ハムスターかハリネズミが飼ってみたいんだけど




ハムスターがはむはむとものを食べている様子やぷりちーなしっぽ。
ハリネズミがなんとも気持ちよさそうにまぁるくなっている様子やぷりちーなしっぽ。


心身共にへなちょこになっているときに、
こういった写真や動画を見ると、気持ちがやわやわになって、
「お風呂でも入ってきましょうか」
と気分転換ができます。



ああ、本物見てみたい。

「親ばか」と呼ばれるようになって、
ブログやInstagramの写真もハムスターやハリネズミまみれになりたい。


こんな欲求がふつふつとわいてくることもしばしばあります。





私はこれまでペットを飼ったことがありません。

緑の指を持ち合わせていない私が、
動くもののお世話ができるのでしょうか。


この自信のなさと
自分より命の短いものを看取る覚悟ができていないことが理由だと考えています。



それでも、少しは大人になったので、どうかしら?とも思うのですが、
やっぱり自信がありません。

責任を取る覚悟ができていないのでしょうか。




そして、飼えなくなった、など様々な理由で犬や猫を保護をしている団体の人のことばを読むのですが、
その「かわいいだけでは動物は飼えない。責任が取れるのか」と毎回、目の前につきつけられ、
「はい!」と言い切ることができない私がいて、
「ペットショップで買うのではなく、保護されている動物の飼い主になるのだ」と言われると、
自分がぐらぐらしてくるのです。




ここがしっかりしていないから、まだまだ先のことね。









■本日のアンビバレント

旅を好むので、数日間、家を空けることがあります。
そのときに世話ができない。
というのも理由のひとつ。


それでももふもふしたり、
寝床のお掃除をしたりしてみたいのよね。









コメント