が好きなんだもん!












2014-04-26

Hobonichi Planner版 #愛知県小牧市のバウムクーヘン到着 #執事の館






ほぼ日手帳ブログ










■本日のゆるゆる







でんちゅうくん

「電柱くん」だと思っていたら、
彫刻家・平櫛田中の出身地・岡山県井原市のゆるキャラ。

電柱の代表作の「鏡獅子」 を模している様子。

すんごく説明しないとわからないキャラだった。

が、平櫛田中の作品を見て、すんごく感動したので気になるコである。

がんばれ、でんちゅうくん!!












2014-04-25

低体温と汗をかかない私






3月下旬から忙しさ加速。
4月に入ってからはますます加速。


そしてからだバキバキ。
頭痛もする。

からだがすっきりしないので検温してみると

35.5℃

35.1℃

と、ひく~い値。




もともと低体温でしたが、
「これじゃあいけん!」
とからだあっためを心がけて、
36℃前後にまでなるようになっていたのに。
(それでも低いけどさ)




こんなことを師匠に書き送ったら、
「生活習慣の乱れが原因のことがある」
とお返事がきました。




思い当たること、てんこ盛り!

いつもはゆっくり出勤なのに3月下旬から6時起き。

仕事でへろへろ。

帰宅して、それから夕食後、爆睡。

目が覚めても頭がぼーっ。からだだる~。

入浴時間が遅くなる。

入浴後、ちょっと元気になってうごうご。

あっ!もう2時だ!寝なくちゃ。

6時起床。

………



こんな生活をしていました。

最近は体調不良で職場では倒れる人続出。





そして、からだ中が乾燥しています。






もう、だめだめスパイラルを断ち切らなくちゃ!

まずは早寝早起き。

そして腰を傷めたり、忙しさでなまけていたカーヴィーダンスをしっかり再開。


師匠も、「筋肉量を増やして基礎代謝をあげるのも効果的」と教えてくれました。


からだの不調を自覚してやっと気づいたことは、汗をかかなくなっていること。

低体温とともに汗をかきにくいからだだったので、
これもからだ温めとともに改善していたのに、
また、元に戻っちゃった!

タニタの体組成計では体内水分量は少なくないと思われます。

それで「汗だ!」と思いあたったわけです。

きっと筋肉量を増やせはこれも改善していくはず!






仕事は座っている時間はあまりありませんが、これは「運動」とは違うようです。

自転車通勤を始めて、歩くことが少なくなったのも原因の一つかもしれません。

歩数計もつけようかしら?
と思いましたが、好きなものがないんですよね。

かつて、スライムの歩数計がありまして。
いっぱい歩いて冒険すると進化するんです。

あれがすんごく面白くて、いっぱい歩いたけど、
やはり「おもちゃ感覚」だったので、
壊れやすかったです。
(でかかったし)

でも、あんな楽しいものがあるといいなぁ。

タニタではタイバニや進撃の巨人とのコラボ歩数計があるようですが、
あれには萌えなかったのよね。


育成系がいいな。
スライムみたいにぽよぽよかわいいの!





とにかく、暖かくもなってきたし、からだをぐんと動かしていこうと思います。

(それに、またふっくらしちゃったのよ、あたい…)










■本日のゆるゆる








むきパンダちゃん

どういうコなのかさっぱりわからず…



ただ、その様子になんだかびっくりしました。








2014-04-24

Hobonichi Planner 右上劇場  ミッフィーごっこ






お絵かきだと、簡単になんでもなれるような気がする。











■本日のゆるゆる






えっと…

イカと女の子?






2014-04-23

#愛知県小牧市のバウムクーヘン が無事届きました #執事の館

event_note4月 23, 2014 forumNo comments



みなさん、ごきげんよう。
キリエです。



先月末、ついうっかり好奇心と勢いで私の執事に申し付けた
「愛知県小牧市のバウムクーヘン」が無事に届きました。



ついうっかり具合が知りたい方はこちら → 






うっかりついでに
「今日、噂のバウムクーヘンが届くんだわ!!」
と昨日、意気込んでいたのですが、
なかなか来なくてしょんぼりしていたら
「発送される日」でしたの。

