三滝寺で紅葉狩り…にはまだ早かった







広島の紅葉の名所の一つ、三滝寺に行ってきました。











が、1週間くらい早かったようです…





それでも色づいている葉っぱを求めて、写真を撮りました。

割と早い時間に行きましたが、
バズーカー砲みたいなレンズをつけたカメラを持った人がいました。

最近、ミラーレスと一眼レフの威力の違いをひしひしと感じているところです…

がんばれ、英介!
がんばれ、あたい!













もう、なにがなんだかわからないので、
とにかく同じところで露出を変えて何枚も撮る、
ということをやっています。


カメラのモニターでは、確認できることの限界があるそうです。


撮りながら思ったのですが、
モニターで見たのと、
PCでおっきくして見たのと随分違うので、
フィルムの写真を撮っているときと気分が似ているなぁ。

出来上がりは最後までわからない、というか。

デジタルだと加工ができるのですが、
私にその技と関心がないので、
いつもの無加工です。






私は露出をすっごくプラスにした「ゆるふわ写真」はあまり好みではないのですが、
それが好きな人もたくさんいるし、
露出をどれくらいにするのか、本当に好みによるんだなぁ、と思いました。



そういえば、去年も宮島で紅葉を撮りましたが、
あのしっとりとした艶やかな紅が、白っぽく写ってがっかりしました。
今年も同じようなことがおこっています。

うーん、晴天時の撮影が苦手なのかもなぁ。




実験は続きます。







秋祭に行ったときに
「寺社仏閣に行きたい」
と言っていましたが、
早くも希望が叶いました。

三滝寺は山の中にあるので
(そんなに高くないけど)、
平地より、より一層空気の冴えが違うような気がしました。

すっごい気持ちよくて、すっきりしました。


次は念願の宮島に行きたいものです。






コメント