これはうちの執事・松原には内緒ですわ。
おほほほほ












さて、チャイムが鳴り、受け取りに出て促されるままにサインをしていたところ、
郵便局の配達の方が差出人を怪訝な顔をしてガン見されていましたの。

なにかしら?
私の実家からバウムクーヘンが届いただけですのよ。













中にはお手紙とバウムクーヘン、紅茶、そして四つ葉のクローバーのキャンディーが入っていました。

紅茶はバウムクーヘンに合わせるために。

四つ葉のクローバーは幸せの象徴のために。
ただ残念なことに、本来はプリザーブド加工された本物のクローバーが入っているのですが、
クローバーの芽が寒さで出にくくなってしまったため、キャンディーになったの。
四つ葉のクローバーを手帳にはさもうと思っていたので、ちょっと悲しいな。
ですが、代わりのものをちゃーんと入れておくなんて、素晴らしいわ。






さて、冒頭の写真にもあるように、
むっちり
しっとり
美しいバウムクーヘンをいただきました。

名古屋コーチンの卵、
カルピスの発酵バター、
牛乳ではなくて生クリームを使っていて、
聞いただけだと、
ずっしりと重く、胃がもたれそうな感じですが、
それがまったく違って、軽やか。

Twitterなどで聞いていましたが、
くどさとか胸やけがするようないやな感じが全然ないのです。

きめが細かくて、
しっとりしていて、
甘くて幸せで優雅な気持ちになれるバウムクーヘン。

派手なお菓子ではありませんが、
とっても丁寧に作ってあるなぁ、と思います。

試行錯誤の過程は執事の館準備委員会の松原さんがTwitterやメルマガなどで逐一報告してくださっていたので、
「ああ、あれがこうなったんだ…」
としみじみかみしめました。

(お嬢様ごっこを忘れているのも忘れてください。
心はいつもお嬢様じゃから!笑)



気がついたらワン・ホールを一人で食べつくしていた。
というエピソードもうなづけます。




今回はそのまま食べましたが、
レンジで軽く温めたり、
オーブンで軽く焼いたりすると、
またおいしさが変わってくるそうです。

楽しみ!!



この大きさなら、差し上げても負担にならないだろうし、
今年のお友達へのお誕生日プレゼントにどうかしら?
と考えているところです。




きっかけは「ついうっかりの好奇心と勢い」でしたが、
食べてよかった。



執事の館のみなさん、ありがとうございます。


そのうち帰宅もしますからね!



















2014-04-22

Hobonichi Planner COSTCO潜入の巻






「O」がひとつ多かったにゃ。

「ひろーい!」
「でっかーい!」
という感じで、潜入探検気分でした。





■本日の春








スミレの花が咲いたので、撮ろうとしましたが、
地面からあまり離れていないところだったので、
こんな感じに撮れました。

カメラを土に着けるか、
少し土に埋めるかしたら、うまく撮れたのかしら?









2014-04-21

プロフィールの書き方教えてください

event_note4月 21, 2014 forumNo comments



ブログだったり、SNSだったり、どこかでライターやったりすると、
プロフィール欄の記入があります。

あれ、なにをどう書いていいのか、よくわからないのよね。


自己紹介だったり、
自分を知ってもらったり、
興味を持ってもらったりするんだけど、
どこから手をつけていいのかわからないの。

きっと「セルフブランディング」なんかにもつながっていくんだろうけど、
それで、どうしたらいいのかしら?


素材はいくつか思いつくのよね。


・広島生まれ広島生まれ

・広島弁ネイティヴ・スピーカー

・旅行と写真とノートブックが好き

・Notebookers.JPのライター

・スペイン巡礼(2006年)

・Moreskinerie 2013年物語賞受賞

・ブログ、Twitter, Facebook, Instagram, note

・女性

・11月25日生まれ




これ、全部書くとうっとうしいし、
取捨選択とか、
もしかしたらもっと素敵な素材があるかもしれないし…


と思ったら、どこから取り組んだらいいのかわからなくて。




とっかかりが知りたいの。

そのあとは自分で自分にダイヴしなくちゃね。




ご存じなら教えてください。
よろしくお願いします。







 ■本日のゆるゆる






高知のとさけんぴくん。

動きはふなっしーに負けません。
あまりに激しく動くのでぶれぶれ…









Moleskinerie 2013年物語賞の記念品 ソフトモレスキン(ドット方眼)が届きました #moleskine #moleskinejp










モレスキンのファンサイト・Moleskinerieで募集されていた「2013年物語賞」を受賞し、
その記念品が届きました。

受賞と舞台裏についてはこちら → 






最近発表された、カラーソフトモレスキンのドット方眼で、
ポケットサイズ(オーキッドパープル)と
ラージサイズ(アンダーウォーターブルー)です。


綺麗な色ね。


緊張して、開封しておらず、中の「ドット方眼」をまだ見ていません。



ラージサイズもこれまで使ったことがないし。



新しいノートブックというだけでわくわくするのに、ほかにもこんなにわくわく要因があって、嬉しくてたまりません。




モレスキンと一緒に手書きのメッセージも同封されていました。

そこには、これらのモレスキンにまたキリエの物語が綴られますように、といった内容の一文がありました。


そうね。

人生の物語の語り方はいろいろな方法があるけれど、
私は「ノートブックに書く」ことがしっくりくる方法のひとつです。





早く開封してみたいな。



大切に使います。

ありがとうございました。







■本日の桜







 桜の若葉つやつや。














2014-04-20

Hobonichi Planner Moleskinerie 2013年物語賞受賞





ほんとに白目で驚いた。




詳しくはこちら → 





■本日の春




星が散らばっているみたい。






2014-04-19

カイからの便り

event_note4月 19, 2014 forumNo comments



しばらく連絡を取ってなかったカイから、手紙とお土産が届いた。

息災でなにより。

ちびのミィのカード、お気に入り!


4月からの新生活が垣間見える。


嬉しかったわ。
ありがとう。








■本日の桜







葉桜






2014-04-18

Hobonichi Planner 新年度が始まりました





桜シールも貼りました。






■本日の春




たくさん咲いていると、やっぱりぐっとくるね。





2014-04-17

「僕らのニュースルーム革命 僕がテレビを変える、僕らがニュースを変える!」  堀潤

event_note4月 17, 2014 forumNo comments




堀潤さんを意識したのはいつ頃からだったんだろう。


思い出そうとするが、記憶が曖昧ではっきりしない。


Twitterをフォローしたのが初めで、NHK_PRさんや糸井重里さんと一緒に思い出されるから、
東日本大震災の時だったのだと思う。

あの時、自分が不安で拠り所がなくてこわくて
不安な気持ちをツイートしまくりたかったが、
重要なツイートが流れてしまうのを恐れて
ツイート数を減らしたり、
デマをツイートしたりリツイートしたりするのもこわくて、
フォローする人も読むツイートに対してもとても注意深くなっていた。

そんな中、自分が信頼できるのが先述のNHK_PRさんであり、糸井さんである、と
自分で決めた。

堀さんのTwitterアカウントがどうして自分のところに表示されたのかわからないが、
「おすすめ」だったか、
誰かのリツイートだったか、
とにかく「NHKの人だし」「ツイートの内容も不安を煽ったりデマじゃなさそうだし」と判断したのか、
「NHK」を含むアカウントをフォローした。



そのうち、堀さんの「NHK」を含まないTwitterアカウントが流れてきた。
誰かのリツイートだったと思う。
そのときの状況を当時の私はよく理解しておらず、
「どうしてこの人は新しいアカウントを作って『こちらでがんばっていきます』みたいなことを言うんだろう?」
と不思議に思いながら、新しいアカウントもフォローした。


それからしばらくして、留学から帰ってきた堀さんがあれこれあってNHKを辞め、
自由になってからは東へ西へ飛んでいくのを
ぼんやりと彼のツイートを読みながら見ていた。





今年になって、堀さんに関心を持ち、
ネット上で私ができる範囲で彼が書いたものや対談、動画などを見た。

そして、著書「僕らのニュースルーム革命」を読んだ。


内容は私がネットで見てきた「堀さんがずっと話していること」と同じだった。


その中で私が一番関心を持ったのは、
「私」が情報の発信者になれる
ということだった。




これまで報道はジャーナリストやメディアに関わっている人でないと発することができない、とされていた。

けれども、自分たちが「一次情報」を得て、
スマホやデジカメを使って
そのまま発信できる状態にあるということは私にとって驚きだった。

実際、そうやって取材されたものが堀さんたちの団体を通して世界で注目される報道となっている。






私には、今、強く強く報道したい何かがあるわけではない。

でも、Twitterではなくブログを持っている理由として、
「まとまった文章で自分が言いたいことが言えるところ」を持つ、
が大きいと思う。

それが日常生活の小さなことであったり、
滅多にできないような体験であったり、
自分が愛おしく思うことをつづっていて、
「報道」ではないかもしれない。


それでも「私にしか発することができないなにか」があるかもしれない、と思う。

例えば、何も知らずに(?)広島に生まれてきたのだけれど、
広島の平和教育は他の都道府県では行われていなくてびっくりした!とか、
出身を聞かれて「広島」と答えると「ヒロシマ」とカタカナのニュアンスで返ってきたときの気持ちとか。

私が「当然」「通常」と思っていたことが、
別のところから見たらとても珍しいことだったとか。



それに、いつ私がとても重要なことを知ったり体験したりするかもしれない。

そのときに
「私はこういうことを見た。
そしてこう感じた。思った」
と書ける場所を持っておきたい。




うまくまとまらないけど、
へんてこりんなブログを書いているあたしの、
「書いている理由」の根っこを揺さぶられるような本だった。



規模は全然違うけれどね。








■本日のしょーもないこと

もし堀さんにお会いして、なんでも聞いていいとなったら、
堀さんが私服のときに首からかけているネームプレートにまつわるお話を聞きたいなぁ。

どうしてそれを身につけるようになったのか、や
どこでそれを作ったのか、など。







2014-04-16

川べり Hobonichi Planner





どこでもほぼ日手帳を書きますよ。

ここは川べりから、川へおりるための階段に陣取っています。






■本日の春







ぺんぺん草。

あたいは、目立たずひっそり咲いているつもりなので、親近感を持つのですが、
なんだか目立つことがあります。

なんでじゃ?






2014-04-15

Coffee Meeting Skype編 気をつけておくこと

event_note4月 15, 2014 forumNo comments



「人に会いに行こう!」計画の一環でCoffee Meetingを利用していますが、
東京がメインで、
広島ではあまり活用されていません。

そこで考えたのが、Skypeを使ったミーティングです。

ちょっと調べてみても、Skypeを使ったCMはあまりされていないようです。



自分に時間の余裕ができたときに、ミーティング募集を立ててみようかと思いましたが、
申請してくださる人がいて、
お互いに都合を合わせて、お話することができました。



このときに
「あ、しまった!」
と思うことがひとつ。

ウェブカメラを使うかどうか

です。


私のPCはノートですが、カメラはついていないので、
使うならば接続しなくてはなりません。

普段、Skypeで通話するときにはカメラを使わないので、
いつものノリで接続したら、
「あ…」
となってしまいました。

(カメラを取りだしたり、
背景になる「私の後ろの棚」を美しくする時間はありませんでした…)

事前に打ち合わせておけばよかった。


結局、私は顔写真をファイル送信して、それですませることにしました。



これ、結構大事かなぁ、と思いました。


次にSkypeを使うときは事前打ち合わせしよう。
そしてお部屋の掃除と整理整頓と、
あとメイク!!

おうちに帰るとメイクはすぐに落としたい派です。








 ■今回の春





 ユキヤナギもちょっとの風で揺れるので、撮るのが難しかったです。
シャッター優先で撮ればいいのかな?

ねぇねぇ、絞り優先が「A」なのってなんの頭文字?







2014-04-14

COSTCO一日体験潜入

event_note4月 14, 2014 forumNo comments


会員制なので、フードコートで
「中はどうなっとるんじゃろうか」
と歯がみしながら、気にしていたコストコの内部ですが、
ある日、チラシが舞い込み、
「1回体験してみないかい?」
とあったので、潜入してみることにしました。









説明を聞き手続きをします。

今回はお試しなので、買ったものに5%上乗せ。
返品にも対応せず。
しかし、買い物が終わって「会員になる」と申請すればすぐに会員価格でのお支払いと返品にも対応、だそうです。


やっとあのでかでかカートを押すことができます。
嬉しくて、記念撮影しちゃった!




一度、関東に行ったときに入ったことがありますが、
やっぱり、自分の買い物をする、となって入るのとでは気持ちの入り方が違いますね。

商品の陳列の仕方の違いや規模の大きさに、改めてびっくり。

そして、見慣れたものの「巨大化」を見るのは興奮する!
ということを知りました。

「うわ~っ、こんなにでっかい永谷園のお茶漬け!!」
「わー、キャラメルコーンもこんなにでっかい!!」
「ハッピータウンもでっかでか!!」









同行した母がしれっとチキンの丸焼をカートに入れました。

「!!!」

驚いて尋ねたところ、
「だって、滅多にこんなもの食べないんだもん!」

そりゃそうですけど。
まぁ、そんなにびっくりするほど高くなかったけど、丸焼きですか、おかん…






広い。
ものがいっぱい。
種類もいっぱい。
カート、でかくて重い。



楽しかったですが、二人ですっかりくたびれてしまいました。

コストコはイベントね!
普通のスーパーでの買い物とは違う興奮がありました。







お昼にマンハッタンクラムチャウダーを食べて帰りました。



ふむ。なかなか面白い。


量の問題があるので今回会員になることはしませんでしたが、
機会があればまた行ってみたいと思いました。






■本日の入刀の儀





チキンはしっとりやわらか。

ビールを持て~~!!







■今回の桜






つぼみのつき方が、キュート。








■今回の春






ビタミン・カラーで!













2014-04-10

「いいね!」ボタンとコメントのもらいづらさ

event_note4月 10, 2014 forumNo comments



FacebookにもInstagramにも、
一昨日リリースされたケイクスのnoteにも
「いいね!」ボタンがあります。

ちょっと意味が違うけど、Twitterはお気に入りね。


この「いいね!」ボタンですが、
「あ、これいいなぁ!素敵だなぁ」
と思った時に気軽に押せて、
それが相手に伝わるので便利です。

日本のブログサービスの多くも
「いいね!」ボタンに似たものが設置されていますね。

私も重宝しています。
やっぱり好きなものは「好き!」と言いたいもん。




しかし、ですよ。
コメントがすごーく入りにくい。

よく考えたら、私、ブログというものを始めて9年近くになりそうなんですが、
その頃って、FBもTwitterもなかったし、
「いいね!」ボタンなんかもありませんでした。

でも、コメントはすごくついていた。
ような気がします。

ブログもまだ物珍しさがあったせいかもしれませんが、
とにかくコメント欄がわいわいしていました。

あれも楽しかったなぁ。



最近では、滅多にコメントが入りません。

あと、自分もですが、
「いいね!」ボタンを押したらそれで気が済んでしまうところもあります。

「いいね!」も押してコメントもする。
というのは、相当、自分が突き動かされなかったらしません。

それでもInstagramやTwitterはリプライやコメントをしますけど、
ブログは、ねぇ…




「こりゃあ、コメントを入れずにはおれない!」
というものを書かないといけないのかぁ。
とハードルが上がった感じがしました。



おしまい



追伸

すっきりさっぱりを好んでGoogle Bloggerでブログを書いていますが、
PVも海外から危険なアクセスが大量にあったりして正確ではないし、
他のブログサービスのように「いいね!」ボタンもないので、
どれぐらいウケているのか、
さっぱり手ごたえがないのよね。

アクセス分析をしてくれるものを使う、というテもあるけれど、
私がほしいのは「分析結果」じゃなくて、
もっと生っぽい反応なの。







■今回の桜






ハイキーでふわふわ

私の写真にしては珍しいです。

「花びらを透かして撮ろう」として、露出をあげたまま
ついうっかり忘れて撮った、
のは内緒。












■今回の春







背丈が低くて、小人みたいなチューリップでした。
たくさんあるとますますかわいいなぁ。










2014-04-09

ピースオブケイクのnote知ってる?

event_note4月 09, 2014 forumNo comments



ねぇねぇ、cakesのnote知ってる?

知らなかったら、
「なんじゃそれ?」
ってなるよね。



面白そうな有料コンテンツいっぱいサイト「cakes」を作ったピースオブケイクが、
4月7日に「note」というものはリリースしました。


なんだかね。

ブログとTwitterとTumblrを混ぜて、
有料コンテンツも作れて、
動画も音楽もいれ込めちゃう!
という、
「創り手」の人が
自分の作品を文字、音楽、動画、写真で見せたり、
それらを有料にして買ってもらったり、
Twitterみたいに短文でやりとりしたりできるところ。



既存のSNSとかぶるところも多いので戸惑うところも多く、
アカウントを取ったけど、どんなふうに使おうか。
と悩む人もよく見ますが、
「なにか、こう、よくわかんないけどわくわくする!!」感じがいっぱいなの。



私も好奇心でアカウントを取って、
今は自分になにができるのかテスト中。

そこで初めて「有料コンテンツ」というものを作ってみました。
でもこれはただのテストなので、「買わないでください」というへんてこりんなタイトル。



すっごくシンプルに作ってあるので、
投稿しやすいけど、
ほしい機能がなくて、
「あれほしい!これほしい!」
という意見を読むのが、またこれ楽しい。




新しければいい。
というものでもないけれど、
あのわくわく感は他のものでは味わったことがありません。
どうなるのかな?
楽しみ。

私もどんなふうに使っていけるのか、
ちょっと探っていきたいと思います。



オススメがあったら教えてね!




■本日のドルチェ ティラミス そして関連リンク

cakesにちなんでケーキ写真を探したけれど、ティラミスしかありませんでした。


note → 





■本日の桜










広島の江波山の固有種 エバヤマザクラ でございます。
ぽむぽむしてるでしょ。






■今回の春





暑い時には冷たい飲み物がおいしいよね。



















2014-04-07

バリィさんに会いにいった

event_note4月 07, 2014 forumNo comments



バリィさんは愛媛県今治市のゆるキャラです。
今治の有名なものを集めたキャラクターです。


これまで、くまモン、ブンカッキー、しまねっこちゃんなどに会ったことがあるのですが、
バリィさんには会ったことがありませんでした。

Twitterもフォローしていて、
イベントでのバリィさんの様子を見ていたので、
ぜひ会いたいと思っていました。


そうしたら、バリィさんが広島に来るっていうじゃありませんか!


バリィさんはイベントで西日本のゆるキャラたちと一緒に登場しました。
その中でバリィさん一番人気!
そしてでかい!
カメラのフレームに入らないくらいでかい!!


どさくさにまぎれてしれっとバリィさんと一緒に写真も撮ったし、ほくほく。


ああ、私もゆるキャラになれたらいいのに!

と厳しい顔をして仕事をしている私は思いました。








■今回の桜



水色とピンク。
私の好きな色のとりあわせ。





■今回の春



アクセントの明るい黄緑がかわいくて。





2014-04-06

Moleskinerie 2013年の物語賞受賞とその舞台裏






モレスキンのファンサイト・モレスキナリー誕生5周年を記念して募集されたモレスキンにまつわる物語に、
私のきらきらした2013年の物語を応募したことを覚えていますか?

私が応募したブログ記事 → 




受賞作品の発表が4月5日から始まり、なんと私の物語が受賞しました!


4月に入り、
「あ、もうすぐモレスキンの物語賞発表だわ!」
と思っていたのですが、
新年度になり、忙殺。

4月5日も出勤で、昼休みにへろへろになりながらTwitterを読んでいて、受賞を知ったのでした。
そのときには発表のことなんてすっかり頭から飛んでいたので、びっくり。

当分、どきどきが止まらなくて、
なんだか信じられなくてふわふわして、
へんてこりんな人になっていました。


モレスキナリーのサイトをチェックして、自分の文章が載っているのを確認して、
モレスキナリーのツイートをリツイートして、
弟夫婦やお友達にお知らせして、
モレスキナリーの管理者のYOKOさんにしどろもどろでお礼を言って、
Instagramでもお知らせして、
ライターをやっているNotebookersでもお知らせとお礼を言って、
今、自分のブログを書いている、というところです。






モレスキナリーで2013年の物語賞の作品募集を初めて知ったとき、
私は
「書きたい!」
という衝動に突き動かされました。

けれども、募集内容は「過去5年分のモレスキンを読み返して印象深かったこと」でした。
私は2013年からモレスキンを使い始めたばかり。
そして、私が書きたいモレスキンの物語と言えば、父との最期の時間であって、
モレスキンに書き留めていた素敵なことばでもなく、
楽しくなるような使い方の工夫でもありませんでした。

すごーく考えて、父以外のことを書こうかとも思いましたが、
どうやっても、それしか浮かんできませんでした。

「じゃあ、書いて応募しちゃえ!」
とも思いましたが、それはあんまりにもあんまりなので、
管理人のYOKOさんに確認を取り、
安心して応募することに決めました。



同時に「応募したい!」と思った瞬間から、
私の頭には、私のモレスキンの物語がつづられ、
私はそれを忘れないようにするのが精一杯でした。

その時には、あの文章のほとんどが頭の中につづられ、
一部と最後だけを
本当にキーボードを打ちながら、じわりじわりと書いていきました。

自分が書いている、というより、
なにか憑き物に書かされているような感覚でした。





どこに書こうか、というのもちょっと考えました。

文章を書き、それをメールで送ることもできましたが、
この文章を「私のもの」としてそばに置きたい。
という思いが強くありました。

普段はそこまでではないので、これにも驚きました。

そして、去年の夏、
ちょうど父のところに通い始める直前に作ったGoogle Bloggerのこのブログ
「Turquoise and Pierce」に書くことに決めました。





父のことはブログにもTwitterにも明確に書くことはしていませんでした。

この作品をブログに載せることによって、それがオープンになってしまう。
少し戸惑いましたが、私はオープンにすることにしました。

なんていうんでしょう。
ちょっと違いますが
「失うものはなにもない」
と思ったときと同じような潔さが自分の中に現れてきました。





いつかあの3カ月のことをまとめて書きたい。
と思っていたのかもしれません。

なんだかあるはずのない「決められた道」を歩むように、
私は文章を書き、
写真をもう一度揃え、
ブログに投稿し、
モレスキナリーに応募しました。







やっと納骨も済ませ、
父も私たち家族も一息ついた感じでいます。


お父さん、あたし、やったよー!

まだ信じられないけど!





■本日の関連リンク

Moleskinerie 2013年の物語賞:Kyrieの夏、きらきら。 → ★★

Notebookersでのお知らせとお礼 → ★★★



よかったらご覧ください。





■本日のお礼

私をとりまくたくさんのあなたへ

いつもありがとう!








2014-04-05

メイクレッスン





「女子力落ちてる」
とずっと言い続けています。

忙殺されていたヒカリコも、
「うきうき春計画」を立てたい、と
メイクレッスンを提案してくれました。

実は去年から行こう、と言っていたのですが、
私の都合がつかず、
今になったのです。



二人同時に申し込んでもらったのですが、
「一人ひとりに合ったもの」
なので、バラバラにレッスンを受けました。


私、ちゃんとメイクを習ったことがないし、
研究も練習もしたことがありません。

下地の重要性
眉の描き方
チークの入れ方
私に合う色味

などを教えてもらいながら、先生がてきぱきとメイクをしてくれます。

私がするのかと思いきや、それは違っていました。

「ふんふん」
と聞きながらやっていましたが、
自分でできるかどうかはギモン。




今回わかったこと。

▼手間暇かけなくちゃだめ

私、普段は歯磨き洗顔をいれても20分くらいでメイクを済ませていました。
でも、化粧水をなじませるところから、ぶっぶー!!
いろんなところで丁寧にやっていないことが発覚。

そしてきちんとやると、お肌もちょっぴりもちもちしたかも。

下地の段階で
「普段の顔と違う!」
感じになりました。

もうちょっと手間暇かけましょう。



▼アイラインすげぇ

アイラインを入れたら、別人になりました!
「これかっ!すっぴんが見せられなくなる原因はっ!!」
と思いました。

びっくりだわぁ。

私、アイライナーを持ってないのよね。
入れるべき?
別人になるべき?





結局、手持ちにメイク道具がそろっていないので、
おうちで再現することはできません。
(技もないしさ…)

ビューラーもマスカラも持っていないしさ。

お勧めのものを全部買ったらえらいことになりそう!

どんな自分になりたいか。
が問題よね。

うーん、まずはそこから。

気になっているのはメイクの下地とグリーン系のアイシャドウ。


どういう私になろうかな?




洋服を買ったり、
アクセサリーを身に着けたり、
メイクをしたりすると、
うきうきしちゃうよね。

うるおいは得られたわ。

これでデートの約束なんかがあるといいなぁ(爆)







■今回の桜







お日様の光と桜はやっぱり似合うなぁ。








■今回の春






母が
「撮って~!」
と言ったので、撮ったお花。

かわいく撮れてる?